感謝と平和。
世の中を平和にするのは感謝の心。

宗教的な響きだけどそう思う。
腹が立ったとき、相手に感謝の気持ちがあれば怒りの気持ちは起こらない。
だけど、腹が立って相手に感謝する要素がなければ私だって怒って恨む。

大事にするものは人それぞれ違うし、妬みの要素もある。
私が気にして気をつけていることを、ぞんざいに扱って、
気に留めず恵まれたまま自分が正しいと自覚しない相手には、
ありがたい現状を感謝してほしいと願うし、
それが一度ではなく何度も続いて得意顔だと許せなくなってしまう。

逆に、私がもう怒ってしまっている場合、相手に何を求めるかは謝罪ではなく、
それでも大丈夫だったということに感謝してほしい、ということ。

そして、私が相手を怒らせてしまった場合、
感謝してもらえることをして、怒りの要素を収めてもらうために、
ありがとうといわれることを私がひとつでも多くするしかないと思うこと。
まあでも、何が心に響くかわからないので、善行を心がけるということしかない。
でも、多々かみ合わないからそうなってしまうことだから、
善行というもの自体が価値を見直さなければいけないところからはじめるのかもしれない。

と、ちょっと平和になるためのことを考えてみた。
ちょっと、頭がとっ散らかってるかもしれない。
まあ、私だけの考えだし、正しいと思って書いてません。私がそう思うということで書いてます。

[PR]
by premiertack | 2017-03-18 00:00 | 思う事
<< 今日のぽからさん。 酔う。 >>