人気ブログランキング |
カテゴリ:歌・句( 57 )
音が鳴りにくい。
c0008771_13503770.jpg おとなれど 吐息が漏れる 若の笛
空も湿って、雷鳴も聞こえる日曜の朝。
雅楽器の練習会に参加。人前で吹く笛は鳴りにくい。
特に横笛は緊張すると吐息だけ漏れて、
音が鳴らないということがあり、精神状態が音色に響く。
(今は音がまったくならないということは無いけれど)
若くなければ肺活量がないと苦しい。
それだけに若さと老練さがバランスが難しい。

More
by premiertack | 2006-02-26 21:31 | 歌・句 | Comments(0)
なんとなく。
c0008771_1337832.jpg 逢い見やずとも 昔はものを おもはざりけり
昔は何にも考えていなかった。と、思うことも多々。
百人一首というものを昔全部覚えようとしたけれど、
結局60首くらいで断念した。いい歌たくさんなのに、、。
というか時間が経つと三歩進んで二歩下がる。
結果、好きな歌をたまに思い出す程度。まあいいけれど。

しのぶれど いろに~ の兼盛(?)の句、と
恋すてふ 我が名~ 忠見(?)の句を歌比べする。
やっぱり、しのぶれど、がいい。と思うのは先入観だろうか。
by premiertack | 2006-02-25 23:50 | 歌・句 | Comments(0)
みかん。
酸いことを 思い悩ます みかん哉 

母親がみかんをよく食べるので「一個食べ」と言われて気分がいいと気分良く食べるのだが、
気分の悪いときには食べたことで悩んでしまう。気分がよいと甘いのに、気分が悪いとすっぱ いだけ。何でこんなに気分屋さんなのか、ため息結構出る。
でも、すこし、いごっそうっぽい(?)自分とか好き。ていうかいごっそうなのは好き。

「寒い夜 みかんをのせて こたつむり」 に触発される。
(ありすくん ぼくもみかんで つくったよ)

どきどきがわくわくで、いやいやがだめだめ(よしよし)な感じ。(PM19:00)
by premiertack | 2005-12-04 00:27 | 歌・句 | Comments(0)
クイーンだ。
c0008771_22302672.jpg今年の5月QUEENが復活。早くもDVDが出たので買う。
輸入版だったので2353円と格安。内容はさらに感動。
オープニングからの「タイユアマザータウン」これQUEENだ。
から始まり「39’」ではブライアンメイ(メイは五月)が、
最後のきめぜりふ「Pitty me」を「God bleath on(?) you」
と、歌いかえるところで格好よく心は名残りのち涙、さらに続く、
「Love of my life」をメイは歌いきり、
最後に1枚だけ観客にコンドームをさらっと投げる。
ブライアンメイがコンドームを投げるというのは、
本来ならがっかりするのだろうけれど、投げたことに後で涙。

c0008771_22464280.jpgそれからボヘミアンラプソディはフレディの声を使って終わり、
と思っていたらポールロジャースがナシンリリマタツーミーを締める。これはかっこいいと不覚にも思うた。
あとは、アンコールがショウマストゴーオンから始まってフリーのオールライトナウにもっていきウイアザチャンピョン(?)ではロジャーテイラーが最高の声を考えられる最高の声を聴けたし、うーん。いい。
これは一人で泣く用にとっておこう。ビヨンドの復活コンサートも最高だけれど、クイーンの復活もいい。私しあわせ。

と、ブラームスの三重奏(ピアノ、バイオリン、チェロ)のDVDも買う。
私の中のクイーンはヴァイオリンがフレディで、ピアノがブライアン、チェロがロジャーやね。
ヴァイオリニストが変わったところでブラームスの曲は変わらない。かな。
by premiertack | 2005-11-29 00:00 | 歌・句 | Comments(0)
2005年暫定、今年の私の印象に残った歌。
J-POP 2005年発売。          クラッシックマイブーム。
 1. ジャンヌダルク 「月光花」       1.ブラームス 「交響曲4番作品98」
 2. アンダーグラフ 「ツバサ」       2.ワーグナー オペラ「ローエングリン」
 3. Aiko 「キラキラ」            3.グリーク 「ペールギュント組曲2ソールヴェイ」
 4. KREVA 「スタート」          4.ヨハンシュトラウスⅠ 「ラデツキー行進曲」
 5. 一青窈 「かざぐるま」          5.千住明 「我が心の銀河鉄道」


HR/HM再発見。             
 1.IRON MAIDEN 「Afraid to shoot strangers」 ブレイズ=ベイリー版。
 2.QUEEN 「Too much love will kill you」 ポールロジャース加入後。
 3.PRETTY MAIDS 「Please don’t leave me」 祝カラオケ化。
 4.イングヴェイマルムスティーン 「You don’t remember I’ll never foget」
 5.オジーオズボーン 「Crazy train」 オジーあんま好きくなかったのに、、。

フェイバリットアジアンソング。
 1.Beyond 「海活天空」  ・・心の支え。
 2.孟庭葦 「第二道彩虹」 ・・涙が出てくる。
 3.梁詠琪 「Spaghetti」 ・・トキ・メキ。
 4.黒豹 「Don’t break my heart」 ・・フェイウオンと離婚したのは悲しい。
 5.蘇慧倫/成龍 「愛了就算」 ・・ターシー可愛すぎるメロメロ。ジャッキーチェンだし許す。

て、ところ。書き始めると楽しい。
by premiertack | 2005-11-13 01:20 | 歌・句 | Comments(0)
なんとなく一句。
” 忍びなく 月昇り雨 ひんやりと 人目を避けて ひとり静まる ”

と、句を読んでみた。
季語は入っているか。添削なし。心のまま書いた。
意味は私しかわからないと思う。

と、ひらめき。一人で推敲してても推すだけだな、叩くがないものなあ。
まあよし。
by premiertack | 2005-11-06 23:50 | 歌・句 | Comments(0)
ひと休み。
好きにも嫌いにもなれん

「有漏路より無漏路へ帰る一休み 雨降らば降れ風吹かば吹け」 (素楽さんの詠む歌。)

に対する連歌(?)

「ひとやすみ 有漏路ありて また別れ 雨に振られて しめる無漏路」 (私の歌)

(有漏路という道を歩き休んでいると無漏路に差し掛かるすると雨が降って道は湿っていた)

解説:
 ・ひとやすみ。は、一休みではなくひらがなにしました。人は休むことが必要だ。
 ・また別れ、というのは「路」が、有漏路と無漏路の分岐点という事。(又(股)別れ?)
 ・しめる、をひらがなにしたのは気を引き締める意味を込めました。
 ・それを別れて、振られる。というのを恋の歌として投影してみました。
 ・雨、と湿る、というのは空が涙を流している悲しさを表現してみました。

と、ある程度この歌に対して思いつくことを書き記しました。

6月12日(?)は北村季吟先生の300年法要があるらしい。
彼は京都烏丸松原西入るにある「新玉津嶋神社」で和歌の先生として祭られています。
北村季吟先生や和歌、神社に興味のある方はまたそれで調べていただけると嬉しいです。

   
c0008771_17364418.jpg

by premiertack | 2005-06-03 17:37 | 歌・句 | Comments(1)