人気ブログランキング |
琵琶湖一周。
c0008771_343452.jpgなんだか日常的でないことがしたくなり思い立つ。
水曜日に休みになっていたのでちょうどいい、
と思い琵琶湖一周自転車の旅、朝の9時に家を発つ。
マイペースで行こうと思うのだがなかなか厄介なマイハート。
とりあえず、浜大津まで出て行き、観光船ビアンカに遭遇。
ここまでで1時間半くらいかかったかな。

c0008771_3483446.jpg道中一度コンビニに寄るものの買い物はせず、
午後一時半くらいに白髭神社に到着。
近所の焼肉屋さんで親子丼を注文。500円也。
店員さんに「琵琶湖一周ですか?」と、声をかけられる。
結構多いのかな、そんな感じの人。
と、この頃には既にお尻が割れそうに痛いような感じ。

c0008771_3512261.jpgいい感じで北上を続けるものの寄り道をする余裕もない。
味気ないのでかねてから行きたかった藤樹神社へ。
ここは陽明学を日本に広めた中江藤樹を祀る社だ。
陽明学というのは中国の思想家、政治家の王陽明が学祖。
「知行合一」が基本であり、思った(考える)ことと行動は、
一致しなければいけないというもの。私はこの学問が好き。

c0008771_3583720.jpgもう既に琵琶湖西岸でひざが傷み始めて疲労はピーク。
でも海津大崎を超えたあたりから元気が出始める。
万全を期すため奥琵琶湖パークウェーには向かわず、地道に行く。
すると、木之本あたりで木之本地蔵の縁日の祭りに出くわす。
せっかくだし様子を見ようと、歩行者しかいない道を自転車でゆく。
ダーツだとかヨーヨー釣り、綿飴から焼きそばまで何でもそろう。
この辺ではかなりの行事らしくたくさんの人が浴衣を着て歩き、
道を過ぎても浴衣でこの地へ向かう人が多数いた。

c0008771_451871.jpgしばらくして湖北町あたりだろうか、
歩道がでこぼこして信号待ちにも嫌気が差し、
道を外れながら田圃道を走ることにする。
国道だと長浜まで~キロとか全然進まなくていらいら。
おかげで気分よく走れるようになって嬉しい感じ。
もう既に稲刈りを始めている場所がちらほらある。

c0008771_4111253.jpgびわ町あたりで既に暗くなりだして少し焦る。
エッチマン注意という看板に驚く。見た私もちょっと怖くなった。
ここら辺ではもう、芥川龍之介「トロッコ」の心境だった。
こんなに遠くに来てちゃんと家に帰れるのだろうか?
だけれども頭は回転する。食事は彦根まで我慢しよう。
湖岸道路に出て県立大学の前のコンビニで飲み物を買い、
そこからはノンストップで行こう。と心に決める。
ここまででコンビニに四度寄り、ジュース三本、飲み干している。

c0008771_4153190.jpg長浜バイオ大学の前で19時45分だった。
それにしても腹が減る。湖岸道路は明りが少ない。
やっとの事で彦根のちゃんぽん屋さんで食事。
県立大学前で最後の休憩。なぜか温かいコーヒーを飲む。
ここからはコンビにもなく信号自体もなく近江八幡まで。
真っ暗な道だったけれど歩道が走りやすく気持ちいい。

と、なんやかんやでちゃんと一周できた。感激。
朝の9時に出発。晩の23時30分に帰宅。
道中、500Mlのジュース3本。コーヒー1本。煙草約1箱。
サンドイッチ1個、親子丼1杯。ちゃんぽん一杯。(食事の際には大量の水も)
ともあれ道中約200キロの次点者の旅は終わりを告げたのでした。
おつかれさまでした。
by premiertack | 2005-08-26 04:25 | マイイベント | Comments(0)
<< 初期不良。 カラヤン83年ニューイヤーイブ。 >>