「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
The Grey Gatsby。
季節がどんどん進んできて、感じも少し変わってきた。
かゆいのがちょっと目立つようにもなってきたし、
髪の毛の根元がしびれた感じでぴりぴりして抜けるのも多い。
寝るのも、扇風機かけたり冷房にしたり少し忙しい。

なんか少しもやっとするけれど、だいぶん気分は戻ってきた。
ひとえに前を見れる仕事と、周囲のおかげとしか言いようがない。

気になるのは6/3以来、約4ヶ月出ていないということ。
毎年夏には、なんか出ないなあという年が続いてるけれど、
秋口にタバコすったりすることが多いし、ってのもあるのか、
やっぱたまてきなところを冷やしたほうが活性化するのか?歳なのか?難しい。

今週は海外の競馬のレースが買えるということで楽しみにしている。
凱旋門賞だけれど、名前で言うと、ワンフットインヘブンていうのとか、
ファウンドていうのもめぐり合いたいていう感じでいいし、
ベイスターズがAクラスになったから、ニューベイっていうのも世界で流行るかもしれない。



c0008771_23055950.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-29 23:26 | 日常の出来事
土岐兼成。
休日前あたりから久しぶりにせつなくて胸がどきどきするようになりちょっとしんどかった。
まあでも、振り返ってみたら20歳くらいまで毎日こんな感じでせつなかったなあと当たり前に思い出した。

今、あのときのことを思うと、やりたかった、やったらどうなるのか、
自分だけ遅れている、だまされてみんなに抜け駆けされてる、友人がどうも信じれない。
こんな感じを思い出す。

結局大なり小なりで、今は小なんだけれど同じ様な感じだなあと、考える。
いろいろ考えると私も現状自信もだいぶん喪失しているし、
後悔の噴出頻度もめげるくらいはある。
でも、後悔って言ったって、あのときやれたかもしれん、
やれるのをみすみす逃している、誰ともできなくなる一歩を踏んだ、
あのレベルの人とも丁寧にすればできた可能性があった、
この程度の後悔以上の、後悔がないのが現状のせつなさの原点でそれ以上もない。

冷静になって考えれば、心はしんどい状態が素直に感じているらしく、
タバコすいたくなったりするけど、前向きに仕事のために控え気味にもできる、
すばらしい前向きさがある、のか。

最近読んだ、一投にかける溝口和洋最後の無頼派アスリートによると、
競技者の素質(?)に身体的技術的な素質と精神面の素質があって、
ただ素質があるかどうか、聞かれても種類があるっていうのが面白かった。

圧迫面接とか流行ったけれど、それって危機対応力を見るのでなくて、
しんどいときの一時しのぎを、長期短期でどう処するか見るだけで、
結局平時に、建前ばっかり言って機転とか丁寧をおろそかにする人は、
危機時にも念仏のように建前を言ってうわべだけになるのじゃないの。
普通のときに、不自然な自信を持っている人は、危機時あぶないとか、
普通のときに気が利くから、苦しくなっても周りを見る余裕があるとか、
そういう目とかで、面接はできなかったわけ。あんまりいうと自分も???だけど。
ともあれ、20年前の人事の人を見る目のなさとかは今もかわらないのだろうか。
人工的な危機なんて、本物の危機くらいに心を通わせて救いの願いで動けるわけ。
精神面を見るのに圧迫面接で判断をしようとしていた時勢の人を見る目のなさ。が。

なんか、ちょっと主観が出てきてしまった。最後のほう間違ってるかも。
あーあ。愛の納豆が食べたい。
c0008771_23304247.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-25 00:02 | 世の中の話題
人生はパズルと職人技。
子供たちにおもちゃを買ってあげたい。
私もまだおもちゃで遊びたい。いくらだせば存分あそべるんだろうね。なぞだな。
c0008771_01543677.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-18 03:17 | 日常の出来事
ララァ…私を導いてくれ!。

モビルスーツの性能の違いが戦力の決定的差ではないと言うことを教えてやる


これは、ガンダムという作品の中のシャアアズナブルのいう言葉で私はこの言葉が好きだ。

この間本を読んでいたら衝撃的な名前のアーティストを発見して驚いた。私は彼を知らなかったのだ。
以下、ウイキペディアより。

シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour、1924年5月22日 - )は、
フランス・パリ出身のシンガーソングライター・俳優である。
アルメニア系で、本名はシャアヌール・ヴァリナグ・アズナヴーリアン(Chahnour Varinag Aznavourian)。

ガンダムにおいてはショスタコービッチ交響曲5番革命が聴きたくなるというなぞのマイリンクがある。謎。

ともあれ、賃金と雇用形態の違いが人助けの効果の決定的差でないことをゲスチバヤシに教えてやる、って感じ?
c0008771_01322798.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-18 01:51 | 日常の出来事
世界は心とお金のSHOW by ショーバイミリオンスロット馬場さん百万円。
お金をたくさん稼いでいる人同士が集まって情報交換をする。
そこには、お金を持っている人が抱えている人の後ろの大きなお金とともに、
ノウハウやセンスやエッセンスが凝縮されたものが意識として顕在する。

それが人を助ける人ならば、たくさんの人を抱えた問題解決の意思が表面化する。
お金を稼ぐ方法がひとつではないように、人助けにもたくさんの方法がある。
違うやり方でも、成果が上がるし、理解できなくても過程と成果を見ることができる。
だから、正解はひとつではないし、最高もひとつではないし、そのために代議員がいる。

人の意思がたくさん集まるところでは、自分自身の頭の回転も速くなるし、
麻痺もしてしまうスピードもあったり、解を見つけれたり失敗もする。
意識の双方交流は、情報量が多すぎて処理しきれずに完璧にはならないが、
多くの道筋がついたり、立場の意識が狭まったり、過去と重なった理解と経験もある。

古来、神無月に神が集まって会議するというが、人の意思やお金の意思を受け取ったそれぞれの代議員が、
更なるビジネスチャンスを拡大のために会議をする、というのと、
神が時代の変遷と人の心の安寧をそれぞれの背負った意思を持ったまま、
交流をすごいスピードで行うということは、神様自身のためにも世のためにも良いことなんだろうと願う。

学生なんかは神無月だけではなく、毎日毎月が神在日神在月で会議をしているようなものだ。
会議が得意な人もいれば苦手な人もいる。意思を背負う分だけ交流するしない総量は内面の意思の状態に依る。

なんか書いてたらまとまらなくなってしまった。
秋って考え事に向いているのだろうけれど、少し読み返すと生臭い文章になった。
考えすぎ間違っている、そうかもしれないいろいろあるけれど、こういう状態だということを書き記しておく。
おやすみ。なさい。


c0008771_01001195.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-18 01:30 | 日常の出来事
めんどくさいで済ませていいならその話はい終了。
夏の課題として一曲歌を作ろうとしていたのだけれど、停滞。
まあなんというか、難しいのと時間が取れないのと気が進まないのだ。

メロディと歌詞は納得がある程度いって、まずギターを載せた。
これは、メロディラインから音をとって、二音くらいのパワーコード(?)
とかで、添えていけばできるんとちゃう?と思っていたが、
うまいこときれいに収まってくれない。なので、ベース音も頓挫。
それならと、そこそこの納得でドラムを入れようと思って、
ドラムを入れようとすると、まあ勉強不足なんなの、って感じで、
適当にリズムだけ取れば、かっこよくまとめれさえすればできるんじゃね。
とか考えてたけど、タムとかスネアとかにピッチがあるのね?(当然か)
となると、メロディにあわせてドラムの音程もハーモニー調和させるわけ?

ふーん。層が厚すぎて私の考えが甘すぎだった。
まあ、急ぎはしないし、少しでも知らないことがゆっくりでも知れたし、
時間があるとき、とりあえず形だけでも仕上げて、
次にはもう少し重厚な歌を目指そう。とほほ。

コード進行作って、リズム感ないのでクオンタイズに頼り切って、
ループ作って、ラップ的な視点で作ってみたいけど、まず、
現状のこだわりのコード進行が、少し見えそうだけれどかっこよくないんだ。
(まあ当たり前すぎて、、、背伸びしないとうまくなれないよね、、、。なわけないか)
c0008771_19485719.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-13 20:01 | 日常の出来事
ほんの短い夢でもとても幸せだった、せつないだけのコイウタ。
いつでも好きな歌を探し続けたい。大きくなって改めて思うが、
小さいころ好きだった歌は、今でもいい思い出。
今好きになった歌も、もちろんいい思い出。
歌を歌うと楽しい。ならば、好きな歌をたくさん増やせばいいじゃないか。
ということで、新旧問わず聴きたい歌とともに、
新しい歌も聴いて、古い歌も発掘してって思うように最近なった。

まあでも、私としても幅が広くなくて、音楽の才能もない。
だからマイペースで苦しくないくらいで、増やせたらいいなって思っている。
無理して、いいかも・・・くらいの曲は、いいって言わなかった昔の曲ほうが、
今聞いても、よく聴こえてくるような気がする。

今の時代だと私が好みかもしれないと思うのは、
サイレントサイレンとアレクサンドロス。
基本ロックとクラシックと歌謡曲が好きなのだけれど、
最近なじめなかったジャズとかレゲエとかソウル(?)とかに拒否感があんまりしなくなった。
また、ライブ行きたいな。行けるかな。もうおっさんが集まるやつのしか行かないんだろうけど。

c0008771_19284981.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-13 19:45 | 日常の出来事
消えない傷を!刻んで果てろ!ウチバーサル・ペイン!!。
-救世主の登場によって、秩序ある世界を取り戻しつつある王国を一人の女性が駆け抜ける-
彼女の名はベルベットクラウ。
その瞳には、彼女からすべてを奪った救世主への激情を宿していた-
との、コピーがあるこのゲーム、テイルズオブベルセリアがめっちゃおもしろい。
復讐の為の激情。やっぱこれは感情移入してしまうし、霊的な聖隷と業魔とか、
前作の同じ世界観が特にこれはうれしい。

とはいえ、ゲームにのめりこむ集中力が年々衰えているので、まだ中盤ぐらいまでしか進めていない。
攻略サイトを見ずに、ネタばれを避けながら、マイペースで進める。最&高。
だんだん面白くなってきて、やっぱテイルズっていいよねってなっている。

私はペルソナは2でもうだめだなって挫折したので、ペルソナ5は完全スルーで、
ポケモンとファイナルファンタジーに備えるだけ。期待しかないが、ファイナルは延期でも仕方ない。
ペルソナは早い段階で値崩れするか、高止まりか微妙。安ければ考える。
他者の評価ではなく、好きなゲームを好きに買うのが私流。値崩れしても悔しくない。

c0008771_19122259.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-13 19:25 | 日常の出来事
見つからないしまったく気にしてない。
やりたいの その一言が いえなくて
どうすれば いいかわからず
立ったまま ひとり 泣き濡れていた

やらせての その一言が 壊れたら
いてもたっても いられずに
心めぐり 無力 かみしめている


私の意志で決めてやったことは、大体うまくいかない。
自分で為そうとすれば、うまくいかないのだ。
依頼を果たそうとしたり、意を汲んで助けたい補助したい、
薦められたことをがんばらなきゃ、と思うときばかりうまくいく。
たぶん、持って生まれたのが、主導の才ではなくサポートの才だったのだろう。
あるもの活かすよりほかなし。
何でこんなに癖があって失敗が多いのだろう、と他人をうらやむことが多かったが、
がんばっていると助けてもらう量がとても増えてきて、うらやむ以上のものになって久しい。
目的や目標、満足ができる人生なのか、妬むのか、怒るのか、幸せがあるのか、
いまだにぜんぜんなんにもわからない。
ひとつでも、起こってくることに善処して前へ進むだけ。
今あるありがたいものを大事に失わないように、願いながらありがたく生きたい。

なんか、夜更けに考えごとはやっぱり視野が狭まる。
明日読んで、なにこれって思うのかもしれない。な。
c0008771_01422745.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-10 02:03 | 日常の出来事