人気ブログランキング |
徳と厄。
c0008771_5332097.jpg私の徳分はいつ使っていつ溜まる。
いつの間になくなったりしているってよく考える
徳っていうのは一人で十四の心と漢字で書く。
若い心と体でありたいと、いつでも思うが、14歳のときの純粋な自分の心に比べて、今の自分は、ずるく偉そうに卑怯に、なっていないだろうか、100円もらったらあれだけ喜べる素直さがあるだろうか。

そう考えると徳は大分減っている。そろそろ、中年のスタイルのマインドも自分にあったものを見つけないと気持ちと外見のギャップが見苦しくなったりしそうと先を考えると少し不安にもなる。こうして気持ちと体が若いスタイルで御せないので変換しないとダメなのが厄年だとすると、私の劣化は、厄年は人より少し早いのかもしれないって考えたりもする。
by premiertack | 2014-02-19 05:47 | 日常の出来事
<< 自分に問う言葉。 先輩から受け継いだシンバル。 >>