「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:趣味のせかい( 118 )
2万4千円で何が買えたか。
今年の競馬道楽。
出費が 332,700円 払い戻しが 308,490円。
負けが 24,210円 となりました。(後半負けすぎた)

ハイライトは、1/15のショック後直週にダノンバラードで当たったのと、
もひとつはダービーのキズナの二つに関しては印象深く、
ダノンバラードは、このしんどいのが5万円の勝ちでチャラという切なさと、
ダービーは他に強い馬がいたとしても、すべての要素がキズナの勝ちだ、
とにかくがんばってくれ、という珍しいくらいの勝負の縁が詰まっていたこと。

買っていない馬券で最も印象深いのは、
ジェンティルドンナがデニムアンドルビーを連れてきたジャパンカップ。
日本ジャパンが世界に誇れる強さというのは女性だということ。男ではかなわない。
結局オルフェーブルは女性相手だと潔く勝ちを譲るような馬だったしね。
マックインは調教本気出さないとかステイゴールドは横に馬がいるとうれしいとか。
あんまり詳しくないけれど、歴史を思えるというのもいいなあって。

長くなってしまった。
お馬さん、ピンチのときに道を見させてもらってありがとうございました。
ということかな。人でなくても、本気の勝ち負けを見ると、
本気って、生きること詰まってるねって。

c0008771_2104247.jpg

[PR]
by premiertack | 2013-12-24 21:00 | 趣味のせかい
きょうもいてて。
少し前、「悪霊退散 ICBM」、って言っている子供がいたので、
それはいったい何だろう、って検索した私は少し恥ずかしい。とほほ。

c0008771_030845.jpg

[PR]
by premiertack | 2012-12-13 00:33 | 趣味のせかい
あの人たちの笑顔を力に変えて。
生写真には、なにかしらの敏感な霊力がある。と、少し妄信している。
だから値段が高くても、魔力を得るためについつい買ってしまうのだ。

物質に対する思念が残存するとすれば、憧れや夢をたくさん良いように受けた、
写真を見て所持すれば、自分の霊力として取り込まれた運気がUPする。と、仮定する。
なので、傷が多い生写真は、大事にできなかったという負の残存思念が、
かかっている可能性があるけれど、負の状態でも愛情をかけると蘇る場合もある。
となってくると、霊力のようなものを物質的に購入ができるのだ。

と、先週末ホビーショップで結構な額を出して写真を買った事を正当化してみたよう。
高柳あかねちゃん40枚セット、小谷りほちゃん37枚セットとかなり思い切った。
これで、この二人に思念がジェムとしてたまっていきますように、と馬鹿ですみません。

c0008771_20524484.jpg

[PR]
by premiertack | 2012-11-26 20:54 | 趣味のせかい
ゆっくり。
昔渋谷の駅前で書いてもらった。
明日はゆっくりします。おやすみなさい。

c0008771_0212489.jpg

[PR]
by premiertack | 2012-11-23 00:24 | 趣味のせかい
でらのほう。
c0008771_20223824.jpg永遠の青春の記憶はデラべっぴんとともにある。
高校生のとき、毎月発売日を待って待って待った。
モデルさんにときめいてて、いやらしいというも、
綺麗で尊厳とも通じる美しさがあった気がする。
散々勝手な曲解になることをいとわないけれど、
なんども、でらべっぴんありがとう、ありがとう。
ありがとう、でらべっぴん、といえる感謝がある。
[PR]
by premiertack | 2012-11-12 20:30 | 趣味のせかい
迫る闇。
c0008771_20165084.jpg篠山きしんさんのアカルイハダカという本を、
2冊購入した。たしかになもんで、
アカルイハダカとクライハダカだと、
完全にアカルイハダカ一択になるものね。
結構暗い乗り気でないのを見るのは、
心苦しい面があるのは確実なのだけれど、
説得力がどんどんゼロに近い言葉になった。
[PR]
by premiertack | 2012-11-12 20:20 | 趣味のせかい
悲観的。
c0008771_2353594.jpgブラームスのCDを引っ張ってきた。久しぶり。
ロリ=マゼール指揮の交響曲4番のDVDを、
を繰り返し聴いて泣いてた時期があった。
ちなみにブラームス交響曲2番は聴いたことない。
聴いてしまうとこの世に未聴交響曲がなくなるから。
1番の卒業式的なのとか、王様のレストランとか、
よりも、4番の刹那的なのが心に響くかな やはり。

c0008771_011064.jpgあと名曲探偵アマデウスで仲道郁代さんが弾く、
ショパンの「革命」でもたくさん泣いたなあって。
この仲道さんのがCDよりもとても気に入ってた。
革命の成否とか、ジョルジュサンドがどうとか、
考えたとしても、ややこしく考えないで、素直に、
いい歌だから聴いて泣くのでいいんだろうね。
ちょっとよくわからないや、てへとほ。ごめんなさい。
[PR]
by premiertack | 2012-11-05 00:21 | 趣味のせかい
ジェントル。
c0008771_2292118.jpgかねてより見に行きたかった京都競馬秋華賞。
ジェンティルドンナの牝馬三冠がかかるレースで、
私としてもかなり久しぶりに競馬場へ行った。
家に帰ってきても、まだにおいとか、眼差しとか、
いろいろと思い出されてくるほど、刺激があった。
また何かの想いとかきっかけでレース観れたらな。
下のほうに凄く主観的な観戦記の文章を残します。

c0008771_22191731.jpg

c0008771_22193489.jpg

c0008771_22195678.jpg

c0008771_22201097.jpg

c0008771_22202573.jpg


ジェンティルドンナの走りが観たかったので、京都競馬場へ出かける。
風景ががらりと変わっているのはどこもかしこも。

前回来たのがスイープトウショウの秋華賞で、その前来たのはファレノプシスの秋華賞。
このレースは個人的に転機のときにきていることが多いし、結構的中する。

とりあえず、雰囲気を楽しんだ。久しぶりに不良(ワル)に戻ったようで少し恥ずかしい。
パドックを実際見ると、なんとなく勘のようなものが働く感じもするし、
自分を含めろくでもないおじさんがいっぱいいるのがよくわかるし、
びっくりするのは結構女性が多いのと、写真を持っている人が昔よりとても沢山。

長い前置きが沢山になった。

ジェンティルドンナ(馬)を実際に見てみると、なんかキュンとくる気がする。
胴体がすらっと長く伸びて、腰の位置が個性があって、シルエットが素敵。
だけれど、周囲のプレッシャーとかいろいろ感じるところが多いのか、
ジェンティルドンナはものすごくピリピリしているような感じがして少し心配だった。
目の前を通り過ぎるときに、首をキーって引っ張って突っかかったので、
思わず、「ごめんね」、って私の口から言葉が出てきて、横の人が少し変な顔をしてたが、
それくらい応援していたのが、なんか口から言葉が勝手に出てしまった。

岩田騎手もサークルに出てきてジャンプして体をほぐしていたし、
ジェンティルドンナに乗る前に、キスをして乗り込んだのに鳥肌が立った。
本場場に入ると、ジェンティルドンナが岩田騎手を振り落としているし、
久しぶりのレース観戦の私は、どきどきしてきた。

レースが終わると、佐々木元投手はじめ他の関係の方に申し訳ないところも沢山だけど、
ジェンティルドンナが勝っていてほしい、って思って長い写真判定を待っていた。
スティルインラブと幸騎手のように、なんかロマンというか三冠の華を勝手に投影してた。

結局お金がどうというのではなくて、楽しくたまに自分のこと思い出したりいい時間だった。
明日からまた頑張らなくっちゃ。楽しんだんだし。ねえ。
[PR]
by premiertack | 2012-10-14 22:18 | 趣味のせかい
馬ぼくぼく。
少し松尾芭蕉の本を読んでいたら、松尾芭蕉忍者説とか、
そういえば墓は義仲寺で大津パルコの近くだったなあとか、
師匠は北村季吟だったとか、いろいろと思い出してきた。
ざっくりだとこの流派は、俳句にしゃれっ気を出す流派なのね。知らなかった。

で、そういうからか知らないけれど、まだ少ししか読んでないけど、

  馬ぼくぼく 我を絵に見ん 夏野かな

って言う句が気になった。 馬ぼくぼくっていうのが、
馬が僕、僕。みたいな感じで印象に残った。

ので、今日は今週の競馬の予想を以下記してみよう。

土曜 阪神
 7R ナムラエメラルド - トーホウビューティ の馬連
 8R エーベックス

土曜 中山
 2R マリンルック
 3R シゲルミカン - ワキノネクサス の馬連
 4R シゲルメロン から リアルブラック
                 フクノゴールド
                 テイエムカミカゼ へ三頭流し
 5R アイリーンバローズ
 7R ロマンスリップ
 10R アナスタシアブルー
 11R アイアムルビー

日曜 阪神
 1R オシャレバンチョウ
 4R エンジェルフォール

日曜 中山
 1R ヤンキーソブリン
 5R ボンジュールリリー - レオハイタッチ の馬連
 6R キープインタッチ - フレンドメモリー の馬連
 9R レイカーラ - ゴールドスマイル の馬連
 10R ホノカアボーイ - プルプル の馬連
     もしくは、ホノカアボーイ、プルプルの二等軸で、
     ダイヤノゲンセキ、スカーレル、ディアビリーブを三連複の相手に

という感じで、たまには競馬見に行きたいな。と、自分が行動しなきゃかな、と。だと、
先週のジェンティルドンナがかわいすぎた。つなぎが長くてしっかりしてたてがみなびく。
無事だったら、京都に三冠戦見に行きたいなあ。行けるかなあ。どうかなあ。むむ。
と、長くなりました。 と、下の写真は社台スタリオンで撮ったトウカイテイオー。
このときは、テイオーの奥にフジキセキがいて、隣がサンデーサイレンスだった。
サンデーサイレンスは牧場の人にサンデー!!って怒られてた。
メジロマックイーンとノーザンテーストとサクラバクシンオーも展望台から見えたよ。
1988年生まれで、ダービー勝って年度代表馬になったのが1991年か。
そういえば、その歳高校1年だった。當野くんと松尾くんが高校生なのに、
馬券を買いに行っていて。私は松尾くんに馬券買ってきてもらった覚えがある。
勝手なことを言って、冷静になってみると頭がちょっと変でおかしいかも、私。
まあいくらなんでも、時間が経ちすぎている話だったが、話がなぜか松尾くんに戻る。
よかった。

c0008771_1191770.jpg



[PR]
by premiertack | 2012-09-22 01:50 | 趣味のせかい
今日も長くなりましたが。
私は気が弱かったので、占いは結構本を読んだ。
どっちかっていうと、タロットは苦手だったけれど、あるとき薦められて、
カードつきの本を買った。今では結構タロットの考え方が好き。

たとえばカードを引いて、愚者(FOOL)のカードが出るにしろ、
比較的好調なときに出た場合、FOOLは裸の王様的な注意喚起に、
受け取ることが多いし、不調時に出たときは、どうせバカなんだしなるようになる、
という、がんばれカードに解釈しがちだし、って自分で勝手に決めていくと、
カードは普遍の予測の提示というよりも、解決に向けての道筋のきっかけで、
FOOLのカード自体は同じでも、自分の気持ちと状況が違えば、
良いカードにも悪いカードにもなるし、そうなると結局良いカード解釈しないと、
占ってカード引いた意味ないし、ってなったら、私は後ろ向きが多かったので、
うじうじ行ったり来たりしながら、もっといい解釈をって少しポジティブになった気するし、
もう、SUNでもDEATHでも、結局出るカードうんぬん関係なく、明日頑張ろうってなる。
こういう風に気持ちがなり気味(?)になってから、タロットが好きになりました。
といっても、まだまだ解釈はへたくそだし、大アルカナしか使わないし、
正と逆とかも結構適当で、まだまだはまる、という感じではないけれど、、。
本とか結構堅苦しい感じのも多かったけれど、鏡リュウジさんざっくりして参考になった。
ただ、でもこっくりさんみたいに、タロット頼ったりするとタロットの神様みたいのが、
後ろについたりする、っていう話もあったりもするし、皆にお薦めするには少しあぶないな。

と、今日も長い文章になった。そのうえあんまり詳しくない文章だけど。おやすみなさい。

c0008771_2251269.jpg

[PR]
by premiertack | 2012-09-13 23:06 | 趣味のせかい