人気ブログランキング |
ゆくあてもなくうちばかり。
年末行事はみな一緒。どこへいっても大体劣等感を感じやすい。
同じ年頃の人々はだいたい一人で出歩かない。けちけちもしない。

同族が集まるということも不快なことが多く、
お金はどうするねん、とか将来の自分や家族をどう考えているのかとか、
私ら今が精一杯でしかも、ほとんど独力で取り返しがきくものでない。
収入のために仕事を変えてもやむなしだが、
今は甲斐がありなんのためにお金を準備するのか、
という大義がもうぼやけたまま見つかるあてもない。(親の介護のため転職?)

何が働き方改革だ。もう少し働くからもっとお金くれ。
せめて年収200万くれ、250万くれ。副業禁止?どういう設計すりゃいい。
ふるさと納税って今の所得じゃ8000円しか寄付できないじゃねえか。
職場でふるさと納税の話が出てきたら肩身が狭くてしょぼくれるだけだぜ。
まるっきり働くってこと何にも考えてないやつらがやってやがる。
給与上げたらみんな休み取るんじゃないか?残業したいのいるんじゃね。しらんけど。

働いて成果が出たら、その分お金に反映できないのか?
こちとら成果が出ないとクビになるんだぜ。何のための有期限雇用なんだ。
なんでクビにならないやつの成果給与が出るのに。
それに有期限でそれが終わったら評価をして次のステップに進める制度(?)作れよ。
なんで駄目なやつと成果でてるやつが何度も同じ試験を受ける過程を踏む。
次の採用に関して何の優先事項も持ち越せません、という契約おかしすぎない?
できたのに成果を持ち越せないばかりか、駄目なやつのプライバシー配慮しやがるの。
日本の人事の制度は人を評価しないで管理するだけ。人を評価しない、評価しない。
(偉い人はちゃんとしてるのかもしれないけれど、私の主観ではこう捉える)

最後に、、、。うちばやきくそにまみれやがれ。おしまい。

by premiertack | 2017-12-31 00:58 | 日常の出来事
<< 気づかなかった。 我不了解空虛的意義。那一定和等... >>