「ほっ」と。キャンペーン
時代。
世の中で何が起こったから、調べる、引き合いに出す、ニュースに首を突っ込む。

時代を追いかけているうちは、時代に追いつけない。
ずっとトレンドを追っていく、流行に乗った(実際後追いで遅れてる)二番煎じの人生。

あまり時代に触れずに、知ろうとせずに自分が動かされないようにマイペースに努める。

時代と関係ない意識で、マイペースを続けていると、たまに時代がシンクロする感覚になる。
本当に偶然に、自分の周りに今起こっている事実が、時代に同調してくる。

それでも気にしないで過ごせば、自分の跡に時代がついてくる。

「嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 君の心が 君を追い越したんだよ」
というのに似ている。

世の中の事実に首を突っ込んで変えてやろう、おかしい、正すべきだ。
こういって情報を追っていくのは、時間の無駄だ。

たとえば政治について、私自身は限りある時間を政治のことばっかり考えてられないので、
私の収入の糧である仕事に専念し、政治に関しては選挙に投票して、代議士に任せている。
私の代わりに代議(?)してるんだから、
市民の意見を聞かずに、自分の信念や意見だけで判断して物事を議論して通すような、
オレサマな代議士は素養がないのでやめてもらうべきだ。(最近多いぞそういうの)

私も前前前世から探していた人が、どうやら今世でも見つかりにくい状況になってきている。(なんでもないや)
チョコなんて別にひとつもまったくいらないから(マジで!)
うちばやきに不幸を、苦しみを、悲しみを感じさせて、人並みの苦労をしてほしいと願う。
バーレーンいきたいんでえ。の神様にお願いのコーナーでした・・・。

[PR]
# by premiertack | 2017-02-13 20:23 | 日常の出来事
不調。
体力が少し落ちているのかのどが少し腫れている。
いらいらするのか食べ物で発散したり、我慢がきかない。
よい展望と悪い展望の比率が悪い時間が増えてくる。
おなかが少し痛かったりするのと肩が重い。
ほっとすると、性的欲求がだんだん大きくなってくる。
なんか疲れて、いろいろしたいことは沸いてくるのに行動する元気がない。

と、弱気と愚痴を発散して書いて明日元気にがんばろう。うん。

[PR]
# by premiertack | 2017-02-03 23:55 | 日常の出来事
雪。
季節の反発があってか寒さがましになったからとはいえ、雪がやむのも仕方ない。
これではそのうち雪なんて、力なく消えてなくなってしまう。

もう私も季節に抗えず、ぜんぜん怖くも苦しくもないけれどしんどい。
しんどくて、思い起こすのは私が迷惑こうむった、能天気な、才能がない、
気の周らんやつらに、復讐をこめて正面きって、
誰にも言ったことのない想いを直接嘲りを持ってぶちまけたい。

[PR]
# by premiertack | 2017-01-27 19:24 | 日常の出来事
修行。
神や仏が、この世の中にいるかどうかわからない。
けれど、いないと断言する人は都合のいいソースしか見ない自己中ばっかだったし、
いる、信じる、を譲らない人は、面白くなくて共感性に欠けることが多かった。

判断をする、ということは、万が一を考える。
逆だったときの身の振り方を、含めた上で結論を確定する。

自分の間違いをなくそうとする少なくしようとするには、
正しいに盲目になるか、もうひとつはどういう場合でも丁寧に対処すること。
正しくても丁寧だと確実だし、間違ってても立て直せる。

神仏、宗教が馬鹿にされるのは、指導側の人が、
正しいに盲目で、修行の重要性を軽視して身を修めていない人が多数混じっているからではないか。
霊性がない人が、啓こうと思えば修行するしかないと私は思うけれど、
立場の人が、修行しても霊性がとれるかわからんと、思っているんじゃないか。

未完。まとまらず。

[PR]
# by premiertack | 2017-01-18 22:36 | 思う事
1/18。
1/18 AM4:40
砂利の公園のような広場で、めがねをかけたお姉さんがほかの人としゃべっているときになんか後ろに行って、そのお姉さんのおっぱいを触っていると出そうになったが誰かにとめられて見つかるかもしれないと焦って少しでもたくさん触りたいと、触り続けていると出たので起きた。昨年の10/20から出ていなかったので少しほっとした。量はそんなに多くなく、起きてすぐ確認したからか少し寒天状で硬めだった。そんなに黄色くなかったかも。

[PR]
# by premiertack | 2017-01-18 04:58 |
染まらないわたし。
私の心 あの雪のように 真っ白には 染まってくれない。
私の心 あの雪のように いつのまにか なくなるのだろう。
私の心 あの雪のように 負けないように 今を知っておきたい。
c0008771_21582926.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-01-12 22:05 | 日常の出来事
ふりかえり。
年末になり時間ができて、むらっともやっとするなあと思っていると、
動悸が不安定というか、動悸に違和感が出たまま収まらず、調子があんまりよくない。
外に出たほうがましだけれど、季節的なものか体力か心理面なのか原因がよくわからない。

***

今日はポジティブを考えていた。

私は世の中に対してポジティブを生産して、無知ではなく知で世を照らす、
ということを仕事をする上で何よりも大切にすると、考えてやってきた。(大仰か)

その過程で、私が自由で常識がないとか、そういう目で見られることも多々あった。
だけれど、私は好きで自由を垂れ流しているのではない。
自分や相手にポジティブを与える機会があると、成果があれば、
私だってこんなに恵まれてないのに、恵まれている部分のある人にここまでとか、
その分嫉妬や恨みや嫌悪感が多少生まれる。

でも、仕事として常にポジティブを生むには、いつまでも留まらず、
派生したネガティブは抱えずに早く捨てて、次のポジティブの準備をしないといけない。
ネガティブを忘れるには、手っ取り早く自分が自分の自由の範囲内で自分に許すことをする。

自由に関しては、早く忘れるための副産物だから、
ポジティブを生産する仕事をしなくなれば、たぶんこんな発散や処理をすることもない。
私なりに考えて、他人に対して攻撃的なネガティブな発散をしないための代替物だ。

立ち止まって考えると、私にはうらやましがられる要素は表面的には多いが、
実利のあるものは少ないことが多い。私がうらやんでいることばかりなはずなのに、
自分のことで精一杯なのは、結果まわりがあまり見えにくくなる。
要するに、社会はみんな精一杯がんばっている、ということなのかも知れないが、
なんとまあ、どうにかええことがもっと起こってくれんもんだろうか、っておもってしまうな。

ちょっと書くだけが長くなった。
c0008771_21185511.jpg


[PR]
# by premiertack | 2016-12-30 21:25 | 日常の出来事 | Comments(0)
よかったのに。
誰かの訃報を聞けば、うちばやだったらよかったのにとか、
強要脅迫とかで誰かが逮捕されたと聞けば、うちばやだったらよかったのに、
とか、やっぱり心に思ってしまう。

と、もうなにがなんだか。
愚痴ばっかり。今日は愚痴林記念日。いかんいかん。

[PR]
# by premiertack | 2016-12-21 03:49 | なんとなく
終わりのない旅に振り向けば君たちがいる。
今夜は暴風雨で調子悪いかも。だけれども、そんな自分も好きだから仕方ない。
なんとか大丈夫に充分しのげる家に住ませてもらえて、ありがたい。

今日は助けるって言うことを考えていた。
それで、思った結果このようになった。

無理でも一人を助けたいと心底思って、がんばって何とか助けようとするなら、
できるなら、たぶん助ける対象の人が10人にでもなろうが助けられる。
10人助けられるだけのひとだったら、努力すれば30人くらいは簡単に助けられるだろうから、
小学校の先生にでもなったらいい。というか、なってほしいし人助けに向いているのだろう。

だけど、目の前の一人ですら助けることができないやつが、
40人助けることを生業とする中学校の先生をやってたりするんだったら、わらうしかない。

結局、人を助けたいと思うなら、まず自分が助からないと他人を助けてあげられない。
私は助けてほしいから、ほかの人を助けたいと思うのだけれど、
できるのは、私が助かったところの分だけしか助けてあげられない。

お金を貸してほしい、という人にただ、貸すのが人助けとは限らない。
たすけてくれ、といわれて助けないのが、結果的に助けていることになるという場合もある。
突き放して冷たくするのも助けることだと、友情も愛情も捨てて放られた経験が、
冷たくされた側から見れば、やつは自我で冷たくしたのに、彼の成長のためと冷たくした。
結局助ける側の人は、万能性バランス性公正が必要だし、そういうのを持っている人が、
上にいけているという部分は、ある程度認めなければならないとも思った。間違ってないから。
私にも自我はあるし、公正になんて裁けない。そもそも人を見るセンスがない。
ただ、助けてくれている人に頼っているだけ。人だけとも限らないか、、、。

c0008771_19404180.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-10-05 20:06 | 日常の出来事
仮3。
妹が結婚した年の秋。
信頼していた友人と、興味があった女の子にどん底に裏切られた。

未完 10/5 pm7:38

c0008771_20490270.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-10-04 20:50 | 日常の出来事
仮2。
よく、歌手の人が結婚する友人に歌を作って大ヒット、
っていう感じのイメージで、なんか出来事に思いつきで、
歌を作るという理由で、勉強できるかもと思ったところ、
やっぱ、基礎的な勉強と練習と、書きだめて置くとか、
原型をいくつも持つとか、展開をとか地道が全然ないというところにぶち当たる。

時間あるときに、こつこつが、大きいときにパズルがはまるように、
という感じで

未完 10/5 pm7:38

c0008771_19222779.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-10-04 20:46 | 日常の出来事
僕はなぜ悩むのか。
せっかくだから、続けて読書することにした。今読める時期かも。(もうむりか)
馬はなぜ走るのかっていう本で、辻谷さんという方は競馬コラムでよく目にする。

私は理論派の人が書く、エモーショナルな文章を求めていると思った。
そのくせ、肝心の理論は飛ばし気味で「難しい」とやり過ごす。

やさしいサラブレッド学でこれだけ難しい。
もっと好きにならないと、知識は得られないのかも。。。
(だから競馬で喰えない。ってだけで考えすぎなのかな)

c0008771_23145672.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-10-03 23:53 | 日常の出来事
仮。
知らないということは、知れるということがセットである。
いつものけ者とかはずされたりした、知らされないで、
信用してもらえなかった思い出ばかりだけれど、

知らないというのは、知れるというのと、知った瞬間に対処する機会がある、
ということが面白いところで、あらかじめ用意してある、
いろいろと可能性を考える、それ以外のところにある知、
に関して、心というものは動かされることが多いと思う。

知識を詰め込む、は、機会知る機会に関して感謝感動を薄めてしまう。
いいな、と思ったときに勉強するのが一番知ることが楽しい。

いいな、楽しいな、知りたいな、は大事にしなければならない。
けれど、大事じゃないときには、知りたくない。

10/5 pm7:37 
c0008771_19474795.jpg
c0008771_19555955.jpg

c0008771_19571843.jpg



[PR]
# by premiertack | 2016-10-03 20:28 | 日常の出来事
苦瑠璃。
この週末一冊本を読めた。くるりのことという本だった。
私がくるりを聴きはじめたのは、結構遅かったのですが、
いろいろ本を読んでいると、結構わくわくするもので、
私がこれをしていたときに、とか、思い出とともに、
あー、そういう世界があるのとか、一貫の苦しさとか成績の低下とか、
なんか、いろいろ夢が広がった。

そうだったな。私は高校生大学生なんか社交性まるでなくて、
へんなプライドがあったり、肝心なところまったくなかったりで、
そうだったからこそ、無意識に人を遠ざけて今ここで笑ってくるりを聴いていられて、
応援ができるんだなって思う。(殺伐としていたのはみんな感じていたのか)

ともあれ、音楽的な話になるとまったくわからないし、
人間的なことも、あんまりわからないけれど、理由があって結果があって過程がある。
そんなものの光跡が音楽として残っている、そのうえ芸術をエンターテイメントとして、
っていうのは、ハイブリッドでセンシチブで絵でいうなら新作の3Dアートが時代に合う(?)。

本自体面白かったけれど、少し違和感もあって(あくまで個人的な主観)、
最新の(?)ピアーというアルバムが5年先をいっている、
ロックンロールハネムーンというのがとくにそう、というのだけれど、
これが何度か聴いても、音楽的なことなのか全然先進性がわからない。
そもそもこのピアーというアルバムは全体としてすごく聴きやすくて、
ずっとリピートしても、いらっと来ることがないけれど、くるりっぽいけど新しい(?)、
っていうのがわからないのだ。

でも、5年前として、魔法のじゅうたんという曲だと、何回も聴いたはずなのに、
いまさら、ピーナッツとか云々でなく、それゆけピアノってフレーズが、
なんかとても新しい感じがしたりするのが、なんでピアノなんやろうって、
いまさら私が引っかかってしまうので、たぶん、数年先には全然感じが違うのだろう。
犬とベイビーとか、何でこの曲で涙が出るとか思ったりもするし。
あと、ジュビリーのBUSにのればまにあうはず、って言う歌詞がすごすぎるし。いまここ。

なんか久しぶりにゆっくり時間を贅沢に自分のためのたのしみに読書を使ったかんじで面白かった。
そもそも、昔よく、知性がなくて粗暴で常識がなくて深く考えない人みたいに、
しゃべってたら対応されたりしたけれど、基本私熟考したり本読むの結構すきやからね。
足らん知識も結構あるけれど、よく考えないやつ的な印象けっこうされたし、、、、。
でも、まあ今は恵まれて恵まれてだから、逆に考えてなかったのに考えて見えたり、、、。
不思議なものです。私が生きていくことって。

長くなった。と、まあたぶん私はくるりというバンドをずっと応援するということですわ。はい。おしまい。

c0008771_23221225.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-10-02 23:55 | 日常の出来事
The Grey Gatsby。
季節がどんどん進んできて、感じも少し変わってきた。
かゆいのがちょっと目立つようにもなってきたし、
髪の毛の根元がしびれた感じでぴりぴりして抜けるのも多い。
寝るのも、扇風機かけたり冷房にしたり少し忙しい。

なんか少しもやっとするけれど、だいぶん気分は戻ってきた。
ひとえに前を見れる仕事と、周囲のおかげとしか言いようがない。

気になるのは6/3以来、約4ヶ月出ていないということ。
毎年夏には、なんか出ないなあという年が続いてるけれど、
秋口にタバコすったりすることが多いし、ってのもあるのか、
やっぱたまてきなところを冷やしたほうが活性化するのか?歳なのか?難しい。

今週は海外の競馬のレースが買えるということで楽しみにしている。
凱旋門賞だけれど、名前で言うと、ワンフットインヘブンていうのとか、
ファウンドていうのもめぐり合いたいていう感じでいいし、
ベイスターズがAクラスになったから、ニューベイっていうのも世界で流行るかもしれない。



c0008771_23055950.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-29 23:26 | 日常の出来事
土岐兼成。
休日前あたりから久しぶりにせつなくて胸がどきどきするようになりちょっとしんどかった。
まあでも、振り返ってみたら20歳くらいまで毎日こんな感じでせつなかったなあと当たり前に思い出した。

今、あのときのことを思うと、やりたかった、やったらどうなるのか、
自分だけ遅れている、だまされてみんなに抜け駆けされてる、友人がどうも信じれない。
こんな感じを思い出す。

結局大なり小なりで、今は小なんだけれど同じ様な感じだなあと、考える。
いろいろ考えると私も現状自信もだいぶん喪失しているし、
後悔の噴出頻度もめげるくらいはある。
でも、後悔って言ったって、あのときやれたかもしれん、
やれるのをみすみす逃している、誰ともできなくなる一歩を踏んだ、
あのレベルの人とも丁寧にすればできた可能性があった、
この程度の後悔以上の、後悔がないのが現状のせつなさの原点でそれ以上もない。

冷静になって考えれば、心はしんどい状態が素直に感じているらしく、
タバコすいたくなったりするけど、前向きに仕事のために控え気味にもできる、
すばらしい前向きさがある、のか。

最近読んだ、一投にかける溝口和洋最後の無頼派アスリートによると、
競技者の素質(?)に身体的技術的な素質と精神面の素質があって、
ただ素質があるかどうか、聞かれても種類があるっていうのが面白かった。

圧迫面接とか流行ったけれど、それって危機対応力を見るのでなくて、
しんどいときの一時しのぎを、長期短期でどう処するか見るだけで、
結局平時に、建前ばっかり言って機転とか丁寧をおろそかにする人は、
危機時にも念仏のように建前を言ってうわべだけになるのじゃないの。
普通のときに、不自然な自信を持っている人は、危機時あぶないとか、
普通のときに気が利くから、苦しくなっても周りを見る余裕があるとか、
そういう目とかで、面接はできなかったわけ。あんまりいうと自分も???だけど。
ともあれ、20年前の人事の人を見る目のなさとかは今もかわらないのだろうか。
人工的な危機なんて、本物の危機くらいに心を通わせて救いの願いで動けるわけ。
精神面を見るのに圧迫面接で判断をしようとしていた時勢の人を見る目のなさ。が。

なんか、ちょっと主観が出てきてしまった。最後のほう間違ってるかも。
あーあ。愛の納豆が食べたい。
c0008771_23304247.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-25 00:02 | 世の中の話題
人生はパズルと職人技。
子供たちにおもちゃを買ってあげたい。
私もまだおもちゃで遊びたい。いくらだせば存分あそべるんだろうね。なぞだな。
c0008771_01543677.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-18 03:17 | 日常の出来事
ララァ…私を導いてくれ!。

モビルスーツの性能の違いが戦力の決定的差ではないと言うことを教えてやる


これは、ガンダムという作品の中のシャアアズナブルのいう言葉で私はこの言葉が好きだ。

この間本を読んでいたら衝撃的な名前のアーティストを発見して驚いた。私は彼を知らなかったのだ。
以下、ウイキペディアより。

シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour、1924年5月22日 - )は、
フランス・パリ出身のシンガーソングライター・俳優である。
アルメニア系で、本名はシャアヌール・ヴァリナグ・アズナヴーリアン(Chahnour Varinag Aznavourian)。

ガンダムにおいてはショスタコービッチ交響曲5番革命が聴きたくなるというなぞのマイリンクがある。謎。

ともあれ、賃金と雇用形態の違いが人助けの効果の決定的差でないことをゲスチバヤシに教えてやる、って感じ?
c0008771_01322798.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-18 01:51 | 日常の出来事
世界は心とお金のSHOW by ショーバイミリオンスロット馬場さん百万円。
お金をたくさん稼いでいる人同士が集まって情報交換をする。
そこには、お金を持っている人が抱えている人の後ろの大きなお金とともに、
ノウハウやセンスやエッセンスが凝縮されたものが意識として顕在する。

それが人を助ける人ならば、たくさんの人を抱えた問題解決の意思が表面化する。
お金を稼ぐ方法がひとつではないように、人助けにもたくさんの方法がある。
違うやり方でも、成果が上がるし、理解できなくても過程と成果を見ることができる。
だから、正解はひとつではないし、最高もひとつではないし、そのために代議員がいる。

人の意思がたくさん集まるところでは、自分自身の頭の回転も速くなるし、
麻痺もしてしまうスピードもあったり、解を見つけれたり失敗もする。
意識の双方交流は、情報量が多すぎて処理しきれずに完璧にはならないが、
多くの道筋がついたり、立場の意識が狭まったり、過去と重なった理解と経験もある。

古来、神無月に神が集まって会議するというが、人の意思やお金の意思を受け取ったそれぞれの代議員が、
更なるビジネスチャンスを拡大のために会議をする、というのと、
神が時代の変遷と人の心の安寧をそれぞれの背負った意思を持ったまま、
交流をすごいスピードで行うということは、神様自身のためにも世のためにも良いことなんだろうと願う。

学生なんかは神無月だけではなく、毎日毎月が神在日神在月で会議をしているようなものだ。
会議が得意な人もいれば苦手な人もいる。意思を背負う分だけ交流するしない総量は内面の意思の状態に依る。

なんか書いてたらまとまらなくなってしまった。
秋って考え事に向いているのだろうけれど、少し読み返すと生臭い文章になった。
考えすぎ間違っている、そうかもしれないいろいろあるけれど、こういう状態だということを書き記しておく。
おやすみ。なさい。


c0008771_01001195.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-18 01:30 | 日常の出来事
めんどくさいで済ませていいならその話はい終了。
夏の課題として一曲歌を作ろうとしていたのだけれど、停滞。
まあなんというか、難しいのと時間が取れないのと気が進まないのだ。

メロディと歌詞は納得がある程度いって、まずギターを載せた。
これは、メロディラインから音をとって、二音くらいのパワーコード(?)
とかで、添えていけばできるんとちゃう?と思っていたが、
うまいこときれいに収まってくれない。なので、ベース音も頓挫。
それならと、そこそこの納得でドラムを入れようと思って、
ドラムを入れようとすると、まあ勉強不足なんなの、って感じで、
適当にリズムだけ取れば、かっこよくまとめれさえすればできるんじゃね。
とか考えてたけど、タムとかスネアとかにピッチがあるのね?(当然か)
となると、メロディにあわせてドラムの音程もハーモニー調和させるわけ?

ふーん。層が厚すぎて私の考えが甘すぎだった。
まあ、急ぎはしないし、少しでも知らないことがゆっくりでも知れたし、
時間があるとき、とりあえず形だけでも仕上げて、
次にはもう少し重厚な歌を目指そう。とほほ。

コード進行作って、リズム感ないのでクオンタイズに頼り切って、
ループ作って、ラップ的な視点で作ってみたいけど、まず、
現状のこだわりのコード進行が、少し見えそうだけれどかっこよくないんだ。
(まあ当たり前すぎて、、、背伸びしないとうまくなれないよね、、、。なわけないか)
c0008771_19485719.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-13 20:01 | 日常の出来事
ほんの短い夢でもとても幸せだった、せつないだけのコイウタ。
いつでも好きな歌を探し続けたい。大きくなって改めて思うが、
小さいころ好きだった歌は、今でもいい思い出。
今好きになった歌も、もちろんいい思い出。
歌を歌うと楽しい。ならば、好きな歌をたくさん増やせばいいじゃないか。
ということで、新旧問わず聴きたい歌とともに、
新しい歌も聴いて、古い歌も発掘してって思うように最近なった。

まあでも、私としても幅が広くなくて、音楽の才能もない。
だからマイペースで苦しくないくらいで、増やせたらいいなって思っている。
無理して、いいかも・・・くらいの曲は、いいって言わなかった昔の曲ほうが、
今聞いても、よく聴こえてくるような気がする。

今の時代だと私が好みかもしれないと思うのは、
サイレントサイレンとアレクサンドロス。
基本ロックとクラシックと歌謡曲が好きなのだけれど、
最近なじめなかったジャズとかレゲエとかソウル(?)とかに拒否感があんまりしなくなった。
また、ライブ行きたいな。行けるかな。もうおっさんが集まるやつのしか行かないんだろうけど。

c0008771_19284981.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-13 19:45 | 日常の出来事
消えない傷を!刻んで果てろ!ウチバーサル・ペイン!!。
-救世主の登場によって、秩序ある世界を取り戻しつつある王国を一人の女性が駆け抜ける-
彼女の名はベルベットクラウ。
その瞳には、彼女からすべてを奪った救世主への激情を宿していた-
との、コピーがあるこのゲーム、テイルズオブベルセリアがめっちゃおもしろい。
復讐の為の激情。やっぱこれは感情移入してしまうし、霊的な聖隷と業魔とか、
前作の同じ世界観が特にこれはうれしい。

とはいえ、ゲームにのめりこむ集中力が年々衰えているので、まだ中盤ぐらいまでしか進めていない。
攻略サイトを見ずに、ネタばれを避けながら、マイペースで進める。最&高。
だんだん面白くなってきて、やっぱテイルズっていいよねってなっている。

私はペルソナは2でもうだめだなって挫折したので、ペルソナ5は完全スルーで、
ポケモンとファイナルファンタジーに備えるだけ。期待しかないが、ファイナルは延期でも仕方ない。
ペルソナは早い段階で値崩れするか、高止まりか微妙。安ければ考える。
他者の評価ではなく、好きなゲームを好きに買うのが私流。値崩れしても悔しくない。

c0008771_19122259.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-13 19:25 | 日常の出来事
見つからないしまったく気にしてない。
やりたいの その一言が いえなくて
どうすれば いいかわからず
立ったまま ひとり 泣き濡れていた

やらせての その一言が 壊れたら
いてもたっても いられずに
心めぐり 無力 かみしめている


私の意志で決めてやったことは、大体うまくいかない。
自分で為そうとすれば、うまくいかないのだ。
依頼を果たそうとしたり、意を汲んで助けたい補助したい、
薦められたことをがんばらなきゃ、と思うときばかりうまくいく。
たぶん、持って生まれたのが、主導の才ではなくサポートの才だったのだろう。
あるもの活かすよりほかなし。
何でこんなに癖があって失敗が多いのだろう、と他人をうらやむことが多かったが、
がんばっていると助けてもらう量がとても増えてきて、うらやむ以上のものになって久しい。
目的や目標、満足ができる人生なのか、妬むのか、怒るのか、幸せがあるのか、
いまだにぜんぜんなんにもわからない。
ひとつでも、起こってくることに善処して前へ進むだけ。
今あるありがたいものを大事に失わないように、願いながらありがたく生きたい。

なんか、夜更けに考えごとはやっぱり視野が狭まる。
明日読んで、なにこれって思うのかもしれない。な。
c0008771_01422745.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-09-10 02:03 | 日常の出来事
デフォルト。
育つということはめでたいということ。だけれど、自分本位だと妬ましくもあるのが私は悔しい。
ともあれ、今の歳になってしまえば、ゆっくりとこなすことだけをこなせば季節が変わる。
劇的な体験と時間がやはり得にくい。

話が少し変わるが、。
もし私が育てることに寄与することができるなら、精一杯努めたい。
例えば、疑問や質問思うことや向上したいこと目的の補助後押し、何でもかまわないが、
私にまっすぐに誠意を持って預けてもらったものは、利子をつけて大きくして返したい。

私は原点にはやはりわらしべ長者の考えがあって、よく応用する。
ほしがっているものを提供して大きくする。自分が得をする。
これなんだけれど、これを相手にも当てはめたい。
相手がなにか持っているものを私と交換して(貸して)、もっといいものを得てもらったら私はうれしい。
もちろん、私が持っていないものもあるだろうし、利子を大きくできないばかりか、
迷惑をして私が逆に借りてしまう、ということが心理的に起こってしまうこともありかねない。

ともかく、でも私はあんまり心配せず、よいと思うことを繰り返して、
私も周囲も世間もよいように育って生きたいと思います。

と、書いたがいまいち成長のスピードが速すぎたりすると、
私自身が怖くなってしまって、負けそうになるので、退化を踏ん張って努力はやめないようにって、
若いころからの反応の癖で、焦ってしまうけれど、与えられた状況から考えると、
負けず嫌いを社会的に変化させて、自分の立場として経験分相応の心理的発散の変化のステージかもしれない。
ともかく、同じ舞台でというようりも、老練、反応を鈍く性格に、舞台上を準備して見渡すといった、
心理的スキルを鍛錬することが、求められているのかもしれない。

でも、なかなか病気や挫折をしないと、反応とかの性格はなかなか努力で改善しにくいので大変かも。
というか、ちょっと今の季節考えすぎなのかもね。

まあなるようになる、しかないのだけれど、、。と。

c0008771_22584689.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-28 23:13 | 日常の出来事
漠然とした貯金の否定。
私は貯金が好きだったけれど、嫌いになった。
20代は無職期間が長く、30歳の時点でも月収11万円でボーナスなし、
生活費交通費込みで経費2万5000~3万5000円で生活して120万円くらい貯めたら、
非正規で安定しないので、かわいがってくれた上司がいなくなったとたん、
契約を続けてもらえなくて、約1年間ほかのところの試験も落ちてばっかりで、
貯金が100万円減った。無職なんて時間があっても、仕事がないと精神が追われたように、
不安定で毎日楽しくなくていやな日々が延々つづく。毎日まったく楽しくなくて不安だけある。
休暇なんてものとぜんぜん違う。ゆっくりできていいなあとか、
お金があって仕事して仕事に困らない人は、説明してもそこの感覚がぜんぜんわからなかった。
別に節約しても貯金なんて1年で100万は減る。時間もあるしなおさら。
貯金のための苦労は長くてしんどいが、外部要因で一瞬にしてなくなる。
私の生活ラインは、努力によって保たれるのではなく、
上司の人事と給与の考え方に左右される。気まぐれで責任取らない上司が人事を握っていると、
努力しようがしまいが人の意思で、苦労して貯めた貯金なんて残ったり無くなったりする。

やっぱり、人並みのことをするにはお金を使わないと、勉強にもならないし、
頭にも入らないし、元を取るという気持ちにもならない。
必要になったときのために、貯金するのも大事だけれど、
だんだん年をとったらできないことがたくさんある。
若いうちに使ったらいいお金もあると、私は思うし、
漠然とした形の見えない理想のために、お金を貯めるなんて余裕あるわけないだろ。
スタバのコーヒーを高いしもったいないと思わず、安心して飲める日もくる気配がないのが今なんだぜ。
もう、無職になったことという経験で逆に今、貯金が嫌いになった、という面白くないはなしで、
と、愚痴を言いたくなった。おしまい。
c0008771_22565381.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-21 23:16 | 日常の出来事
クーラー(い)汗。
最近朝起きたときに胸前に多量の汗をかいていることが多い。
ホテルのように最近はクーラーをちゃんとつけているし、室温が原因じゃなく、
たぶん食いしばってるのか、苦しい夢見てるのかよくわからないけど、
汗が結構感じられるのだ。それが、まったく夢見てる感じがしないのが不思議。

ともかく、私はとりとめもなく、しっかりしてもなく、起き上がりこぼしのようで、
丁寧にする正直にする、とかしか、貢献できることも成果を考えれば方法は少ない。
得意不得意ハンデがあって成果が足りないときには、誠実実直丁寧しか成果を増やしにくい。
通常よりも実直誠実丁寧を多く感じるのはあんまり機会もないし、比べたくはないけれど、
明らかに、ずるをしている、卑怯を通している人には負けたくない。

もう、オリンピックは終わってしまう。
あんまりその後のパラリンピックを見る機会はないが、
NHKの特集でやってた、カヌーの瀬立選手の番組を思い出すと、だだ泣きになったし、
そういう努力している人が山ほどいると感じるし、誠実の力を私もどこかでもらうような気もする。

なんか、とっちらかって主観丸出しの文章だけれど、
明日もいい日になりますように。



c0008771_23052068.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-19 23:28 | 日常の出来事
私では大きな力に勝てないが。
やっぱりちょっとだけ愚痴を書いておこう。
スポーツ選手に税金をかけすぎ使うなとか、へらへらして不快とかそういう議論がいやだ。

私が出した税金の使われ方がそこまで納得できないのが今の世の中なのかな。
SMAPはファンの出したお金で成り立ってるから、ファンが解散やめてと言えば続けるのか。
(そこまでファンって強いの?)
セブンイレブンの株式を持ってたら、セブンイレブンのコンビニの店員のファッションを強制言う権利があるのか。
(お金出してたら権利は当然なの?)
税金は国民のために使われるから、多少の名誉毀損は自分たちの権利なの。
株式会社で働いている社員は、常に会社と株主の利益のために一心に働いているのか。
(誰のためにってそこまで重要?)
あんたの同僚は仕事できないのに給料貰いすぎだから、よく似た仕事のおまえも給料を下げろといわれても普通なのか。
(裁くのは上司や管理者じゃないの?)
実社会で自分が周りに気を使って自由に発言できないから、ほかの人も発言に自由を抑制すべきなのか。
(嫉妬?発散?)

国民のためにスポーツをするのでもなく、個人の栄光のためにスポーツするでもなく、
世間の見てる人の光のためにスポーツをするのでなく、というか、むしろそのみんながよくなるためにある。
わたしのため、国民のため、世間の規範のため、のどの方向もすべてよろしく、
三方向が良い、すべてが良くならないと、そんなん代表のスポーツ選手になれっこない。
なのに、他人が見ると、選手個人のことしか考えてないとか、国のための意識がない、とか、
薬を使ってずるして社会に悪影響、とか、どれか一つかけてるみんなかけてる、
って見えてしまうのか、って考えると悲しい。三方向すべて良い選手でなけりゃ、
オリンピックなんて出られないじゃないか。ちゃんと審査されてでてきてるのに。

私は性善説過ぎるかもしれないが、それに論も薄いけれど、
愚痴として、ちょっと書いて残しておこう。
たぶん後から読むと、血が上った文章になっていろだろう。
私の言葉の発想が、力に力をになってるから、部分的に道理が通らないかも。当然か。



c0008771_23464210.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-19 00:27 | 日常の出来事
咲いた花。
今日、株を分けてもらったとてもいいお花の月下美人の花が咲いたよう。
とてもきれいだし、においもいいにおいがする。

ちょっといらっとした気持ちも、自然の香りを感じると、
ほっとした感じになる。もう少し夜が更けてからひとめ見て
ゆっくり眠るとする。おやすみ。。
c0008771_23184234.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-18 23:23 | 日常の出来事
渇いたのどの歌。
私の尊敬するミュージシャンの人がCUBASEのIPAD版のCUBASISも案外使える、
と紹介する記事を見て、ちょうどセールで少し安くなっていたので買った。

今まで、ガレージバンドで問題ないくらいだったけれど、
CUBASISにしてからやっと一曲目をメロディと歌詞と歌入れができた。
順番としては、この後リズムとベースと和音(?)を入れていけば完成のはずだけど、
メロディがいまいち格好良くない。そもそも、音楽を勉強してないので当たり前なのだが、
通して聞いてみてもいまいち。まあでも夏の作品として仕上げよう。。

マイクもダイナミックマイクを以前買っていたのでIPADで使えるかと思ったが、
マイクのXRLケーブルがフォンケーブルのしか持ってなくて、
XRLケーブルの両面のやつを買わないとだめみたいで断念。

リズムを先作ったりすると、心臓の鼓動に合わせて、どきどきするのは
テンポを140くらいにして、とか堂々と伝えたいのはテンポを落とすようにしたい、
と思っても、肝心の歌にして伝えたい気持ちのある出来事がもやっとしてわからない。

やっぱ、理解と努力と表現と自分自身の感動ととかもういろいろ足りない。
なんか結構真剣に1時間くらい集中して家の中で歌って録音したけれど、
やった頑張った感のわりに、出来上がりが不細工。
不細工がわかっていても、まだ仕上げの工程が残っている。
できの悪い可愛い息子で日の目を見ることはないかもしれない、と、ふとヒルコ神を思う。

でも、ヒルコの神ありてのイザナギイザナミであるように、
私はヒルコ神は間違っていたからなかったことにして、三神以下産まれてではなく、
ヒルコ神ありて後、受け止める器量ありたがゆえ、三神以下産まれたのでは、
という派を、かなり若いときから考えていた。

まあそもそも、私は学者じゃないので間違っていることは多いと思う。(神様のことはわからない)
ともあれ、また次は楽しく曲が作れたらいいなあ、と思ってCUBASISに思います。

というか、1~2時間真剣にメロディを作ったくらいで真剣って言うのも、
真剣にミュージックやってる人には、とてもとても失礼なのかも知れない。すみません。

c0008771_22231919.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-16 22:49 | 日常の出来事
京都2日目。
2日目は勝牛という牛カツの店でお昼ご飯をすることに。
なんかねえ、これは確かにおいしい。
薄めのソースも塩コショウもわさび醤油もカレー風味も
カツのさくさくも肉のレアな感じも、そのくせ脂っぽさをあまり感じない。

せっかくポケモン漁りの運動の合間に食べたらたっぷり食べてしまった。
今日は一時間ほど夕立で、寺町京極のアーケード水浸しで雨の勢いがすごかった。
帰ろうとしたけれど、雨がやむまで1時間くらい余計に歩き回ることになったが楽しかった。

今日は女子マラソンも始まっていたので結局最後まで見てしまった。
解説の増田さんがマラソンが好きはもちろんその上人間が好きという事実が心に残った。

変に泣かせようとしたり持ち上げたり、褒めたり贔屓したり、追い風で人を評価するより、
ピンチでもみんなが応援しやすい分だけ堅実にニュートラルに背中を祈るように届ける。
マラソンは確かに悪い想像ではなく良い想像をして走る。くじけそうでも搾り出す。

目立つ、使える、便利、楽、とかそういうのばっかり使いがちな他人よりも自分を優先して、
人を指示するひとでも、今の話いい話やで結局終わって私と同じになるのも憎いのかな。
女子を顔で贔屓すると子供に言われる先生でも、こういうのを題材にいい話できるのだろうけれど、
人間好きじゃないから心に響かない、とかなるのだろうな。ならないか。ちと違うか。

って、なんかえらそうな話になった。
c0008771_00335841.jpg

[PR]
# by premiertack | 2016-08-15 00:52 | 日常の出来事