<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
デフォルト。
育つということはめでたいということ。だけれど、自分本位だと妬ましくもあるのが私は悔しい。
ともあれ、今の歳になってしまえば、ゆっくりとこなすことだけをこなせば季節が変わる。
劇的な体験と時間がやはり得にくい。

話が少し変わるが、。
もし私が育てることに寄与することができるなら、精一杯努めたい。
例えば、疑問や質問思うことや向上したいこと目的の補助後押し、何でもかまわないが、
私にまっすぐに誠意を持って預けてもらったものは、利子をつけて大きくして返したい。

私は原点にはやはりわらしべ長者の考えがあって、よく応用する。
ほしがっているものを提供して大きくする。自分が得をする。
これなんだけれど、これを相手にも当てはめたい。
相手がなにか持っているものを私と交換して(貸して)、もっといいものを得てもらったら私はうれしい。
もちろん、私が持っていないものもあるだろうし、利子を大きくできないばかりか、
迷惑をして私が逆に借りてしまう、ということが心理的に起こってしまうこともありかねない。

ともかく、でも私はあんまり心配せず、よいと思うことを繰り返して、
私も周囲も世間もよいように育って生きたいと思います。

と、書いたがいまいち成長のスピードが速すぎたりすると、
私自身が怖くなってしまって、負けそうになるので、退化を踏ん張って努力はやめないようにって、
若いころからの反応の癖で、焦ってしまうけれど、与えられた状況から考えると、
負けず嫌いを社会的に変化させて、自分の立場として経験分相応の心理的発散の変化のステージかもしれない。
ともかく、同じ舞台でというようりも、老練、反応を鈍く性格に、舞台上を準備して見渡すといった、
心理的スキルを鍛錬することが、求められているのかもしれない。

でも、なかなか病気や挫折をしないと、反応とかの性格はなかなか努力で改善しにくいので大変かも。
というか、ちょっと今の季節考えすぎなのかもね。

まあなるようになる、しかないのだけれど、、。と。

c0008771_22584689.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-28 23:13 | 日常の出来事
漠然とした貯金の否定。
私は貯金が好きだったけれど、嫌いになった。
20代は無職期間が長く、30歳の時点でも月収11万円でボーナスなし、
生活費交通費込みで経費2万5000~3万5000円で生活して120万円くらい貯めたら、
非正規で安定しないので、かわいがってくれた上司がいなくなったとたん、
契約を続けてもらえなくて、約1年間ほかのところの試験も落ちてばっかりで、
貯金が100万円減った。無職なんて時間があっても、仕事がないと精神が追われたように、
不安定で毎日楽しくなくていやな日々が延々つづく。毎日まったく楽しくなくて不安だけある。
休暇なんてものとぜんぜん違う。ゆっくりできていいなあとか、
お金があって仕事して仕事に困らない人は、説明してもそこの感覚がぜんぜんわからなかった。
別に節約しても貯金なんて1年で100万は減る。時間もあるしなおさら。
貯金のための苦労は長くてしんどいが、外部要因で一瞬にしてなくなる。
私の生活ラインは、努力によって保たれるのではなく、
上司の人事と給与の考え方に左右される。気まぐれで責任取らない上司が人事を握っていると、
努力しようがしまいが人の意思で、苦労して貯めた貯金なんて残ったり無くなったりする。

やっぱり、人並みのことをするにはお金を使わないと、勉強にもならないし、
頭にも入らないし、元を取るという気持ちにもならない。
必要になったときのために、貯金するのも大事だけれど、
だんだん年をとったらできないことがたくさんある。
若いうちに使ったらいいお金もあると、私は思うし、
漠然とした形の見えない理想のために、お金を貯めるなんて余裕あるわけないだろ。
スタバのコーヒーを高いしもったいないと思わず、安心して飲める日もくる気配がないのが今なんだぜ。
もう、無職になったことという経験で逆に今、貯金が嫌いになった、という面白くないはなしで、
と、愚痴を言いたくなった。おしまい。
c0008771_22565381.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-21 23:16 | 日常の出来事
クーラー(い)汗。
最近朝起きたときに胸前に多量の汗をかいていることが多い。
ホテルのように最近はクーラーをちゃんとつけているし、室温が原因じゃなく、
たぶん食いしばってるのか、苦しい夢見てるのかよくわからないけど、
汗が結構感じられるのだ。それが、まったく夢見てる感じがしないのが不思議。

ともかく、私はとりとめもなく、しっかりしてもなく、起き上がりこぼしのようで、
丁寧にする正直にする、とかしか、貢献できることも成果を考えれば方法は少ない。
得意不得意ハンデがあって成果が足りないときには、誠実実直丁寧しか成果を増やしにくい。
通常よりも実直誠実丁寧を多く感じるのはあんまり機会もないし、比べたくはないけれど、
明らかに、ずるをしている、卑怯を通している人には負けたくない。

もう、オリンピックは終わってしまう。
あんまりその後のパラリンピックを見る機会はないが、
NHKの特集でやってた、カヌーの瀬立選手の番組を思い出すと、だだ泣きになったし、
そういう努力している人が山ほどいると感じるし、誠実の力を私もどこかでもらうような気もする。

なんか、とっちらかって主観丸出しの文章だけれど、
明日もいい日になりますように。



c0008771_23052068.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-19 23:28 | 日常の出来事
私では大きな力に勝てないが。
やっぱりちょっとだけ愚痴を書いておこう。
スポーツ選手に税金をかけすぎ使うなとか、へらへらして不快とかそういう議論がいやだ。

私が出した税金の使われ方がそこまで納得できないのが今の世の中なのかな。
SMAPはファンの出したお金で成り立ってるから、ファンが解散やめてと言えば続けるのか。
(そこまでファンって強いの?)
セブンイレブンの株式を持ってたら、セブンイレブンのコンビニの店員のファッションを強制言う権利があるのか。
(お金出してたら権利は当然なの?)
税金は国民のために使われるから、多少の名誉毀損は自分たちの権利なの。
株式会社で働いている社員は、常に会社と株主の利益のために一心に働いているのか。
(誰のためにってそこまで重要?)
あんたの同僚は仕事できないのに給料貰いすぎだから、よく似た仕事のおまえも給料を下げろといわれても普通なのか。
(裁くのは上司や管理者じゃないの?)
実社会で自分が周りに気を使って自由に発言できないから、ほかの人も発言に自由を抑制すべきなのか。
(嫉妬?発散?)

国民のためにスポーツをするのでもなく、個人の栄光のためにスポーツするでもなく、
世間の見てる人の光のためにスポーツをするのでなく、というか、むしろそのみんながよくなるためにある。
わたしのため、国民のため、世間の規範のため、のどの方向もすべてよろしく、
三方向が良い、すべてが良くならないと、そんなん代表のスポーツ選手になれっこない。
なのに、他人が見ると、選手個人のことしか考えてないとか、国のための意識がない、とか、
薬を使ってずるして社会に悪影響、とか、どれか一つかけてるみんなかけてる、
って見えてしまうのか、って考えると悲しい。三方向すべて良い選手でなけりゃ、
オリンピックなんて出られないじゃないか。ちゃんと審査されてでてきてるのに。

私は性善説過ぎるかもしれないが、それに論も薄いけれど、
愚痴として、ちょっと書いて残しておこう。
たぶん後から読むと、血が上った文章になっていろだろう。
私の言葉の発想が、力に力をになってるから、部分的に道理が通らないかも。当然か。



c0008771_23464210.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-19 00:27 | 日常の出来事
咲いた花。
今日、株を分けてもらったとてもいいお花の月下美人の花が咲いたよう。
とてもきれいだし、においもいいにおいがする。

ちょっといらっとした気持ちも、自然の香りを感じると、
ほっとした感じになる。もう少し夜が更けてからひとめ見て
ゆっくり眠るとする。おやすみ。。
c0008771_23184234.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-18 23:23 | 日常の出来事
渇いたのどの歌。
私の尊敬するミュージシャンの人がCUBASEのIPAD版のCUBASISも案外使える、
と紹介する記事を見て、ちょうどセールで少し安くなっていたので買った。

今まで、ガレージバンドで問題ないくらいだったけれど、
CUBASISにしてからやっと一曲目をメロディと歌詞と歌入れができた。
順番としては、この後リズムとベースと和音(?)を入れていけば完成のはずだけど、
メロディがいまいち格好良くない。そもそも、音楽を勉強してないので当たり前なのだが、
通して聞いてみてもいまいち。まあでも夏の作品として仕上げよう。。

マイクもダイナミックマイクを以前買っていたのでIPADで使えるかと思ったが、
マイクのXRLケーブルがフォンケーブルのしか持ってなくて、
XRLケーブルの両面のやつを買わないとだめみたいで断念。

リズムを先作ったりすると、心臓の鼓動に合わせて、どきどきするのは
テンポを140くらいにして、とか堂々と伝えたいのはテンポを落とすようにしたい、
と思っても、肝心の歌にして伝えたい気持ちのある出来事がもやっとしてわからない。

やっぱ、理解と努力と表現と自分自身の感動ととかもういろいろ足りない。
なんか結構真剣に1時間くらい集中して家の中で歌って録音したけれど、
やった頑張った感のわりに、出来上がりが不細工。
不細工がわかっていても、まだ仕上げの工程が残っている。
できの悪い可愛い息子で日の目を見ることはないかもしれない、と、ふとヒルコ神を思う。

でも、ヒルコの神ありてのイザナギイザナミであるように、
私はヒルコ神は間違っていたからなかったことにして、三神以下産まれてではなく、
ヒルコ神ありて後、受け止める器量ありたがゆえ、三神以下産まれたのでは、
という派を、かなり若いときから考えていた。

まあそもそも、私は学者じゃないので間違っていることは多いと思う。(神様のことはわからない)
ともあれ、また次は楽しく曲が作れたらいいなあ、と思ってCUBASISに思います。

というか、1~2時間真剣にメロディを作ったくらいで真剣って言うのも、
真剣にミュージックやってる人には、とてもとても失礼なのかも知れない。すみません。

c0008771_22231919.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-16 22:49 | 日常の出来事
京都2日目。
2日目は勝牛という牛カツの店でお昼ご飯をすることに。
なんかねえ、これは確かにおいしい。
薄めのソースも塩コショウもわさび醤油もカレー風味も
カツのさくさくも肉のレアな感じも、そのくせ脂っぽさをあまり感じない。

せっかくポケモン漁りの運動の合間に食べたらたっぷり食べてしまった。
今日は一時間ほど夕立で、寺町京極のアーケード水浸しで雨の勢いがすごかった。
帰ろうとしたけれど、雨がやむまで1時間くらい余計に歩き回ることになったが楽しかった。

今日は女子マラソンも始まっていたので結局最後まで見てしまった。
解説の増田さんがマラソンが好きはもちろんその上人間が好きという事実が心に残った。

変に泣かせようとしたり持ち上げたり、褒めたり贔屓したり、追い風で人を評価するより、
ピンチでもみんなが応援しやすい分だけ堅実にニュートラルに背中を祈るように届ける。
マラソンは確かに悪い想像ではなく良い想像をして走る。くじけそうでも搾り出す。

目立つ、使える、便利、楽、とかそういうのばっかり使いがちな他人よりも自分を優先して、
人を指示するひとでも、今の話いい話やで結局終わって私と同じになるのも憎いのかな。
女子を顔で贔屓すると子供に言われる先生でも、こういうのを題材にいい話できるのだろうけれど、
人間好きじゃないから心に響かない、とかなるのだろうな。ならないか。ちと違うか。

って、なんかえらそうな話になった。
c0008771_00335841.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-15 00:52 | 日常の出来事
京都1日目。
今週は2度京都へ出かけてきた。運動をしないのと、家でうじうじするのも頭痛いので、
昼ごはんを食べもって夕方まで、ポケモンを探しに京都の繁華街を歩いた。
5kmの卵が2回孵ったりするので、両日とも10km以上は歩いていることになる。
なんかねえ、ポケモントレーナーというよりも乱獲密漁強引採取という感じで、
鍛えて強くするんじゃなくて、ひとつでも多く獲る魚釣りとか昆虫採取に似ているかも。

まあ何もしないよりは、身体を動かしているほうが頭もすっきりするし、
なんか達成感もあるし、という感じで、めっちゃ楽しい。
同じように老若男女そこそこ同じように携帯持っている人多いので、
自分ものめり込んでいても、このひともやってるくらいで、
そんなに挙動不審じゃなくて、あのひともそう、くらいでみんなわかってくれる。(はず?)

それで、1日目は伝説のすた丼を食べてきた。
食べてきたというより、この濃いのが好きなので、腹が減っているときは、
すた丼を食べにきてしまう。友達がいたら店を教えてもらったりするけれど、
私は友情を認めない派なので、男同士だろうと男女間だろうと、
友情という言葉を使うやつは人間として一枚格下というように考えるが、
かろうじて、女同士の友情は共存のために利を上げる可能性が高いとまだ認める。

ともあれ、やっぱ都会に行かないと、ポケモンなんて楽しめないくらい密度が違う。
出稼ぎして田舎で幅利かせるなんて、考えたら格好悪いよね。

c0008771_20245016.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-14 20:36 | 日常の出来事
季節はずれの努力。
今週に入ってからやりたいこと、したいことが次から次に押し迫ってきて、
ゆっくりしたら損、くらいに欲張ってあれやこれやしようとするのだけれど、
いまいち成果が上がらなくて、ひとり落ち込み気味になってる。

でも、実際は結構成果ととったほうがいい、ひらめきのような前向きがあるので、
身体と心は疲れているのだろう、頭がときおりぴりぴりと痛むし、
肩とか首が重くって、たまに胸もキッと少し痛みもあったりする。

たぶん、自分が自分に向き合う時間があれば、
常に向上要素を課してしまう癖が、というかなんでも仕事に役立つとか、
結局金にうるさい経営者とか、人間味のない自己中の野球部倫に負けたくない、
とか、やつらにはわからないことを知ってやる見返してやる、
といった風に、限度がなくなってしまう。

私もそういう自己反芻のがもう長くなったので、わかってても客観視できてないのだろう。
こんなんじゃ全然なかったのに、今となっては遅いわりに恵まれているんだけれど、
気を休めて成果を見逃してもどんまい、のようにも大事に思わないと、、、なのだな。

まあでも、たいして私の上げる成果なんて、社会的には学生バイトの毛が生えた程度のものなのですけれどね。
c0008771_23324719.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-12 23:54 | 日常の出来事
ごりごりの妬く妬く。
少し前に京都へ出かけた時、帰り際に駅近くの大きな寺に参拝した(?)。
なんかちょっともんもんとしていたので、今までにないくらい一心に心をこめて、
女の人の体をたくさんさわりたい、存分さわりたい、とにかくさわりたいお願いします、
という感じで、「お願いするという気持ち」と、「したい」、という気持ちがお願いの気持ちに乗った。

だめでもともとで、しかも気持ちはまっすぐにこもったけれど、無理だろう、
と預けて忘れたように帰宅していたら、30分後くらいに、駅のエスカレーター付近で、
50~60さいくらいのおばちゃんのおっぱいが自然な感じでぶつかった。

しばらくして、さっきのお願いしたのはこれなのかな。
と思って、叶ったといえば叶ったが、なんか違う。
これでも、お礼にいったりしないとあかんのやろうか、とか考えていた。

けれど、思い返すと、お願いをした後、私にそういうオーラが出ていて、
霊感の強いおばちゃんが見るに見かねてぶつかってきたのかもしれないと思うようになった。

僕の望んでいたものとぜんぜん違うので、違うもっとデレっとしたのがほしかったのは山々だけれど、
それはそれでラッキーな面もある。と思った出来事だった。
まあ一応、お礼にはいかないととは思うけれど、ちょっと違うかってん。違うねん。ぜんぜん違うねん。
けれど、望みに沿って益がある結果になっている。世の中は不思議だなって思った。


c0008771_21494058.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-10 21:46 | 日常の出来事