見つからないしまったく気にしてない。
やりたいの その一言が いえなくて
どうすれば いいかわからず
立ったまま ひとり 泣き濡れていた

やらせての その一言が 壊れたら
いてもたっても いられずに
心めぐり 無力 かみしめている


私の意志で決めてやったことは、大体うまくいかない。
自分で為そうとすれば、うまくいかないのだ。
依頼を果たそうとしたり、意を汲んで助けたい補助したい、
薦められたことをがんばらなきゃ、と思うときばかりうまくいく。
たぶん、持って生まれたのが、主導の才ではなくサポートの才だったのだろう。
あるもの活かすよりほかなし。
何でこんなに癖があって失敗が多いのだろう、と他人をうらやむことが多かったが、
がんばっていると助けてもらう量がとても増えてきて、うらやむ以上のものになって久しい。
目的や目標、満足ができる人生なのか、妬むのか、怒るのか、幸せがあるのか、
いまだにぜんぜんなんにもわからない。
ひとつでも、起こってくることに善処して前へ進むだけ。
今あるありがたいものを大事に失わないように、願いながらありがたく生きたい。

なんか、夜更けに考えごとはやっぱり視野が狭まる。
明日読んで、なにこれって思うのかもしれない。な。
c0008771_01422745.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-09-10 02:03 | 日常の出来事
<< 消えない傷を!刻んで果てろ!ウ... デフォルト。 >>