「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:銅像・絵画( 4 )
考える人を考える。
あっという間に碑が立つ(日が経つ)という感じで、時間が過ぎていく。
焦ったり、迷ったり、心地が不安定な場合、外出することが多い。

考えても仕方がないことを考えることも多い。
ひらめいてから、形にして追っていく、繰り返しの日常が、
なんだかあんまりひらめかなくなって、退化した自分に感じるときもある。

京都国立博物館の、ロダン「考える人」の銅像を見てきた。
以下の写真は、若干品がない写真だらけになっているが、
結局「考える人」は考えすぎで(自分もか)、写真のように端から見れば、
何してるんやろう、少し滑稽かも、ということになりかねない。

とにかく、今のめぐりだと、通常気にしないレベルのことも、
引っかかって、自分が悪い、と考えがちで、打開すべく動こうとする。
体を動かすと、頭もすこしずつ一緒に動くこともあるような感じもする。
と、外で精一杯振舞っても何が悪いかわからず、家にいるしかなく動けない、
という昔の、ものすごい陰鬱な気分に少しでも戻ってしまうのがやはり怖い。

と、愚痴をたれるものの、以前に比べ、人を気にすることが少なくなり、
いろいろと、自分ができたこと、というのが、自分を肯定してくれる。
昔は完璧でないと、できたと思わなかったし、できたとあまり感じにくかった。
できると思っているのに、できないといわれ、たら、そうかとまたなぜできないか、
自分でまた考える、やっぱり完璧でないとが、できるやん、で、自分を肯定すればいい、
と、言葉では簡単だけれど、相手も自信満々で言うから、いつも原因を深読みしすぎる。
でも、自己肯定もしだすと、世の中から浮いてしまう限度よくわからない。むつかしいね。
けれど、言えるのは、できる、できた、と思えることがあるのは素晴らしいと思える。

と、また暗くなった。実際そんなに暗くない気でいるけど、
他人から、頑張ってない、と思われるのが、ただ、怖い。

やっぱり、暗い。もっと明るい文章にしたかったのに。ごめんなさい。
c0008771_0182497.jpg
c0008771_018374.jpg
c0008771_0184844.jpg

[PR]
by premiertack | 2011-10-11 00:52 | 銅像・絵画
お釈迦様。
c0008771_2185789.jpg
東大寺の大仏よりもこの大仏さんのほうがなんか好きである飛鳥大仏。
右側から見ると厳しい顔で、左側から見ると優しい顔というのもいい。
深夜テレビの見仏記がきっかけで行きたくなり、近くに寄れたので行ってみた。
三脚を持っていっていなかったので(言い訳)シャッタースピードが稼げず、
写真はあんまりよく撮れなかった、台においてタイマーとか、
とっさだとあんまり知恵が回らず、半数ほどはもうひとつの写真。
何度も見に行きたいので、次には上手になるだろうか。
これだけ仏様を撮るのは難しいのに、土門拳という人はすごい人だなあ。
また鶴岡の記念館に行って見たいな。と、少し欲張り気味。と。
c0008771_228206.jpg
ISO400で結構ノイジーな感じもするが、現状このクラスのカメラくらいじゃないと、
高いカメラだと気を使うし、安くてそこそこでまだいいかな、と。

と、いうものの、ちょっとそろそろ替え時であるのは確か、だな。欲しい、、、
と、電気屋で触っていると、ぜんぜん違うものなあ。といってる間にまた新しくなるし、
買い時は難しいし、でもあんまり撮るのは機会が多くないし。と、変ないい訳くさい文章になった。
[PR]
by premiertack | 2011-06-28 21:21 | 銅像・絵画
芸術と今の私。
昨年くらいに芸術新潮という雑誌でアールブリュットという特集があり、
その中の芸術家の人に、調子が悪くなると自分から精神病院に入り、
自分は世の中の天気を動かす大きなものと関わっているとの信念があって、
棟のいつも窓際で天気の番人をするという芸術家(?)の人がいて、
創作のような細かい天気に関する図の作品を残している。(同一か?)
というような、少し違うかもしれないけれど記事を読んだことを、
パソコンに向かって考えていると、私は先ほど思い出した。
今私がパソコンに向かいたがるのは何かを番をしているようで、
なんか納得のいく作品を自分に残し続けなきゃ、
と意固地になってなかなかパソコンから離れなれない。
と、芸術家のでもなんでもないけれど、ちょっと自己投影した気になった。
おしまい。
[PR]
by premiertack | 2007-09-27 00:20 | 銅像・絵画 | Comments(0)
母と子供。
c0008771_20343164.jpg職業安定所で見かけた「履歴書の書き方」講習、
に出かけてきた。しかし、時間等の読みが甘く、
少し遅れてしまった。まあいいか、が今一番危ない。
帰りに散歩をする。母が子供達を見守っている。
後ろから見るとなんとも優しい気になった。
最近、銅像を見かけると写真を撮りたくなる。
[PR]
by premiertack | 2006-03-17 20:33 | 銅像・絵画 | Comments(0)