<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
私は地球より美しい星がある可能性を信じたい派。
今年買ったCDをじっくり聴いている。

まず、GALNERYUSのRESURRECTION。
全体としての雰囲気はいいし、心地よいけれど、
いまいち英語の歌詞が、歌詞カードがないと聴き取れない。
小野さんのかっこよさは日本語だと直接私にはきた。我慢した分いい。よかった。

次、3代目JSOULBROTHERSのSTARTINGOVER。
最初歌詞がぴんと来なかったが(年齢のせいだろう)繰り返し聴いているといい。
小室サウンドっぽく、なんか歌詞とメロディが私には一体化しないが、
声は楽器で、詩は詩のよさを楽しむ、というように別物にすれば私には心地よかった。
続けて図書館でPLANET SEVENを借りたけれど、大体印象は同じ。
こういうかっこよい歌い方は私には絶対無理だし、憧れる羨ましい。

その次はバンプオブチキンのバタフライ。
星だけでなく、宝石とか鉱物の世界が出てきて私はとても嬉しく聞けた。
テクノっぽいのも、かっこいい。光らなくなった靴とか旗を隠すとか甘酸っぱい。
結構聴いたし、カラオケとかで歌いたいけれど無理かな。
そもそも5年以上行ってないな歌いに。そもそもへたくそだけどね。

そして、BLUEENCOUNTの≒。
テレビでかっこよかったのを見て買った。力が若くてとてもいい。
ただ、その分緩急がなくパワーゲームっぽくもあり、私の年を感じる。
これから荒削りか丁寧か路線次第ではいいかもしれない。

最後、バックナンバーのシャンデリア。
テレビでなんかミスチルっぽいのかな。そこそこいいかも程度の知識だったけれど、
聴いてみたら、結構私には入ってくる。緩急あり力あり丁寧さありなのかな。
ただ、歌詞が女々し過ぎて少し寒い。せめてこれくらい言ってほしい。
クリスマスソング
会いたいと思う回数が、会えないと痛いこの胸が、握手券のことどう思うか教えようとしている。
ヒロイン
思えばどんなグラビア見たって、どんなエロマンガやエロゲだってそのヒロインに重ねてしまうのは君だよ
くらい攻めてくれないと、リアリティのある健全な男子の声を代弁しないと思ってしまう。
もうすでに、みんなそう思っているのかもしれないけれど、、、。
でも、今年一番気に入ったのはシャンデリアですね。

と、長くなった今年聞いたCDひとことでした。超主観で素人意見ですね。とぽぽ。
c0008771_20245286.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-03-24 20:48 | 日常の出来事
濡句い皹。
ひとりでは しんどい筈の 困難も
わたしのために 人の加護あり

(ひとりだひとりだと言って行動するが、周囲のまもりがあるのでひとりでできるなあ)

はなせども はなせどもまた 雲つかむ
たのし苦もあり はなす人生

(話す、離すばかりで、雲、苦もつかむ。私の人生ははなす人生なのかな。)

雪のころ 過ぎて温さを 祈りてや
芽いずる日に 喜びたりて

(もう雪の季節は過ぎてぬくくなった。手を離れ芽が出るのを待つのみ嬉しい。(文字の使い方おかしいな))

c0008771_0175123.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-03-20 00:35 | 歌・句
目标看不见。
目標のためにいろいろ我慢することがたくさんあったけれど、
自分がどういう目標を立てているのか、小さなものも大きなものも見えなくなった。

私は足りないところがはっきりしているから、苦労も多くなるのだろうけれど、
それでも気持ちが四散して、ケアをする気が起こらない。
体力は無駄に減るし、行動する元気も欲求もあまりない。

何をどう考えてもしっくりいかなくて、無駄な時間ばかり。
とにかく短いスパンの目標でも立てたいけれど、
気持ちが投げやりな要素ばかりでまとまらない。

私は何を求めているのか、何を伝えたいのか、
何か表現をしたとして、伝わる方法があるのか、
例えば誰が悪い何が悪いとか、そんなんなしだとしても、
何がしたいのかよくわからない。
ただ負けたくないだけ。目標がない。見えない。

c0008771_20376.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-03-05 02:00 | 日常の出来事