人気ブログランキング |
名球会コミックス。
c0008771_23572.jpg最近のお気に入り、というかむきになっている書物。
それがこの「名球会コミックス」だ。全部で36冊あるようだ。
今のところ17冊読んだところで、いづれは全冊読破する。
というか、簡単に読めるので結構楽ちんさんだ。
ただ、時代の感覚がわからず、往年の脇役選手などは、
なんか忘れてしまう。でも、また読むと思い出す。
村山実さんのどこから出てくるかわからないフォーク。
っていうのも印象的だけど、今のところ一番印象的なのは、
南海の門田博光選手かな。現役時代を知っているし。
でも、こんなに苦労した選手だとは知らなかった。
とにかく格好いい。今度彼の解説を見るときが楽しみかな。
by premiertack | 2005-10-06 02:21 | 図書館・文芸 | Comments(1)
Commented at 2005-10-06 16:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ブラームス4番。 ケーキと珈琲。 >>