京都2日目。
2日目は勝牛という牛カツの店でお昼ご飯をすることに。
なんかねえ、これは確かにおいしい。
薄めのソースも塩コショウもわさび醤油もカレー風味も
カツのさくさくも肉のレアな感じも、そのくせ脂っぽさをあまり感じない。

せっかくポケモン漁りの運動の合間に食べたらたっぷり食べてしまった。
今日は一時間ほど夕立で、寺町京極のアーケード水浸しで雨の勢いがすごかった。
帰ろうとしたけれど、雨がやむまで1時間くらい余計に歩き回ることになったが楽しかった。

今日は女子マラソンも始まっていたので結局最後まで見てしまった。
解説の増田さんがマラソンが好きはもちろんその上人間が好きという事実が心に残った。

変に泣かせようとしたり持ち上げたり、褒めたり贔屓したり、追い風で人を評価するより、
ピンチでもみんなが応援しやすい分だけ堅実にニュートラルに背中を祈るように届ける。
マラソンは確かに悪い想像ではなく良い想像をして走る。くじけそうでも搾り出す。

目立つ、使える、便利、楽、とかそういうのばっかり使いがちな他人よりも自分を優先して、
人を指示するひとでも、今の話いい話やで結局終わって私と同じになるのも憎いのかな。
女子を顔で贔屓すると子供に言われる先生でも、こういうのを題材にいい話できるのだろうけれど、
人間好きじゃないから心に響かない、とかなるのだろうな。ならないか。ちと違うか。

って、なんかえらそうな話になった。
c0008771_00335841.jpg

[PR]
by premiertack | 2016-08-15 00:52 | 日常の出来事
<< 渇いたのどの歌。 京都1日目。 >>