「ほっ」と。キャンペーン
漠然とした貯金の否定。
私は貯金が好きだったけれど、嫌いになった。
20代は無職期間が長く、30歳の時点でも月収11万円でボーナスなし、
生活費交通費込みで経費2万5000~3万5000円で生活して120万円くらい貯めたら、
非正規で安定しないので、かわいがってくれた上司がいなくなったとたん、
契約を続けてもらえなくて、約1年間ほかのところの試験も落ちてばっかりで、
貯金が100万円減った。無職なんて時間があっても、仕事がないと精神が追われたように、
不安定で毎日楽しくなくていやな日々が延々つづく。毎日まったく楽しくなくて不安だけある。
休暇なんてものとぜんぜん違う。ゆっくりできていいなあとか、
お金があって仕事して仕事に困らない人は、説明してもそこの感覚がぜんぜんわからなかった。
別に節約しても貯金なんて1年で100万は減る。時間もあるしなおさら。
貯金のための苦労は長くてしんどいが、外部要因で一瞬にしてなくなる。
私の生活ラインは、努力によって保たれるのではなく、
上司の人事と給与の考え方に左右される。気まぐれで責任取らない上司が人事を握っていると、
努力しようがしまいが人の意思で、苦労して貯めた貯金なんて残ったり無くなったりする。

やっぱり、人並みのことをするにはお金を使わないと、勉強にもならないし、
頭にも入らないし、元を取るという気持ちにもならない。
必要になったときのために、貯金するのも大事だけれど、
だんだん年をとったらできないことがたくさんある。
若いうちに使ったらいいお金もあると、私は思うし、
漠然とした形の見えない理想のために、お金を貯めるなんて余裕あるわけないだろ。
スタバのコーヒーを高いしもったいないと思わず、安心して飲める日もくる気配がないのが今なんだぜ。
もう、無職になったことという経験で逆に今、貯金が嫌いになった、という面白くないはなしで、
と、愚痴を言いたくなった。おしまい。
c0008771_22565381.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-21 23:16 | 日常の出来事
<< デフォルト。 クーラー(い)汗。 >>