「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
省みる。
一昨日(昨日?)、笛のことなど偉そうに書いた。
省みると、やはり今日笛を吹いてみると思うように鳴らない。
技術うんぬん以前に、知ったかぶりをして、
足りないところを正論だと主張する。
さも、玄人のように。本当の玄人は知っていても、
時節を待ち大事なときしか語らない。

原点に戻る。日記だ。日記に正当性は必要ない。
事実と少しの感情を思い出せればいい。
と、だいぶん荒っぽくて文章として少し意味不明だけれど、
今日思ったことを残しておく。
[PR]
by premiertack | 2006-02-28 23:27 | 思う事 | Comments(0)
何が起こったのか。
普段2~4人の閲覧者が先週末一気に14人になった。
悪い人に見られている、とか利用されるとか、考えるから、
怖くなるのであってか、なかなか難しい。

先週は不安で卑屈な言葉しか出てこないし困った。
言葉が出てきたら、とたんにアクセス数が増えている。
何が起こっているのか、どうなるのか少し訳が分からない。

来週には統計が消えてしまうので、記録を残してく。
なんとまあ、珍しい出来事だった。
ふむ家にいるとなんか数が気になってしまう、
出かけている間は気にならないのに、難しい。(記事修正3/1pm1:43)
c0008771_13252222.jpg


More
[PR]
by premiertack | 2006-02-28 06:00 | 日常の出来事 | Comments(0)
音が鳴りにくい。
c0008771_13503770.jpg おとなれど 吐息が漏れる 若の笛
空も湿って、雷鳴も聞こえる日曜の朝。
雅楽器の練習会に参加。人前で吹く笛は鳴りにくい。
特に横笛は緊張すると吐息だけ漏れて、
音が鳴らないということがあり、精神状態が音色に響く。
(今は音がまったくならないということは無いけれど)
若くなければ肺活量がないと苦しい。
それだけに若さと老練さがバランスが難しい。

More
[PR]
by premiertack | 2006-02-26 21:31 | 歌・句 | Comments(0)
なんとなく。
c0008771_1337832.jpg 逢い見やずとも 昔はものを おもはざりけり
昔は何にも考えていなかった。と、思うことも多々。
百人一首というものを昔全部覚えようとしたけれど、
結局60首くらいで断念した。いい歌たくさんなのに、、。
というか時間が経つと三歩進んで二歩下がる。
結果、好きな歌をたまに思い出す程度。まあいいけれど。

しのぶれど いろに~ の兼盛(?)の句、と
恋すてふ 我が名~ 忠見(?)の句を歌比べする。
やっぱり、しのぶれど、がいい。と思うのは先入観だろうか。
[PR]
by premiertack | 2006-02-25 23:50 | 歌・句 | Comments(0)
がいしゅつ。
c0008771_0584441.jpgここ一週間のところ、かろうじて食事作りの家事だけ、
それ以外の時間は机に向かう時間も少なく、
どこへ出て行っても元気がなかったが、
今朝はなぜか朝5時に目が覚める。
フィギュアスケートを生で見て一眠り。
すると、落ち込んだり悩んでいるときには不意に、
不思議な(?)夢を見るもので、自分の足りないところ、
c0008771_0492990.jpgが、なんとなくすっと夢を通して落ち着くような気がする。
昼過ぎまでは頭の整理でぐらっとしていたけれど、
気を取り直して外出する。すると元気が出てきた。
山に登ったのだけれど、歩くと頭はすっきりする。
外出をすると、前向きになれる。誰も寝やぬべし。
謎は3つ死は1つ。謎は3つ生は1つ。ツーランドット、か。
観だしたら止まらない。氷が炎になるのかツーランドット。
[PR]
by premiertack | 2006-02-24 23:58 | 日常の出来事 | Comments(0)
遠回り。
遠回りかもしれないけれど、好きなことする。
何度仕事の事を考えても、そこに行き着く。

この時期、しんどいのは私だけではない、
というよりも、外へ出てもしんどそうな人だらけ。
ガラスに映る私の顔はひどい顔。見てられない。

まず、自分が元気でないとしんどい人を助けられない。
そう考えると、無い勇気をふりしぼるように、
無い元気を搾り出したい。

蛇足。
[PR]
by premiertack | 2006-02-22 23:01 | 思う事 | Comments(0)
見つける道。
道を教えてもらえない。頭の中真っ白。
教えてもらっているのか。気づかない。
知らないことばかり。恥ずかしいことだらけ。
今月一杯ここのところちょっとゆっくりしよう。
[PR]
by premiertack | 2006-02-18 00:00 | 思う事 | Comments(0)
1時間7.54km468kcal。
c0008771_187255.jpg昨日運動をした。このままただ筋肉痛になるのは嫌だ。
それならば、少し足腰を強化しようと考える。
仕事の事も考えねばならぬが、
気持ちだけでもまずは若さを取り戻そう。
走り出したらまだ世の中に追いつく、はず。
[PR]
by premiertack | 2006-02-17 18:12 | 日常の出来事 | Comments(0)
雨を避けたロッカールーム。
c0008771_10541996.jpgいらいらと家で居ても仕方ないので、公共のスポーツジムへと向かう。順調に汗を流そうと思っていると、20代半ばくらいの二人組みが談笑しながら動かずジム機器に座っている。
腹が立ったので強引に言った。「人が運動しているときに笑い声がすると腹が立つ。クラブ活動を真剣にしているときに、控えの選手や後輩がけらけら笑っているとレギュラーの選手やc0008771_116284.jpg先生はどうしますか。喋るのは構わないが笑うのだけは辞めて下さい。」という。こういうのは言う方も気まずい。これだから腹が立つ。とはいっても民営のジムに行くほどの意欲も無く愚痴ばかり。どうしたものか。運動した後買い物。隣町のお肉屋さんのチキンのみそ焼きが無性に食べたくなったので出向くも休養日。また次回いつかあの味にめぐり合いたい。
[PR]
by premiertack | 2006-02-16 23:53 | 日常の出来事 | Comments(0)
やけっぱち。
c0008771_19364848.jpgじいさんとばあさんのお供で病院へ。
途中、職業安定所に抜ける。1時間経てども呼ばれない。
今までこんなに混む事は無かった。再度夕刻に向かう。
2月は職業安定所が忙しい。それが今の時勢なのやな。
それだけ区切り仕事が多いということかな。
ともあれ、やけっぱちになると開き直る自分も自覚した。
昔は開き直ることもせず、黙り込んで素直に聴けたのに。
c0008771_2011826.jpgでもいつからか、やけっぱちが少し恥ずかしくなくなった。
最近、開き直ってありのままを訴えると、
私の為に理解しようと対処してくれる人がいる事を知る。
そんな簡単な事もわからなかった。
開き直りは奥の手。ここぞに大事にしておかないと、、。
少しやましいところがあるから開き直りなのかな。
不惑で自我が無いと開き直りではなく平常なのだろうし。
[PR]
by premiertack | 2006-02-15 20:13 | 日常の出来事 | Comments(2)