苦離掌中。
高知に行ったとき教えてもらった栗焼酎のお手ごろなものを近くで買ってきた。
いらいらすると、基本タバコで収まるし、友達もいないのでしがらみもなく、
結構言いたいこともいえる場合が多く、お酒はあまりほとんど飲まないけれど、
年末正月は、少しいただいて気長にうらんでおこう。
最近目が疲れるとか、睡眠を多くとらないと調子悪かったり、
そのくせ夜何度も目が覚めて、肩に力が入っていたり
何も考えないでぼーっとする時間がないと、焦ることが多く気が晴れなかったり、
それでも、とくにたくさん働いているわけでないのに、
目いっぱい仕事が負けたくなくなったり力が入る。
なんとか振り返れば、働き盛りに成果はどうあれ仕事に尽くした。
体力とか環境に応じながら、時代と想いをやっただけ、
皆のためになるべくたくさん与えられるようになりたい。
なんか矛盾してる(?)。

ややこしくなった。年明けも気が重いとか考えると休みの甲斐がないのでこのへんにしておこう。
おそまつ。

c0008771_055440.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-12-29 00:19 | 日常の出来事
尽くしても金にならない。
介護と保育の人が足りない。家にいる人がなんとかする。結局家の人は働きに出れない。
介護と保育の給与が少ない。人材の質が良い悪いの「悪い」(最低限)に給与水準がある。

要するにやる気のない人と、尽くす人の給与水準が同じだとやる気のない水準に給与が固定される。
なので、同じ職種の人のセンスない率が高いと、なんぼがんばっても給与水準は上がらない。

そう考えると、子供や老人に喜ばれる、心を尽くす、は働きの大きな価値だけれど、
善意は金にならなくて、研修とかキャリアの技術に給与水準がある。
尽くした気持ちが、ちゃんと顧客が喜ぶ仕事の成果になるのに、
尽くした気持ちは、大きい小さいがお金に結びつかない。立場や順番で差が出る。

だけど、最近私も仕事の自信が揺らいだりもする。
これじゃあ、もっとお金なんてもらえないかも。
悪さをせず、回りに迷惑をかけず、人の役に立つことをするだけで、
きちっと生活ができる、世の中になってほしい。やっぱ無理かな。とほほ。
c0008771_2223916.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-12-13 22:23 | 日常の出来事
いらいらしたとき。
私が住んでる市の教育委員会と社会福祉事務所が未だに許せない。

教育委員会はせんだいという人に、そもそもあなたの資質が足りてないと面接で言われたし、
その後、別の試験で3人受験で枠3人の試験を落とされて、枠1人の試験を受験者1人でも落とされた。
社会福祉事務所では、面接官がタバコ臭くて不健康そうなくせに上から目線で、
長生きとか健康を語らせてお前はだめみたいに言うし、履歴書も有無いわず勝手にコピーとるし。
私は、人並み以上に働いてやると思っても、見てくれとか声とか姿勢とかで、
外見判断されて評価してくれない。そして、実際働いている人がどれほど有能なのか。

そもそも、この職探しの原因も、当時働いていた飲食店オーナーの、事実上の浮気二股、
ならびに友人関係の裏切り、によるお前はおかしいからやめてくれ、のものだったし、
既婚者であるのを出汁にして、裏から手を回して他人はどうあろうと手に入れないときがすまなくて、
私の気持ちもくそもなく、嫁は一方的にDISるとかやっぱり最低だったわあれは。
挙句に離婚して、私が映画に誘ったあとOKしたあと、実はまちとくんと付き合うことになったから無理、
と返事があった後、どういうことやと問うと、すぐ後彼女を傷つけたからやし、最近お前おかしいから、
仕事もやめてもらうという形で、えんえん僕らは友達といってきた人だとは思えない下衆さだった。
つくづく、他人による裏切りや評価をしてくれないことが原因だし、
もう、わたしの周りの黙ってたら、不幸を押し付けられるごとく恵まれないのは大概にしてほしい。

しんどいことをして得たものはたくさんあるけれど、
原点はしんどいことは解決されず、放って置かれたまま私の中からいやな出来事は解消されない。
やられたいやなことは、そいつに返して復讐みたいな感じで不幸になってほしい、と、
やっぱり自分がしんどいときには思う。
[PR]
# by premiertack | 2015-12-05 21:29 | 日常の出来事
すべてなど知ってはいない。
孤独を分け合うことができるのか、って考えてみた。
できない、とおもうのは僕のほう。

孤独は染められる。のだろう。
同じ空を見てるのに、うわべだけ撫でられると、寂しいやつだと思われない。

お前なんかにできないと、話を聞いた段階で馬鹿にされることも多い。
私も努力をしているということを、わかってもらえないなら、
喜びも悲しみもむなしいだけ。

同じ時間を生きていくなら、染まりたくない。有識者でなく自分である程度判断できるよう努力したい。
基本一人なので、時に頼りなく心は揺れる。
そもそも揺れるものだ。可笑しくない。揺れたことを自覚していれば動揺は過程であって努力の跡。

そういう風に、根拠はないけど私はわりとガチで思っているんだ。


c0008771_23363035.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-11-25 23:53 | 日常の出来事
エリちゃん。
今週の競馬エリザベス女王杯の総括をしたい。

当初、このレースは結婚がキーポイントと思っていたが、
結果、信仰というものが鍵だった。。

マリアライト。キリストの母もしくはマグダラのマリア(?)は正しい。
キリスト教の女性は正しいが、キリスト教の男性は正しくないと考える。
自分が常に強い立場でないと精神が安定しない未熟な男性が権威に走ったりもする。
でもキリスト教は、たぶん仏教よりも正しい。。
ダメなやつがダメなやつと、互いに悪いところを見ずに勝手に許しあって反省しない。
それが仏教ですか?。

と、長くなった。
とにかく、マリアライトが勝って、表彰式ではお釈迦様、釈ゆみこさんが品物をマリア様の関係者に贈呈された。



c0008771_23295252.jpg
c0008771_2330587.jpg
c0008771_23301624.jpg
c0008771_23302652.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-11-16 23:51 | 日常の出来事
いらっとして眠れない夜。
私は人のサポートをしたりするのが、昔から好きだった。
大きくなると、一くくりで人助けが好きと思うようになった。

がんばれと影で思ったり、話を聞いたり、推測して先回りをして手助けのものを置いたり、
身の回りにいる人が喜んでくれることを考えるのが楽しい。

だけれど、そうは思わなくて、助けてもらうけど私は助けない、という人もいたりする。
大体女の人は助け合うことが得なのは肌で感じる人は、よく見分けががつくけれど、
不自由なく、自分の力で自惚れ気味の忘れっぽくて身びいきの内弁慶のはやたみたいな人は、
自分は助けてもらっても、言い訳を対象者でない、別のところに吐いて勝手に忘れるのだ。

こういう人は、私がいくら人助けが好きでも、助けてあげたいという気が失せて、
なんで、私よりも恵まれているのに、現状に満足せず他人を管理したがるのかと思う。
助け甲斐がないなあ、と思うし、私自身も彼らから助けてもらうこともなく、逆に陰口叩かれる。

ひろさわにしても、主観が固定されて、自分が攻撃されるとして構えることしかしない。
パソコンにたとえると、ウイルスの定義が更新されないというか、はやたも含めると、
10年前のパソコンは確かに高性能だったけれど、アップデートもしなくて、
処理能力もこまめに向上させているが、他のパソコンも高性能になって、とそんなに変わらないか劣っているのに、
まだ自分は高スペックとしての対応しかしない。
教育の現場の人間の癖に、自分のかかわった相手が、その過程においてサービス対象の相手も成長しているということを認識しない。
馬鹿にえさをやっても相手は馬鹿のままだと認識したまま、見下した対応しか帰ってこない。

階級性が厳密にされている割には、階級間の素養はそう大差がない。
というか、オリジナリティクリエイティブさのないイエスマン気質ばかりの人間をよくこんなに集めたものだし、
能力のさして変わらない、ただたまたま階級の違う人間をよくよく首の切れるもんだ。おかしい。
実務の時間の分、確かに多少は仕事ができたとしても、そんなに威張ったり勝ち誇るものでもない。


一億総活躍だと、私は活躍しているが、活躍しても損だ。こんなんじゃ。
はやたやひろさわが私の生活ラインの社会保障給料まで下りてきてやってもらわないと、
こっちも人助けのし甲斐がない。
私の給料を上げろとは言わない、せめて無能なはやたを私のラインまで引き下げろと思う。

助け甲斐のない人を助けるのは面白くない。だって、私よりも恵まれているのに、私は助けても見返りに助け返してくれないのだもの。それで自分は優秀で、忙しいから自分のことで精一杯だって対応しかしてこない。

もうキャリアアップなんて現実味が何ぼがんばったって知れているものだし、
才能のない、こちらが人助けのし甲斐のないはやたみたいなののキャリアダウンを願うばかり。
がんばっても報われないということが、往々にして普通にある、お前は才能があって報われているのでなく誰かの気まぐれでたまたま現状の地位にある、ということをちゃんと実感してほしい。頼むでしかし。


c0008771_2133241.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-11-09 02:49 | 日常の出来事
ノートラブルーデイを願う。
天皇賞がラヴリーデイが勝ったという。
2着にはステファノスということだった。

いろいろと、天皇賞を総括として考えてみた。

いやな気持ちとか思いは、捨て離す(ステファノス)ことにして忘れてしまおう。
そうして、毎日を楽しく過ごすことに重きを置けということかもしれない。

なかなか難しい。
c0008771_23324058.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-11-01 23:50 | 日常の出来事
めろめろ。
今日は道楽で競馬を観にいってきた。秋華賞。

ただ、楽しかった。

秋華賞の、私の主観の強い感想だと。
1 ココロノアイは今日は少しおなか周りがポチャ(?)としてかステイゴールドっぽい。
10-11 レッツゴードンキは体つきがパンパンでセクシーな魅力だけど感受性が強そう
タッチングスピーチも好みの体つきで大きい感じ。(母方の影響?)
18 ミッキークインは体つきはキレた感じだけれど、とくに特徴主張がわからないけれど、
なんか、性格が好奇心がよいようにある感じで、しぐさとか色気があってキュートでかわいい。
なんか、私にまで笑顔と愛嬌を振りまくような雰囲気で、かわいくて私はこの娘のファンになった感じ。
ちょっと、これは贔屓に応援してしまうかも。
かわいい。


c0008771_017693.jpg

c0008771_0172047.jpg

c0008771_0173277.jpg

c0008771_01743100.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-10-19 00:33 | 日常の出来事
枯れて切なく風に平平社員。
一人きり。急に行けないと旅行がキャンセルされてしまった。旅立ちの日が遠くへ行ってしまった。遠く離れていってしまったものは、戻ってくることもない。もともと戻るところなどないのだ。そう考えると英樹は深夜のコンビニでカキフライを頼んだ。うー。しんどい。そういってうずくまった英樹はジャンプを手に取った。この場合のジャンプは週刊少年ジャンプではなく、ホップステップジャンプのジャンプである。どういうことかというと、ホップは第一段階のゆっくりと楽しむ段階。ステップは捨てたプリクラを拾って名残を惜しむ段階で、ジャンプはその次の段階に当たる。手にとることができたジャンプによって、英樹は感激した。感激したことによって世の中は明るくなった。もう深夜のコンビニには来る必要がなかったんだと、改めて思うことに成功した英樹は植木等のまねをした、すーだらすいすいだった。夜の奥にしみこむ空気はこの日最高の段階を迎えた。あっ、そう思った瞬間目の前に小さな虫が止まっていることを確認したが結局それを無視することにした。要するにちいさなだじゃれみたいなものである。が、しかし、そんなしょうもないことを言うやつはだじゃれ(誰)かな~、と陽一が声をかけてきた。彼もまたコンビニを愛する一人の心優しい少年だからだ。かく言うそれは青天の霹靂というもので、閉店前の辟易とした彼の心を写し取っていた。要するに写っていたのは心だけではなくその大きなリュックサックにしょった彼の姿だったのだ。ショックを受けた陽一は、走り出した。明日が見えるところまで走ろうと決めたものの2キロメートル走ったところで立ち止まった。運動不足で息切れしたのだ。酸素を吸う必要に迫られたものの、彼は酸素ではなくタバコを吸った。そうなのだ、彼は筋金入りの不良だったのだ。小さなころから悪がきで中古で不良と呼ばれたのだった。ライスみたいに尖って触るものを皆べとべとにした。困ったものである。困った困ったのは確かにこまどり姉妹だったが、そんなこというのはもうおしまいにした。オーもうおしまいだ。もうだめだー。   つづく。
[PR]
# by premiertack | 2015-10-15 21:00 | 日常の出来事
慢我。
わたしは漫画が好きじゃない。いい悪いじゃなくてあまり好きでない。

理由の一番の要因は読んでいて退屈だということ。
学校で勉強するのに、黒板を写してノートに書いて試験のために覚える。
というのに似ていて、勉強におけるクリエイティブ要素がなくて一方通行で、
疑問を持つよりも、作者に感化されたほうが楽しめるという点も合わない。
テストでいい点を取るための勉強のためにの勉強が、漫画を読む感覚が近くて、
研究とか推敲とかのように、何のために、とか、どういう理由で、とか、
どういうときに役立つ、とかいうのでなくて、一方的に絵と言葉が進むのでいらいらするのだ。
小説とかでもそういう要素はあるけれど、漫画は絵がある分想像によるゆとりがなくて、
作者の人生経験体験以上のことが、絵と漫画に表現できないので、その分自分の経験との照合性における感受性の妥協が探れない。
同様に、ライトノベルのような文章の絶対量を水増ししているようなものも、
結局は人生経験が文章の内容にモロに反映される気もする。
ので、わたしはもっと漫画家やラノベ作家は学歴とか職歴趣味をパッケージにして売り出してくれないと、
すっと読もうという気になったりしない。良い悪いがわたしには読んでもわからない。だから内容だけでラノベをちゃんと正当な評価のできる感性のある若者ならまだしも、、
だから、、主観の強いロートル世代のえせ若者通の、能力のないはやたみたいのが勘違いして名の通った第一人者の竹内さと氏の形まねだけして、現場の前線の重要ポジションにのさばるんだ。

面白くない話が長くなった。
わたしは漫画をお勧めしない。理由は試験勉強のように退屈で一方通行な知識の押し売りで、しかも作者の人間性が出来不出来を決めるから。
たしかに知識を簡単に楽しく得ることが出来るのは漫画だけれど、それも言ってみればコンパとかナンパで彼女彼氏を見つけるようなもの。わたしの中では漫画で知りました、はコンパで知り合いましたのようなもの。
若いうちはコンパでも何でも知識にすればいいと思うけれど、大きくなってもずっとコンパするのですか、って思う。
ずっと、一方的な作者の主観の映像まで見て知らなければいけない知識ですか。
それは、もっと素敵な出会いのためにとっておいたほうがよくないですか。

と、秋だからだろう。読書の秋について考えてみたところ長くなりました。

漫画を読むのが悪いと思わない。むしろ、今の時代たくさん読んだほうがいい場合のほうが多いと思う。
ただもう、わたしはじっと漫画がほとんど読めない。
異論は多々ある文章だろうと思いますし、わたしも手が届いていない部分もあるでしょう。でも、わたし個人では基本、こう思います。
c0008771_20472752.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-10-08 21:10 | 日常の出来事
できもののしたの膿。
お休みをじっくり休んだら、いらいらとかもやっとしたのもだいぶん取れるだろう、
と思っていたけれど、なんかなかなかに改善しない。

いらいらしたのが、なんか古い昔の頃の嫌なことが思い出したり、
感受性みたいのが、友人付き合いとかで押しつぶされるような窮屈感とか、
たぶん自分の中に発散を求めているが、要因を外で吐きたいのかもしれない。

んもおどうにかならないものか、人格を評価しない社会体制システムとかさ。
都合の悪いことはすぐ忘れるのに、こだわることには巻き込んで引っ張る強引さとかも。
人が人を認める、評価する。現状、日本人に人事能力がないのがそこかしこに見られる。
ってくらい、まじめな自分が(?)、まともな望みをつなぐのが難しい。

いっぺんみんな気を病んだらいいねん。もうだめだの限界は限界じゃなくて環境に依存するねん。
絆が切れるから完全な限界ができる。負荷とかストレスは絆と信用を実際に使う過程でしかない。
金とか妬みの悪口とかちょっとした暴力なんか、尾を引かなくてできるならやりかえせばすぐ済むし、
できなくても対人の小競り合いトラブルもめごと仲間はずれ妬みは、耐性も訓練できるし自分自身の思い替えで逆に次々に自分が成長して強くなる側面もある。(その人が持っている絆と信用を失わないのは大前提)
が、信用や絆を自分自身のの都合で相手を思わず、利己的に切って強いほうになびいて絆を切ってしまうやつはまず許せない、そういうのがいるから気を病んだりもうだめだの限界が発生するということだ。
だから私は友人関係の絆を出汁にを打算的に使って、それを己のなりあがりに使うやつは絶対許さない。友人だといって、自分の有利に周りを巻き込むものもしかり。

まあでも、結局私もどこで誰の恨みを買うかわからない。
どこで誰にフォローしてもらうことができるかわからないので、とりあえずたくさん人助けをしなきゃ。な。

と、ふむ。文が長くなるってのは、詰まっているか。また整理しなきゃ。
[PR]
# by premiertack | 2015-09-23 00:39 | 日常の出来事
秋の空 何がまことか 夢うつつ。
感情も大きく至る方向に四散。現状も目まぐるしい。
だけれど、さほど切迫感もなく、体はかゆい。
ちょっとゆっくり休もうやな。

今週はレースの予想が難しい。ここが気になるのは土曜の安田隆之厩舎。
これを、まだどう取捨したらいいかわからない。
来週の神戸新聞のリアルスティールがどういう展開になるか。まだくたばれない。
状況判断に追われる日々ばかり。

世の中と人の心が安らかになってほしい。少しでもいいから。ね。

c0008771_23431631.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-09-18 23:44 | 日常の出来事
起こることに善処あるのみ。
ときどき結構こんな自分だめなんじゃないかって思ったりする。
だけど、別に人の目を気にするわけでもなく、
どんなときも、常にできることを精一杯やっているのは私のはずだ。
得意不得意で結果が出る出ないは、まああるけれど、悪意を持ってわざとやっているわけでなく、
常に善くするように、足らぬも精一杯やっている。
精一杯やると、いちいちあの時もっとこうすればよかったとか、
後悔したりしないので、過去でなく未来を見る時間を多く取れる。
まあでも、能力的にも足らぬへたくそはあれども、結果にあんまり後悔しない。
でもまあ、一気にどん底にっていうのも、過去あったりするのでまあだけど、
あの時はよかったとか、あんまり言わないようにしたいな。
起こってくることいろいろある。そのことにその時点で精一杯よいと思う方向にを繰り返す日々。
なので、多少の困難はむしろ善に結びつける自分が試されるチャンスなのかな。

まああんまりうまくかけんかった。まあ保留
20150830AM2:00
c0008771_147149.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-08-30 01:59 | 日常の出来事
海藍藍的天気 我的愛是LEMONTREE。
今日はイオンモール京都から寺町、新京極を散策して新しくなったBALビルへ。
なんかとてもにぎわっておしゃれ。極めつけは地下の丸善の本屋さん。

わたしは大型書店が苦手で、その一番大きな理由は最初の段階で本が探し辛いこと。
いろいろ廻ってうまくいい本が見つかると、全部その一帯の類書が欲しくなって財布とにらめっこで悩む。

ので、勉強したい本は図書館でじっくり探して、普段使いは雑誌と大衆書籍で済むので、
近所の大型でない本屋さんで現物を物色。というスタイルがなかなか崩せない。

が、この京都丸善、オリジナル商品や文具などリピートしたくなる本以外の要素がある。
今日は梶井基次郎の檸檬の特設コーナー。

私は梶井基次郎「檸檬」がものすごく好きだ。作家が作品を書いて店頭に並ぶ自分の本を見たとき、
檸檬の爆弾を置く、というのは作家だけにしかわからないだろう心理表現だと、芥川賞作家の平野啓一郎氏の講演で聴いた。

この作品は若い勢いとともに、不必要な文章は徹底的に削って、必要な文章は残す、という作業を、すごくきれいで嫌味のなく力強く、状態として若さのレベルで完璧にこなしているように感じる文章だと思った。
まあでも、これはあくまで個人的な文章の好みと主観的な感じ方で、視野の狭い頓珍漢な見方かもしれないけど、、。

と、あくまで私は文学を研究したことがない素人なので、結局は論評はできないけれど、大衆的に
私も京都の丸善で檸檬を見て浮き上がるミーハーなそこそこの本好きっていうことですね。


c0008771_23172130.jpg


c0008771_23193351.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-08-22 23:54 | 日常の出来事
玉珈拉印。
今日は和歌山県を日帰りで食とお寺めぐり。

まず、卵かけごはんを切望していたので専門店でおいしくいただく。
とても満足する。別に特別劇的というわけではないけれど、高級な気持ち。

c0008771_2341284.jpg


食後に、プリンとコーヒーとケーキの一切れを楽しむ。
購入後、ご好意でいただきましてありがとうございます。

c0008771_23452962.jpg


それと念願の初和歌山ラーメン。
これが普通の(高級?)ラーメンだからこそ。荒さと繊細の原点は丁寧。よかった。

c0008771_23464877.jpg


お寺は三箇所めぐれた。
和歌山は豊かで先進的。中でも今日のお宝は根来寺の興教大師の朱印。

c0008771_234906.jpg


と、ありがとうございました。
[PR]
# by premiertack | 2015-08-22 00:04 | 日常の出来事
せめてやりたかった。
もう少しでできるからと野次のような先延ばしを何度も経て約10年。結局道具にされるだけでひとりぼっち。今はただとにかく毎日、やりたいけれどやる具体的な目標が状況が見えない。我慢して必死で得た今の環境もあんなしんどいことを乗り越えた割りにひとりで生活を開けるほどの水準になる気配がさらさらない。人生のストラテジーが間違っていたのだろう。就職活動ででも男女関係でも、あのインターネットが普及していない時代、はったりでも自分を大きく見せれたら人並みに立場が幸せになれたかもと後悔する。お金がなくてもやりたいときにやりたいのができればと餌をまかれて適当に仕事に使われた前の職場。もう幻想も想像力が減った。金もない、やりたくてもできない、たまに立場を軽く見られる。なんかね、冷静に考えると、人と比べると損な役回りの人生。誰がこんな風に私のプライベートを世間にばら撒いてその分の見返りを誰も責任を他人任せにして
[PR]
# by premiertack | 2015-08-11 05:54 | 日常の出来事
できなかった。
またできなかった日々。満足をもって出したい。搾り出したい。やりたい。
[PR]
# by premiertack | 2015-08-10 06:33 | 日常の出来事
思う。
やりたいやりたい。出したい。
[PR]
# by premiertack | 2015-08-04 07:48 | 日常の出来事
無し。
今日もまたやりたいのにできない気持ちで過ごすんだな。ただやりたいだけなのにな。ああ。
[PR]
# by premiertack | 2015-08-03 07:23 | 日常の出来事
目覚めの夢。
今日は朝、何度か目がさめるものの穏やかな夢を見た。

小さなプレゼントをもらったら、とてもうれしくてお礼をしたら、お礼は少し迷惑がられたけれど、
私もうれしくて冷静でなかったくらいにうれしかった、という夢だった。
(なんかたいそうなものでなくて、その前にももう一人何かもらったかもという夢だった)

今日はなんかいつもよりすっきりとした休みで、とてもリフレッシュできた。
平日の昼で歩くのはすごい久しぶりな感じで(実際は違うかも)忙しくなくてゆっくりできるし、
気分も完全に夏休みのうれしさってこんな感じだったなって開放された感じがした。

そうやって過ごしているとなんかありがたいなあって、今までの済んだこととか、今現在のこととか思うと、自分のためになっていて、自分は自分でがんばれるようになって、そうなってくると忘れていそうな細かいことの感情なども思い出されてきて、いちいちありがたくなってくる。
自分の気持ちの持ちようの穏やかに受け取ると、ほとんどありがたいしか出てこなくなる、っていうのが不思議だった。

今日みたいな感情を、また思い出すのかどんな感じで振り返ったりするのかわからないものだけれど、
今日という日はなんか、ありがとうと言ったり感じたりする、感謝の日にすればなあって、ちょっと考えてしまった。
まあ、天気よかったし。明日からもできるだけがんばろっと。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-27 23:52 | 日常の出来事
明日への用意をする。
忙しく頭と体が動くと、欲望が沸いてくる。たぶん私が凡人だからだろう。
自分の欲望を通すために、八つ当たり的なことを考えることも多々ある。困った。
欲望もいろいろあって、前向きなのもあったり、適当なものもあり、どうしようもないのも。

常にあるのは、もっと知識を得たいとか実体験したいとかで、
要するに賢くなって、楽しくなって、それをみんなに分け与えたいと思うこと。
これ基本だし、もうこれがなくなったら私もうおしまいね。たぶん。

あとは残るのはだいたいに、完全な物欲。
車で走っていると、新型のステップワゴンのスパーダを見ると、欲しい欲しいってなる。
今の車は気に入っていて、いろいろタバコ臭かったりシートへなへなだったり、
言うことはあるんだけれど、なんかそういうところもかわいい。
買うために崩した貯金が2年ちょっと経ったけど全然戻らないし、まあ新しい車なんて買えないんだけれど。
それに、声とか音楽とかを自分で編集したりしたい、という勉強欲があるけど、
いっそのこと、音楽専用のパソコンを買っちゃいたい、とか思ったりもする。
衝動的に買った、NUCとかLINUXにした元XPノートパソコンとか中古XPノートとか、
中途半端なものを買ってしまいがちで、使いこなせないんだ。
IPADとか買ったほうがいいのかもしれないけど。

後物欲以外の表現欲みたいなのもあってこれが厄介で最悪。
SEKAI NO OWARI の音楽を聴いていると 
歌詞に人生とかがあったりすると、ごっちゃになって
JINSEI NO OWARI とグループ名を間違ってしまう。
という、どうでもいいことが誰かに聞いてほしいという欲求が出てくる。
もうだめだ。私。

話、だいぶんそれた。

そもそも、まだ夏は長い。あっという間だけれど。寂しい。まだ夏始まってないけど。
よし。いろいろとマイイベント企画しなきゃ。
 明日へ続く道 たとえつっぷし倒れても 何度もたちあがってやらなきゃ
[PR]
# by premiertack | 2015-07-25 22:41 | 日常の出来事
明日のマイメインレース。
明日の競馬。

一番の見所
函館 7R 3歳上500万下 1 ユキノマルガリータ 吉田騎手 11 ゼンザイ 丸山騎手
 このレースでユキノとゼンザイがどっちが勝つかが今週の私のメインレース。

ほか

中京 
1R 16 バデル 幸騎手 ・・もう体力ないしばてる?
2R 17 パープルファイト 高倉騎手・・パープル調子悪い?
3R 15 スズミサキ 小坂騎手・・名曲?
4R 11 ピースメーカー 平沢騎手・・芥川賞馬券
5R 8 ココファンタジア Mデムーロ騎手 9 ジャストセーブラブ 武豊騎手
6R 7 タムロミラクル 川田騎手・・奇跡はたむろしてる
7R 4 ガーリッシュハート ルメール騎手 ・・いつも私は乙女心
8R 4 トシストロング 幸騎手 ・・もう年だけどまだいける
福島
6R 8 ケイツーノート 武士沢騎手・・ケイツーの総意はノーとなりました
11R 10 バッドボーイ 田辺騎手・・・悪い男によくだまされる
函館
1R 4 カタオモイ 荻野琢騎手・・肩こり気味
5R 4 ヴァンキッシュラン 岩田騎手・・体力づくりに晩走らないと
6R 4 マダムウルル 藤岡康騎手・・マダムが泣くなら私も泣く

外れても責任おいません。
c0008771_20393273.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-07-25 20:54 | 日常の出来事
身体の気づき。
久々に体を動かすような感じになると、ほっと力を休めると使った疲労がある。
私が普段いかに動いていないか、というものを知ることができた。
私はそもそも、じっとしているのが明確な目的がない場合あまり得意でない。
そもそも、運動はイライラの発散に役立っていたものが、いつの間にか習慣は別の発散をしている。
戻る前提でルーチンワークからほんの少しでも離れると、気にならなかったことが気がつく機会が多い。
癖とか偏りとか。戻れないときは目的とか欲求とかも長く離れると具体的なものが大きく自分を気づかせる。

弱ってくると、不安になることもあるが、よくわからない種類のわくわくもある。
1000円しか持ってないのに、1200円のものが欲しくなって仕方ないような時の力が少したりない感。
これを配分して、計画をかけて買えるよう、帳尻を合わせるべく修正する。
この修正の行き当たりばったり感が、いつも見えない尻尾が助けてくれて面白い。

と、話が主体的なのか共感できないかもしれないけれど、
ぶさいくといけめんは紙一重のように、しんどいとわくわくは紙一重なのかも知れない。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-24 23:48 | 日常の出来事
やけうま。
明日の競馬のプチ勝負は中京競馬場。

12R 1 エイシンソルティ 酒井騎手 15 ワクワクカンヲ Mデムーロ騎手
押さえに 13 エターナルトウルース 松山騎手 6 アクロマティック かわす騎手


    

c0008771_014567.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-07-24 23:13 | 日常の出来事
ひとりごと。
一人に慣れていると、少し人数が多くなるとちょっと調子に乗ってしまう。
得意不得意の差異も感じることもできるし、勝てない分野も実感する。
自分の感覚と周りの人の長短所を比べると、自分自身の得意の尺度とは別に、
苦手な分野でも通用したり、得意なのに複数に負ける、等の事象が起こる。

やっぱり、利用されたり影で貶められようとしたり、
自分優位に進めるために裏切られたり、という面倒なことがあったように、
すぐに被害妄想的になるようなことが多かったので、一人のほうが都合いいのに慣れたが、
いろいろ手助けしたりしてもらえると、常日頃人助けをしないといけないなと思う。

さて、できることがんばらなきゃな。元気で余力のあるときはなるべくというところだけど。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-24 06:51 | 日常の出来事
また競馬を考える。
7/25 中京
2R カラフルマーメイド
3R ネージュドール
4R リッチガール
5R オールスマイル
7R アクアブルーハート
9R マシェリガール
10R ラッフォルツアート
11R ドニカナルボーイ

7/25 函館
メイン11R ユキノアイオロス この馬が来たら何らかの愛をおろすことになりそう

c0008771_09134.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-07-24 00:08 | 日常の出来事
気持ちが時間を圧迫する。
休みに入ったものの、周囲にもいらいらするし、目標もピンとこないし、
万全にやりつくした感も少ないし、軽く見られる様な被害妄想的なことばかり。
そもそも気を張って威圧的な性格だったら楽だろうけれど。
上も下も間もどれをとっても合わない。言ったもの勝ち。
世代間で許せるものもあれば、世代だから許せないものもあるし、、。
もっと楽な時代に生きたかった。 まあ私の主観だからな。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-19 18:27 | 日常の出来事
人の上。
立場の弱い人の素質がないよりも、立場の強い人の素質のないほうが害悪だ。
なんであんなに人徳がないものか。あれがあと20年のさばるのね。
相手の立場に思って、ありがたい気持ちで丁寧に接するだけなのになあ。
なんぼやってもうわべだけになる人の生きた見本、手本だね。
なんでサービスを奉仕といいたがる人が、感情的で権威的なのかが不明。
奉仕という漢字が読めないのだろうね、たぶん。早く補導員になればいいのに。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-18 21:14 | 日常の出来事
ただ。
ただやりたいだけなのにできない。
[PR]
# by premiertack | 2015-07-18 07:22 | 日常の出来事
走る喜び夢を乗せてく輝いて風になり。
競馬のことを考えていた
以下

7/18 福島 6R プレミアムデス 丸山元気騎手 ワンパーセント 菅原騎手 このレースはこの2頭で
 福島9R サダムリスペクト 柴田善騎手 なんとなく
 福島メイン 安達太良S クライスマイル 田辺騎手 安達’Sスマイル的
 函館5R ハナヨリダンゴ 小野厩舎 なんとなく
 中京メイン マレーシアC ヘミングウエイ 福永騎手 
芥川賞が盛り上がっているので、文学馬券だけど、
このレース他の馬のレベル高いいいレースになりそう。

7/19 中京メイン ジュライC サウンドトウルー 大野騎手 なんとなく アメリカンウイナー もなんとなく
 函館メイン 函館記念 エックスマーク 三浦騎手 もうだめだこりゃの×の印 ツクバコガネオー 勝浦騎手 今回は小金もちの人生だったとほほ。
 中京12R フィリピンT ライブリシュネル 吉田騎手 なんとなく名前

を、今考えています。

c0008771_2357935.jpg

[PR]
# by premiertack | 2015-07-17 00:14 |