<   2018年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
アグレッシブ60問題。(慎重さがない60歳)
新潮社の社長がコメントを出して、雑誌が休刊という記事で、
社長の佐藤隆信さんは、そういえば図書館に重複本や文庫本入れないよう、
に図書館の業界に要望した人、確かそんな名前だったよなと思い出した。

確かに売れなくなる要因として考え方として一理はあるけれど、
普通の人が買わない、流通でもそんなに売れない本も、
図書館へいったら見かけるし、高い本も買ってるし、
児童書なんてハードカバーで3000円で30ページほど、
という、公共機関等の大量購入を当てにした出版もまかり通る。
利益を削っている部分もあれば、利益を見込んでいる部分もある。
専門家じゃないので正しさの真相はわからないが、相手でなく自分の主張優先、
というのは今回の新潮社の騒動含め、世のトレンドかもしれない。

これはそもそも出版業界自体に問題があるし、採用当時人気業界だっただけに、
下積みとか軽視される、権威による言動の主観パワーゲームになっている、
ところもあるんじゃないの(?)という、嫉妬から来る憶測。
c0008771_22352568.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-26 22:49 | 日常の出来事
好きだぜロッテ(王柏融と同じだ!)。
昨日一昨日と何もしていない自分がもやもやしていたが今日は野球観戦。
大阪まで行って帰ってくるとどうしても遅くなる。楽しくて余韻で眠れず。

今日は安田選手の活躍にいろいろ考えさせられた。
もしマリンズファンなら、ここ十数年安田選手について行けば大丈夫、
っていう期待が開けているように見えるし、若い選手も面白そう。
安田選手、いつも攻めばかりで今日守り(守備)につくのが初めてという。
3,4番の中村選手と井上選手のコンビも、今日は安田選手とともに光ってた。
中村選手のスマートでクレバーさ、井上選手の細かいところで豪快なパワフルさ。
とか、ぜんぜん適当に言ってるけれど、なんか勉強しないとおいてかれる。
(もう何いってるか何が言いたいのか自分本位でよくわからない展開をしてしまった)

今日もパシャパシャ写真を撮っていたけれど、私のレベルでは限界。
ネットがあるのでAFで人一人にピントが合わなくてほぼマニュアルフォーカス。
対応の仕方がわからなかった。機械の問題か機能を使えてない技術なのかわからない。

やっぱり野球観戦は、そばに詳しい人とかいるしいろいろしゃべってる。
安田選手の一打席目は続けてファールだったが、金属ならどっちも前へ飛ぶとか、
西投手のフォームはロッテファンでも見とれるくらいきれいとか、
ロッテの口笛の応援がうるさいとか、岸田がんばれ大丈夫だ、とか、
テレビの解説ほど専門的でない、かつ臨場感がある楽しい場所だった。

今回たまたまチケットショップで安い券を買うことができたので、
値段よりもとてもいい席で見ることができた。感謝感謝。
体力的に平日のナイトゲームは次の日考えると無理だな。でも楽しい。
まあしがない野球ファンになりました私ですが、
ぼちぼちがんばっていきたいです。
カメラも迷惑かけないでうまくなりたい。

c0008771_01075923.jpg
c0008771_01080265.jpg
c0008771_01080401.jpg
c0008771_01080778.jpg
c0008771_01080997.jpg
c0008771_01081139.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-25 01:51 | 日常の出来事
こうしていれば。
今日は私自身の意思でその場の人を動かす、
という力が足りていないなあと実感した。

昔できたことが今できるかどうか、思い返すと自信がない。
たまたま運がよくて乗り越えられたことがたくさん。
あれらをもう一度運で乗り越えられるだろうか。

そう考えると、今の自分も足りてるんだろうかって、
不安というか惑うところもあったりする。

毎日いつ起こるかわからない喧嘩に備える生活、
っていうのがない世界はみんなの努力で未然に防いでいる。
なんかやっぱり、心身バランス敏感で調子がよくないのかも。
考えすぎてしまうみたいかも。秋なのかな。
c0008771_01112680.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-22 01:28 | 日常の出来事
遥かに高く(高く) 栄光の旗を立てよ。
神田アクアハウス 江戸遊が9月末でいったん閉店(?)の記事を見た。
なんの変哲もないニュースだったけど、思い出した。
前職場のくびになっていたときに、知り合いがAKBにはまっていて、
私も興味を持ち出したときに、劇場公演申し込んだら当たって、
2人分取ったのに、まゆゆもゆきりんも出ないということで断られ、
結局一人で見に行ったAKB公演の日に公演始まる夕方に入った風呂だった。

この日は夜行バスで朝東京に着き、新宿のかめやで天ぷらそばを食べて、
明治神宮をぷらぷらして、東郷神社から原宿へ表参道ではアイフォン4の発売があり、
国会議事堂を見学して、国立国会図書館で昔の雑誌をあさり、
築地をぷらぷらして昼飯を食べて、秋葉原でPC関連を探索して、
夕方たどり着いた風呂だった。

ああ。あのとき金も仕事もなくてしんどかったけど、AKBの公演を見て、
メンバーの誰かからハイタッチのときなんか声をもらってか、
思い出してがんばらなきゃ私、ってアパホテル浅草蔵前に泊まって、
秋葉原から歩いて向かい部屋で泣いていたなあとか、いろいろあった。

あのときの楽しさは今でも思い出せるのが不思議。
あんな夢心地は、ごほうびでいいや、何回もいらないや、
というのは私らしく、結局握手会ですら一度も行った事がなく、
現在に至るが、もうあんなふうに戻ろうという感じもなくなった。

と、しんみり(?)になった。神田アクアハウス 江戸遊結構よかった風呂だった。うんうん。
あの時誰かわからないかわいい女の子を見て固まって、後で調べたりしたけれど、
歌がロマンスかくれんぼで、女の子が巨人の大森選手の娘さんていうのにもびっくり。
大森美優さんもう二十歳なのね。幸せになってがんばってほしい。
ながくなった。

おやすみなさい。
c0008771_22400120.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-20 23:05 | 日常の出来事
Better Loosen Up.
今あんまり自分に余裕がない。自分のことで精一杯。
かといって自分のことが何もできていないかということもない。
自分の心が外向きに開かず、保守的になっている。

迷惑をかけないように、他人の役に立つように、
建て直して行かないと。運動とかして体を動かすと、
あんまり考えずに、余裕も生まれてくるのかもしれない。な。
c0008771_22352823.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-19 22:51 | 日常の出来事
マットレスヒーロー。
3連休中日の日曜日、京都市嵯峨(?)の越畑という、
ほぼ南丹というか八木のほうのお蕎麦屋さんに連れてってもらった。
亀岡のほうの神社やブックオフなんかも廻って帰ってきた。
なんかベッドのマットのツルースリーパーてのが、
安くなるキャンペーンだって申し込んで来るまでに、
整えておこうというものだったが、時間がとてもかかっている。
なので、ちょっとエッチなのとか見たかったけれど、
それどころでなかった。なんか映像とか見ようとすると、
ふなふなのくせに、すぐでそうになるくせに、
朝立ちの場合だと、出てくれたらいいのにって思ってても、
しばらくかちかちになってやすまらんといかん。
下腹が少し痛い腸とかおしっことかも、こういう出てないのとか、
なんか関係してるのでないかって、被害妄想的に考えてしまう。
本とかで見るけど、余った精子は体に戻るって本当なのか(?)。
ちょっと懐疑的。性に関していろいろ本読むけど、
総じて間違っていたり極端というか一理あるけど三理ないみたいに、
不十分な気がしてならない。長くなった。出したい。

おしまい。

c0008771_22382700.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-18 23:03 | 日常の出来事
今日の一人ゲストコメンテーター反省会。
そもそも私が言うのも何なんだけれど、同年代(?)の話題が多く、
今日は素人として、お前何様やみたいなのことを書いてみたい。

福永騎手、調教師になってほしい。
だいぶ今まで無理をしてきたであろう体と家族を大事にして、
調教師はあんまり口出さない話ばかり聞くけれど、
弟子を技術的にコーチングするくらいの、
新鮮な調教師になってくれたらなあって、とかわくわくする。
ともあれ、続けるにしろ元気でやってほしいし、応援したい。

安室歌手、存分に恋をしたりしてほしい。
別に恋じゃなくてもいいけれど、この人の子供を産みたい、
のような熱い情熱が歌でなく現実になったり、
恋でなくても、詩よりも華やかな現実、
華やかでなくても着実にうごめいている、
そのもののような情熱が巡ってほしい。
これもまた、他人の人生に口出せる私でもない。
したいように幸せに暮らしてほしい。

と、今日はスポーツ紙のコラム的(?)な、
ひとりぐだぐだ会合の意見大会の結果発表でした。おそまつでした。

注:あくまで妄想を書きました。
ファンのかたがたとも不快になられましたらすみません。

c0008771_21160117.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-18 21:30 | 日常の出来事
部屋の模様替えするとき。
3日間休みがあったんだけれど、部屋の配置換えで、
あせだらだらかきながら荷物にまみれて2日間。
少しお出かけの1日で終わってしまった。早いもので。

いろいろと衝動的に買うものも多く、使うときに出せるように、
しまわないといけないとか考えると、ものが多すぎて途方にくれる。
妹の部屋だったところに、仮に置いてたりするけれど、
もう全部自分の部屋に入るレベルではない様子になりつつある。

もう少しシステマチックに、何かをしたいときにフットワーク軽いように、
いろいろ考えもって、また収めないといけない。
次の連休も部屋をどう落ち着かせるかにちょっと時間かけないと、、。
おなかの調子ももう少し戻して、秋にもお出かけしたり、
何かのスキルを得るがために準備もしないとって考えるけれど、
どれだけ前へ進めるかな、忘却のほうが多くなったりせぬよう研鑽しないとね。
c0008771_23343589.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-17 23:48 | 日常の出来事
尋常ってどういうもの(?)。
あんまり迷惑かけるとだめだとは思うけれど気になったことひとつ。

これは本当の話なんだけれど、数年前に亡くなった父方のばあちゃんが、
びわこの西側の堅田のとこらへんの、真野というところで、
戦前の尋常小学校の先生をしていたということを、葬式のときに知った。

わたしなんか人前に出てしゃべるのが慣れないし嫌だし向いてないし、
なんだけれど、血筋的には人前に出ても別に大丈夫な部分もあると、
前向きに捉えるようにだんだん変わってきた。

そもそもどんな世界がそこにあったのかぜんぜんわからないけれど、
今過ごしている私の過ごし方とか、20年前の思い出したくないこととか、
どんなんでもいいから、次世代につなぐことができるように、
腐らずに別に遅くても積みなおしても進んで生きたいなとは思う。
なるにまかせるしかないけんやな。雨だとか雪にも負けてられん。
c0008771_00182293.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-16 00:32 | 日常の出来事
セミが鳴くちくしょうと。
じゃらじゃらこつこつちっちぱん。ふーっ。じゃらじゃらこつこつ。
と、麻雀好きだった自分を思い出す。高校時分にけちょんけちょんに負け、
弱いと思っていたら、普通に大学になったら弱いわけでなかった。
高校のときにみんなが遊びすぎていて、そこそこ賢い人遊び人が多かった。

じゃらじゃらってぐちゃぐちゃにして混ざってわからない状態を作って、
ランダムな牌配からひとつひとつ育てて役を作るが、
誰か一人のあがりを目指して、そろった人が一人ずつあがっていく。
何が一番楽しいかは、その誰かが上がったときの緊張感と、
そのあとじゃらじゃらと混ぜる、混ぜ始める瞬間がいちばんわくわくする。
ぐるぐるに混ぜ始めた瞬間から、誰かのあがりに向かってかちっと、
歯車がかみ合って誰かのあがりにつながっている。

なんかよくわからないけれど誰かが突っ切ってあがったあと、
惜しい人も悔しい人も、じゃらじゃらの瞬間にいろんなものがリセットされる。
人生もそうだったりするのだろうか、煮詰まって動かなくなったときには、
じゃらじゃら、がらがらと混ぜてしまってそこからぽんぽんと積み上げて進みたい。
とか思ったりもする。私は努力とかが嫌いで要領で済ませたがる気質もちがち。
一石を投じるというのを、自らの指針にしがちなところもあり、
少々危機的な状況のほうがわくわくするような、順風なものに対する皮肉や、
八つ当たりが結構あって、それにより多多の失敗もあったような気もするが、
癖のようなものでそうでもしないと、自分自身が迷いすぎて動けない。
まあ、ややこしくてこじらせているところも多々だが、
自分自身がどういう感情になるかは追い込まれないと内側から出てこない。
というか、どうここうもやっても結局出てこないので私の自我が私にはよくわからない。

ぐだぐだやっているうちにあがりを逃してしまう。
四萬をポンしてればとか言ってる感想戦になってるだろう。
人生の亜空間殺法はまだまだはまらないようです。


c0008771_23243629.jpg

[PR]
by premiertack | 2018-09-14 23:25 | 日常の出来事