「ほっ」と。キャンペーン
ふりかえり。
年末になり時間ができて、むらっともやっとするなあと思っていると、
動悸が不安定というか、動悸に違和感が出たまま収まらず、調子があんまりよくない。
外に出たほうがましだけれど、季節的なものか体力か心理面なのか原因がよくわからない。

***

今日はポジティブを考えていた。

私は世の中に対してポジティブを生産して、無知ではなく知で世を照らす、
ということを仕事をする上で何よりも大切にすると、考えてやってきた。(大仰か)

その過程で、私が自由で常識がないとか、そういう目で見られることも多々あった。
だけれど、私は好きで自由を垂れ流しているのではない。
自分や相手にポジティブを与える機会があると、成果があれば、
私だってこんなに恵まれてないのに、恵まれている部分のある人にここまでとか、
その分嫉妬や恨みや嫌悪感が多少生まれる。

でも、仕事として常にポジティブを生むには、いつまでも留まらず、
派生したネガティブは抱えずに早く捨てて、次のポジティブの準備をしないといけない。
ネガティブを忘れるには、手っ取り早く自分が自分の自由の範囲内で自分に許すことをする。

自由に関しては、早く忘れるための副産物だから、
ポジティブを生産する仕事をしなくなれば、たぶんこんな発散や処理をすることもない。
私なりに考えて、他人に対して攻撃的なネガティブな発散をしないための代替物だ。

立ち止まって考えると、私にはうらやましがられる要素は表面的には多いが、
実利のあるものは少ないことが多い。私がうらやんでいることばかりなはずなのに、
自分のことで精一杯なのは、結果まわりがあまり見えにくくなる。
要するに、社会はみんな精一杯がんばっている、ということなのかも知れないが、
なんとまあ、どうにかええことがもっと起こってくれんもんだろうか、っておもってしまうな。

ちょっと書くだけが長くなった。
c0008771_21185511.jpg


[PR]
by premiertack | 2016-12-30 21:25 | 日常の出来事 | Comments(0)
<< 染まらないわたし。 よかったのに。 >>