「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
キッスⅢ。
c0008771_283060.jpgオークションでCANON EOS Kiss Ⅲを手に入れる。
6600円だった。早速試し撮り。動作も映りも問題なし。
同時に前回24枚中2枚しか取れなかった1000QDも、
一緒に試し撮りしたところ全コマ撮影できた。実用化。
使い物にならないと思っていたけど掃除してよかった。
同時に75-300mのズームレンズも買ったが、(右)
こちらはジャンク品の為実用化できず。1100円だった。

c0008771_2223657.jpg妹の結婚式が間近だし望遠レンズがやはり欲しい。
とはいっても高い値段なら見送ると思う。チェックやね。
安くで欲しいな。300mとはいわず200mでもいいし。
ともあれKissⅢは、結構人気があるみたいなので、
比較的安い値段で手に入れられてよかった。
次の目標はEOS5、5QD、55あたりを1万円くらい。
安カメラコレクターになりそうな自分が怖くて楽しい。
[PR]
by premiertack | 2005-09-30 02:35 | カメラの勉強 | Comments(0)
半信半疑。
阪神タイガース優勝。
なんとなく実感が湧かない。昔よりもたくさん試合を見ていないからか。
テレビでは巨人が弱くて張り合いが無いみたいなことを言うような世論。
でも、正直私は巨人が強くても弱くても興味が無い。強かったら憎いだろうけど。
ビールかけを見る。阪神の選手がビールかけをするのをほとんど見たことが無かったので、
こんなへんてこな乱痴気騒ぎははっきりいって嫌いだった。(夢を売る商売なのに壊すし)
けれど、鏡割りの際の今岡選手の音頭に感動したので、まあこれも仕方なしでよいかな。
ともあれ、今岡選手の言動はとても心強く頼もしい。やっぱり今となっては一番好きかな。
過去の一番好きな選手は掛布選手、新庄選手、藪投手かな。みないなくなったけど。
それに鳥谷選手好き。入団当初は藤本選手派が多くて「鳥谷えーやん」て言えなかった。
なんか今岡選手と同じような感じの期待と、掛布選手を思わせる雰囲気(勝手だけど)。
あとは赤星選手と福原投手の同級生コンビも大好きだね。たまらんね。
それと井川投手ね。私話に聞いても、南海からきた江本投手の実際を見てないので、
江本っていうのはようするに井川みたいなもんなんやな、と、とても応援しているよ。
結構井川投手に対する風当たりが強いけれども、温かく見守ってあげて欲しいと切に願う。
状況は違うけれども、新庄も藪も大リーグへ行った。ポスティングを認めないんだったら、
せめて井川投手が投げるのがが嫌にならないように風当たりを強くしないで欲しいです。
力には力で押さえ付けたり、マスコミの曲解はやめて欲しい。風潮を作るし。
って上手く掛けなかったけれどそんな感じ。
と、だらだらと好きなことを書いてしまった。
それと、前回優勝時(?)に書いた文章を記念に貼り付けておいて終わりとします。
おめでとお~。

阪神タイガースに捧ぐ(2003年7月13日作)

阪神タイガースは強い。いつもこの言葉は強がりだった。
「和田って毎年3割打つんだよ」 「田村ってかならず抑えてくれるよね」
「藪って負け多いけど防御率2点台なんだぜ」 
「新庄より華がある選手はいない(春先は特にいい)」
こんな個人的な選手の成績を、強さの根拠にしていたところがある。
そして、平尾は化けるかも、萩原(誠)早く芽を出せ。なんて一喜一憂。
しかし、今年は違う。本当に違う。優勝間違いなしである。(少し不安はやはりある)
巨人系解説者が毎年のように言う言葉 
「阪神が強くならないとプロ野球は面白くならない。」
この言葉は今年は聞かない。
むしろ 「セリーグの火を消さないためにも他球団には頑張ってほしい。」 である。
ここまで阪神が勝つと、他球団も頑張れと思うのは多少ある。
しかし阪神ファンほど一勝のうれしさを知っているのだ。

[PR]
by premiertack | 2005-09-30 01:35 | 世の中の話題 | Comments(0)
がんばらなくっちゃ!。
c0008771_18212434.jpg最近は眠る前には「めぞん一刻」を読む。
最初の方はなんとなく全然面白くないのだけど、
勢いがついてくるともう止まらない状況になる。
中盤から読むことも多々あったり、
気に入ったところだけ繰り返して読んだりもする。
正直、小さいときには全話読んでいなかったので、
失業中にテレビの再放送で一気に見て泣いてた。
ところで、五代君がA型。八神さんはAB型。
と血液型の話が出ている。解説本によると、
響子さんの血液型はAB型に違いない!と断定。
だが私はAB型ではないと思う。OかAやないの?
って思うんだけれど、、。(惣一郎さんがAB型?)
と、話がどうでもいい方向に転がっていく。
っていうか、画像にあわせて文章書こうとする
っていうことが面倒な要因なのかも。
ともあれ、響子さんに元気を貰ってがんばろっと!
[PR]
by premiertack | 2005-09-29 00:03 | なんとなく | Comments(0)
譲り受けたノートさん。
c0008771_18204692.jpgハードディスクを抜いたノートパソコン「ラヴィ」を頂く。
使用感はあるものの立派なノートパソコンに見える。
ハードディスクを40Gで見積もるとして8000円。
OSにウインドウズMEを乗っけるとして8000円。
16000円かかるなあ。CDとDVDのドライブが、
ほぼ読み込めないって事も聞いているしリスクは大きいか。
ともかくいじり方も難しい。勉強せなあかんにゃけれど。
見た目はしっかりしてそうでも使えない残念なもの。活かしたい。
これは自分とダブってしまう。なんて考えるともう駄目になるねえ。
[PR]
by premiertack | 2005-09-28 01:32 | 趣味のせかい | Comments(5)
カメラ僧。
c0008771_18104459.jpg先日オークションで手に入れたカメラさん。
EOS1000QDなのだけれど、シャッター幕に難があり、
24枚撮りフィルムで2枚しか撮れないという惨事だった。
仕方が無いのでシャッター幕の掃除を徹底的に行った。
写真屋さんに持っていく。前の所有者が少しいじったよう。
素人の掃除はかなり駄目だと言われた。
しかしながら綺麗にするとシャッターは2台とも落ちる。
その音と綺麗にシャッターが落ちるのを見てるのが幸せ。
[PR]
by premiertack | 2005-09-27 18:19 | カメラの勉強 | Comments(0)
十字軍。
久しぶりに馬券を買った。なんとなく記録として残しておく。
神戸新聞杯。人生初の三連単を当てた。安いけれど。やっぱ複勝が得意かな。
オールカマーもホオキパウエーブの複勝で今日は完璧だったな。
ともあれ、ローゼンクロイツは後ろ足の送るのが少し固いような気がしてひやひやだった。
これでインターネットで馬券を買い始めてトータルで黒字になった。うれしいな。
c0008771_16102953.jpg

[PR]
by premiertack | 2005-09-25 16:12 | 趣味のせかい | Comments(0)
犬山の図書館。
c0008771_159492.jpg名古屋へと足を向け食事。腹一杯食べた後見上げると図書館。
図書館雑誌にそういや犬山の図書館の紹介がされていたなあ。
いうことで一度中に入ってみる。少し薄暗く落ち着いた雰囲気。
入り口近くにはご自由にお持ち帰りくださいと、寄贈図書と、
図書館自体の廃本が置かれているので、散策。
天文ガイドの雑誌などを貰って帰る。天文の雑誌って普通に、
生活していたら買おうという気にもならないし、ちょっと楽しげ。
家に帰ってみてみると望遠鏡の宣伝が多数で記事は半分ほど。
でも、レンズの事とかってカメラとも被るのでさらりとみても面白げ。
[PR]
by premiertack | 2005-09-23 02:07 | 図書館・文芸 | Comments(1)
旅人。
c0008771_1373598.jpg大見得を切って旅に出た。目標は岡山。交通手段は徒歩。
家にいていても落ち着かない感じだったので一大決心。
朝の7時に家を出る。道中太陽は照って暑くて喉が渇く。
大津に昼間の12時くらいに着いて結構いけるかもしれない、
と思っていたのだけれど、逢坂の関を越える位から疲労困憊。
数十メートル歩いたらもう立っていられなくなり始める。
立ち止まると負けと思いながら必死で山科を抜けるも、
裏道を通ったからか食事するところもなく汗臭くて入れる店もない、
やっとの事で伏見区に入って食事。ご飯を食べて休むと、
多少回復するが、体の痛みは休む前に比べて痛くなっている。

c0008771_1442463.jpg深草に出て高校時代を思い出し伏見桃山御陵へと足を向ける。
10年前と同じように高校生は砂利道を走って汗を流す。
その光景をただ見ているだけというのは心苦しい。
あんな風にしんどい事も軽々こなせていたのになあ。
と、感慨に浸り、近くの乃木神社へと参拝。乃木希典を祀る社。
雰囲気がちょっと思っていたのと違い多少落胆。
その後御香宮にお参り。名水を飲むものの体力不足。
結局中書島まで着いたものの宿が見つからず、風呂に入る。
風呂に入ると体中が痛むのでもう旅は無理と判断して帰宅。

帰ってきてから二日間、階段を上るにも一苦労。体が動かず静養。
教訓。体を鍛えていない人が急に体を動かしても体を壊すだけ。
人間は急には強くなれないし、体力は気力でカバーできるものでもない。
でも、体力と毎日精進する気力とが合わさって大きなことが出来る。
それと自分の力を推し量って無理せずっていう計画性も大事だね。

ともかく、無念極まりなく、恥ずかしく、悲しい旅は一日で終わりました。おしまい。
[PR]
by premiertack | 2005-09-22 01:55 | マイイベント | Comments(2)
児童心理2月号から。
子供が感情を爆発させる問題や、社会的に許容しうる範囲を超える形で欲求を表現する問題、一度不快な感情に火がつくと、その状態が抜け出せない問題が、最近、注目されている。そして、確かにそのような子供が増えているとの印象もある。
これらの問題を、筆者は「感情を抑えられない問題」と括りたくない。なぜなら、これらの問題を、そう括ると、「感情を抑えればよい」、と答えるものが出てくるからである。そして、怒りや悲しみなどを感じないように、表現しないようにという方向に流れ出す。軽率である。あるいは「命の教育」や「道徳」「倫理」が叫ばれる。訓話や説諭が繰り返され、スローガンばかりが叫ばれる。だが、この問題解決には役立たない。
確かに現象としては、「感情を抑えられない」問題かもしれない。行動面で見れば、「わがまま」に見えるだろう。しかし、「感情を抑える」のでは、問題は悪化する。「わがまま」なので「我慢させる」という方向に進むのも、大きな間違いである。
この問題は、感情、特に不快な感情を、動因を表す信号として受けとめられなかったためにおきた問題なのである。それを、社会的な意味を持つ表現に、価値付けできなかった社会環境側の問題なのである。  (略)
「感情を抑えられない」問題は、「感情を抑えればよい」とか、「我慢を教えればよい」というレベルの問題ではない。この問題は、感情を自分の欲求を伝える信号として扱えない問題である。感情を出すと即座におさえられたり、感情を出す前に手を打たれたり、感情を出した甲斐もないがゆえに作られた問題である。  (略)
周囲に伝えたかったことを改めて探る。怒ったり、泣いたりした原因でなく、そのことで周囲に伝えたかったこと、わかってもらいたかった真意を探る。  (略)
感情を抑えれば、問題は悪化する。不適切な感情表現と環境との不幸な相互作用が重なっていく。年齢が上になるほど、感情を適切な信号として表現することを学びにくくする。これは、問題を先送りし、先々で、より大変な問題を準備させる。
我慢を教えようとしても、感情に打ち克つことは無理である。感情は我慢させるものではない・社会に通用する形になるように、感情表現するのを手伝うのが基本である。不快感のトンネルを抜けるまで誰かに付き合ってもらえた人だけが、感情を調節できる。「我慢せよ」と、関わるだけでは、不快な感情に耐えられるようにはならないのである。 (以下略)

と、最近悩んでいることをちょっと挙げてすっきりしておきます。
ともかく、児童心理という雑誌は結構面白い。自分にも当てはまるの多いし。
ともあれちょっと旅に出たくなったので少しばかり、ブログの更新はストップします。
帰ってきたらまたはじめようと思います。そんなところです。
[PR]
by premiertack | 2005-09-12 21:07 | なんとなく | Comments(2)
選挙。
朝7時ニュースで選挙が始まる、とみてすかさず投票に出かける。
いつも投票用紙に記入するときに緊張して間違って書き直す。
今回も二箇所書き間違えた。
朝一番かと思えばもう既に投票を済ませた人々も見受けられ、
世間様は早起きだなあと、少し落ち込む。
[PR]
by premiertack | 2005-09-11 08:58 | 日常の出来事 | Comments(0)