「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
すべてなど知ってはいない。
孤独を分け合うことができるのか、って考えてみた。
できない、とおもうのは僕のほう。

孤独は染められる。のだろう。
同じ空を見てるのに、うわべだけ撫でられると、寂しいやつだと思われない。

お前なんかにできないと、話を聞いた段階で馬鹿にされることも多い。
私も努力をしているということを、わかってもらえないなら、
喜びも悲しみもむなしいだけ。

同じ時間を生きていくなら、染まりたくない。有識者でなく自分である程度判断できるよう努力したい。
基本一人なので、時に頼りなく心は揺れる。
そもそも揺れるものだ。可笑しくない。揺れたことを自覚していれば動揺は過程であって努力の跡。

そういう風に、根拠はないけど私はわりとガチで思っているんだ。


c0008771_23363035.jpg

[PR]
by premiertack | 2015-11-25 23:53 | 日常の出来事
エリちゃん。
今週の競馬エリザベス女王杯の総括をしたい。

当初、このレースは結婚がキーポイントと思っていたが、
結果、信仰というものが鍵だった。。

マリアライト。キリストの母もしくはマグダラのマリア(?)は正しい。
キリスト教の女性は正しいが、キリスト教の男性は正しくないと考える。
自分が常に強い立場でないと精神が安定しない未熟な男性が権威に走ったりもする。
でもキリスト教は、たぶん仏教よりも正しい。。
ダメなやつがダメなやつと、互いに悪いところを見ずに勝手に許しあって反省しない。
それが仏教ですか?。

と、長くなった。
とにかく、マリアライトが勝って、表彰式ではお釈迦様、釈ゆみこさんが品物をマリア様の関係者に贈呈された。



c0008771_23295252.jpg
c0008771_2330587.jpg
c0008771_23301624.jpg
c0008771_23302652.jpg

[PR]
by premiertack | 2015-11-16 23:51 | 日常の出来事
いらっとして眠れない夜。
私は人のサポートをしたりするのが、昔から好きだった。
大きくなると、一くくりで人助けが好きと思うようになった。

がんばれと影で思ったり、話を聞いたり、推測して先回りをして手助けのものを置いたり、
身の回りにいる人が喜んでくれることを考えるのが楽しい。

だけれど、そうは思わなくて、助けてもらうけど私は助けない、という人もいたりする。
大体女の人は助け合うことが得なのは肌で感じる人は、よく見分けががつくけれど、
不自由なく、自分の力で自惚れ気味の忘れっぽくて身びいきの内弁慶のはやたみたいな人は、
自分は助けてもらっても、言い訳を対象者でない、別のところに吐いて勝手に忘れるのだ。

こういう人は、私がいくら人助けが好きでも、助けてあげたいという気が失せて、
なんで、私よりも恵まれているのに、現状に満足せず他人を管理したがるのかと思う。
助け甲斐がないなあ、と思うし、私自身も彼らから助けてもらうこともなく、逆に陰口叩かれる。

ひろさわにしても、主観が固定されて、自分が攻撃されるとして構えることしかしない。
パソコンにたとえると、ウイルスの定義が更新されないというか、はやたも含めると、
10年前のパソコンは確かに高性能だったけれど、アップデートもしなくて、
処理能力もこまめに向上させているが、他のパソコンも高性能になって、とそんなに変わらないか劣っているのに、
まだ自分は高スペックとしての対応しかしない。
教育の現場の人間の癖に、自分のかかわった相手が、その過程においてサービス対象の相手も成長しているということを認識しない。
馬鹿にえさをやっても相手は馬鹿のままだと認識したまま、見下した対応しか帰ってこない。

階級性が厳密にされている割には、階級間の素養はそう大差がない。
というか、オリジナリティクリエイティブさのないイエスマン気質ばかりの人間をよくこんなに集めたものだし、
能力のさして変わらない、ただたまたま階級の違う人間をよくよく首の切れるもんだ。おかしい。
実務の時間の分、確かに多少は仕事ができたとしても、そんなに威張ったり勝ち誇るものでもない。


一億総活躍だと、私は活躍しているが、活躍しても損だ。こんなんじゃ。
はやたやひろさわが私の生活ラインの社会保障給料まで下りてきてやってもらわないと、
こっちも人助けのし甲斐がない。
私の給料を上げろとは言わない、せめて無能なはやたを私のラインまで引き下げろと思う。

助け甲斐のない人を助けるのは面白くない。だって、私よりも恵まれているのに、私は助けても見返りに助け返してくれないのだもの。それで自分は優秀で、忙しいから自分のことで精一杯だって対応しかしてこない。

もうキャリアアップなんて現実味が何ぼがんばったって知れているものだし、
才能のない、こちらが人助けのし甲斐のないはやたみたいなののキャリアダウンを願うばかり。
がんばっても報われないということが、往々にして普通にある、お前は才能があって報われているのでなく誰かの気まぐれでたまたま現状の地位にある、ということをちゃんと実感してほしい。頼むでしかし。


c0008771_2133241.jpg

[PR]
by premiertack | 2015-11-09 02:49 | 日常の出来事
ノートラブルーデイを願う。
天皇賞がラヴリーデイが勝ったという。
2着にはステファノスということだった。

いろいろと、天皇賞を総括として考えてみた。

いやな気持ちとか思いは、捨て離す(ステファノス)ことにして忘れてしまおう。
そうして、毎日を楽しく過ごすことに重きを置けということかもしれない。

なかなか難しい。
c0008771_23324058.jpg

[PR]
by premiertack | 2015-11-01 23:50 | 日常の出来事