仮。
知らないということは、知れるということがセットである。
いつものけ者とかはずされたりした、知らされないで、
信用してもらえなかった思い出ばかりだけれど、

知らないというのは、知れるというのと、知った瞬間に対処する機会がある、
ということが面白いところで、あらかじめ用意してある、
いろいろと可能性を考える、それ以外のところにある知、
に関して、心というものは動かされることが多いと思う。

知識を詰め込む、は、機会知る機会に関して感謝感動を薄めてしまう。
いいな、と思ったときに勉強するのが一番知ることが楽しい。

いいな、楽しいな、知りたいな、は大事にしなければならない。
けれど、大事じゃないときには、知りたくない。

10/5 pm7:37 
c0008771_19474795.jpg
c0008771_19555955.jpg

c0008771_19571843.jpg



[PR]
by premiertack | 2016-10-03 20:28 | 日常の出来事
<< 僕はなぜ悩むのか。 苦瑠璃。 >>