<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
年初。
今年に入って、回数が安定しないようになっているのか、
精が変わった調子になっている。
1/6 1/13 1/25 1/28 ともう4回目となる。
今日のは、少し多い目だが水っぽく、他は少し固まり気味。
すぐ目が覚めるかどうかで、水っぽさも違うのかもしれないけれど。
昨年は10月と11月に2ヶ月半ほど全く出ていないようだったりするので、
出るのがどうだとか、出ないのがどうだとかも、
心と体の緊張とか疲れとかのバランスの妙で出やすさも関係するのだろうか。
[PR]
by premiertack | 2011-01-28 08:27 |
停滞と追欲。
ここのところ1/10あたりから、毎朝何らかの少し苦しい夢を見る。
昔の事だったり、今の様子だったり。最近、特別のようなとき以外、
めったに夢を見ることもなかったのに、毎朝というのは少し不思議だ。

今週半ばくらいから、少し気持ちが重い。
気晴らしに、と思うと、怠けている自分と感じて動けなくなり、
しなければいけない、と思うと、ものすごく慎重になる。
結局、無為に時間が何もなく過ぎていく。これとした用事なきが救い。

欲求が大分高まる。高価なものが欲しい波のようなもので、
新しいカメラが欲しいようになってくるし、一眼ボディ。コンデジまでも。
パソコンをみれば、現状充分なのにパーツを見ると、M-ATXで組みたい、
とか、言語関係とかぜんぜんわからないのに、達成だけ欲しいみたいな。

スキャンスナップを購入した。電子化の雑誌等を見ると、流行っている、
となれば、世の中こんなになっていると、今更驚いて参加したくなった。
OCR(?)というテキスト認識だと本文の検索ができる事。あと、
個人的に中古書買う際に、内容は興味が惹かれるが、状態質感が好まない、
という本を、電子書籍化してしまえばちょうどいいのではないか、との事。
1980年程度の本だと、状態質感で買わなかった面白そうな本も多かった。

電子書籍の端末もたくさんあって、少し迷っているのもある。
雑誌を対象外とすれば、キンドルが好みの一番かなあと思う。
読み上げの機能、ってどんなのかわからないけれど、例えば思う、もし、
電子書籍の流通の革新は、本だけでは味わえない、国語の輪読のような、
有名声優さんが音読してくれて、自分は本文を読む、といった、
スピードラーニング、視覚と聴覚の融合、といったスタイルかもしれない。
と、今更ながら思った。(2ちゃんねるとかみていないし最新はわからん)

いつも寄らないところに、たまたま寄って、ちょうど欲しかったものが、
安くなっていて即購入した。後から考えると、これがこの値段で、
というのは、部屋の中を見るといろいろあることに気がついた。
見るたびに自己満足するけれど、それだけこまめに見ている、(時もある)
のと、成功体験は結構うれしい記憶でインパクトもあるのかもしれない。
[PR]
by premiertack | 2011-01-23 01:34 | 思う事