人気ブログランキング |
2017年 06月 27日 ( 1 )
弱いものの隙を見つけ、強いものにはへこへこしようぜ、うっちっち。
野球部が3年から2年に代替わりしたある秋の大会。
野球部の顧問が地区大会で優勝だかの自慢を職員室でしていた。
なんでも、重要なところで隠し球でアウトにしたことを鬼の首とったごとく何度も繰り返している。
私は、相手も自分も2年のまだそんなに経験もない生徒同士の対戦の場面で、そんなゲスい作戦して、
あわよくば目先のアウトや勝利のために、スポーツマンらしくないのをよく自慢するなあと。
子供たちにどんな成長してほしいとか、勝てばいいとか、そりゃ疑問だらけで聞いていた。

別に勝つ目的で、常に価値を目指すんだったら理念としてありかもしれないが、
この時の生徒たちは次の年の3年になってもさして強くならず逆に弱くなっていた。
まさに、弱いものの隙を見て搾取し、強いものには軽く巻かれてしまう。(顧問の性格に似ている)
こんなので子供もだれも成長しないし、ホントこういう指導者って最悪だなあって思った。
(まあその下衆さとか、性格とかその顧問の出来なさあほさをそのままあらわしているので)

と、こんなしょうもないことすぐ忘れると思っていたけれど、
思い出すたびに腹が立って、あほらしく、もうなんかいやな感じ。
世の中いろいろとほしいものあるけれど、私が望むのは、
こういう人徳がなく自己独善の人がみなを引っ張って高給を取る世の中をなんとか変えて欲しい。
欲しい欲しい欲しい。できれば、私がすっきりするくらい不幸になって欲しい。
おしまい。
c0008771_21563574.jpg

by premiertack | 2017-06-27 22:12 | 日常の出来事