2013年 01月 12日 ( 2 )
一粒の涙。
c0008771_237598.jpg寝転びポテチ どうなったらば はげずにFIGHIT
40歳がひとつ近くなった ぐずぐず こと 私です。
毛根の奴隷で振り回される僕に女王様髪を下さい。
といったことを考えてみたり、はたまた心が少し、
風に揺られてひらひら、私の涙。自然な巻き髪。
なぜだかはじめから、わかっていたけれど、髪
(自分の自信)を失ったロケーション。私一人でも。
[PR]
by premiertack | 2013-01-12 23:44 | 日常の出来事
私の珈琲を。
c0008771_292764.jpg火中の栗を拾うように、凛と戦うあなたのケーキは、雄大な白くそびえるモンブラン。
どこを切ってもいー味広がる、互い知りての助け合いには、楽しげに観音様にも母の顔。
あなたこのみのケーキに合わせ、皆で淹れたるその飲み物には、様々な未来支えた苦楽の味あり。
私は私の入れた珈琲を飲むにも、力足りない自分だけれど、皆の茶会の笑顔に頑張る力を頂こう。
[PR]
by premiertack | 2013-01-12 03:21 | 日常の出来事