十年、十五年、二十年。
日々が過ぎる。
生まれてくる時代を恨むように、詰まってくると考える。

もう十年遅く生まれてきたら、全てにおいて時代に合わせやすかったろう。
欲を言えばもう十五年。インターネットがあればもっと心も開放できたろう。
それに二十年遅く生まれてたら、時代にぴったり合わせれたかもしれない。

ミスチル嫌いでドリカムが大の苦手で、尾崎豊を批判すればわかってないやつ扱い。
みんながいいと思うものにあわせて成り上がるあの時代は思い出したくもない。
いまでも時代にあわせる癖のある人を見ると見てられない。

あの時代人を育てる登用をしようとせず、新卒に即戦力を求めています。
即戦力にならない人材は要りません、と、どこの会社もいいやがった。
普通に学校で勉強するのに、なんで社会人の即戦力になるようになるねん。

使わなければ、戦力は育たんのにどうして使わずに縦横無尽に仕事ができるねん。
未経験で自信のあるやつなんて、中身空っぽ多かったじゃないか。
学校で学ばずに、社会人として即戦力だったら学校じゃなくて社会で学んでるじゃね。
面接で断言できる強さなんて、私には無理だった。

まあでもこんなんじゃ、十年遅くても二十年でも社会に適応できてないかもな。
こんな面白くなくて磨耗して金も生活も人も守れない生活どこまでつづくなんな。


[PR]
# by premiertack | 2017-12-09 00:27 | 日常の出来事
お礼参り。
あこがれていた作品というのは不思議なものでいつでもついてくる。
というような感覚になることもある。

わたしは「めぞん一刻」という作品がとても好きだったのだけれど、
これを読んでいると、当然五代くんになりきって、あー就職できなかったー。
とか、自己投影するのだけれど、不思議なものでこれが変わってきた。
なんか、最近自分って、響子さんになってる??? と思うようになってきた。

最近私は週末になると、決まって墓参りに出かける。
幸い墓場は近所にあり、もう通じないのだけれど、
元気でやっています、と墓前に報告に行く。
初代の雪さんと、初代の香りさんが奇しくも同じ墓場に葬られておられるので、
安いお線香のようなものをたまにお供えしたつもりで、お参りして帰る。

あー、いつの間にか私は管理人さんになっている、
と思いながら、つつましくまじめに詫びながら過ごしている自分を、
ついつい「めぞん一刻」に投影してしまうのでした。

みなさんも、好きな作品をもう一度読み返してみると、
違う自分になれるかもしれませんよ。

c0008771_23033246.jpg


[PR]
# by premiertack | 2017-11-27 23:29 | 日常の出来事
ゆらゆらと花。
道の端に 小さく咲いた 花
その花の 元気さに 力をもらった朝

過ぎた日の 思い出にある 花
その花の 嬉しさに もう一度振り返る道

人と人とが 話し合う その中にただ 花があってほしい
人の心を 感じられる その過敏さに おびえながら
根を張り 一回り大きくなる その可憐さに
花がある意味を 強く君に感じる

ゆーら ゆぅーら ともにいのり
ゆーら ゆぅーら 風に揺れて
ゆーら ゆぅーら 漂いながら
ゆーら ゆぅーら はなになりたい

(気分により詩を作りました。お花のイメージを借りて作りました。おそまつ。)

[PR]
# by premiertack | 2017-11-27 22:39 | 日常の出来事
オマエの 周りの すべての者たち 例えば隣人、同僚 さらには 恋人、家族までもが オマエを 監視してる。
歌姫。強烈にほしくなって「初音ミク Project DIVA Future Tone DX」を買った。
初音ミク10周年ということで知ってるのも知らないのもたっぷりある。

私はあんまり器用でなく鈍くさいので音ゲーはあんまり上手じゃないし、
というところなのだけれど、細かなPVを何度も見直すのが楽しくて、
ついつい音ゲーにはまってしまって抜けられなくなってしまった。
プレイ記録を見ると、この週末で7時間ゲームしてるようでいい気分の発散。

楽しくてわくわくするのはいいのだけれど、この音ゲーをずっと続けてしまって、
やめ時がぜんぜん見つからず、いろいろと手につかなくなってしまってる。

いろいろと次にやることとかあったりするのに、ついつい留まってしまって、
ブラックロックシューターもう一度だけやっとく。とかなる。

もうこんなんでいいのだろうか。はああ。
c0008771_14071009.jpg
c0008771_14071207.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-11-26 14:26 | 日常の出来事
引く喧嘩と押す喧嘩。
相手が他の誰かのために怒ったりして喧嘩になったり対立していた場合、
大体の場合、私のほうにも悪いもしくは足りていないところがある。
そういうところは自分でもわかるところがあったりするので、
気にせずに忘れるように努めるが、発散は愚痴とかにしない。

だけれど、相手が自分の私利や私欲のために喧嘩を売ってきた場合は、
そのことは忘れない。だいたい私利私欲のためって見えるまで時間かかるし、
判明した時点で、私の尊厳をおまえのためになんで腹立てられんといかんのか、
と、なる。でもこの場合一対一だとまだそういうことも自分にもあると思うのだけれど、
アンフェアなうちばなやつは、多対一の自分の安心な状況で私利で喧嘩を売ってくる。

私は状況を見るのが長く、緊張してばっかりで、主張することが苦手で、
多人数相手のコミュニケーションが苦手で、ひとりで周囲にあわせようとするか
自分の世界に没頭するかしかしないと気持ちが落ち着かないんだけれど、
なかなかこうもおっさんになってくると言い訳なんかも通じなくなってくる。

結局何が言いたいかって言うと、人のことが言えないという状況は多々あるが、
他の人は結構助けてくれたときも、ずっと距離をとってるなあと思っていたら、
むかつく意思をどさくさにまぎれてこちらに向けられ、その後他の件でも迷惑し、
たぶんそれが本人まったく失礼をしたともこれっぽっちも思わず忘れてるだろう。

また書いてしまった。何度も書いてしまうのは、
肝心なところをまだ誰にも発散せずにいるから

中断




[PR]
# by premiertack | 2017-11-16 21:22 | 日常の出来事
だめな人がだめな人をいいと評価する狭くてくそな世の中。
フェアな精神を持っていないやつが、
フェアに見せるという技術だけで、
簡単にフェアプレーを受賞できるような、
アンフェアな世の中が、私が嫌いだ。
c0008771_23404456.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-11-10 23:44 | 日常の出来事
自分の力ではどうにもならない。
メインレースの予想が的中してびっくり。
今日はもう眠たいな。でもいつまで起きていることになるか。
どの馬が勝つとか私には操作できない。予想するだけ。
c0008771_23455044.png

[PR]
# by premiertack | 2017-11-05 00:00 | 日常の出来事
明日の福島メインみちのくステークスはユキノアイオロスとトシザキミを買おう。ひとりたび。
今日の競馬の整理に時間がかかっている。
まず、JBCクラシックでの勝ち馬サウンドトウルー。本当の音。
それにJBCスプリントの勝ち馬ニシケンモノノフ。武士の心の試験。3着ブルドックボス。
最後JBCレディスクラシック。勝ち馬ララベル。このララベルが当初意味不明。
だけれど、今日の京都のメインG3ファンタジーステークス。勝ち馬ベルーガ。
む。ララベルとベルーガは女馬だ。ベルが名前の共通で同じ。しかもファンタジー。
普通だとクリスマスのベルも考えられるが、お話のファンタジーだとすればディズニーの美女と野獣のベル。
なんだかややこしくて難しくなってきた。頭がパンク気味。

と、今日の分の解析はここまで。見繕いの、勘違いの可能性もあり、
また、明日あさっての結果次第で、展開が変わってくる。
もうどうになるかわからないが、未来を予測し今が一瞬で過ぎ結果は次の未来の参考。
私は馬鹿だから、発散がこういう風にしかできない。器用にそつなく表現できればしんどくないのにな。

[PR]
# by premiertack | 2017-11-04 01:17 | 日常の出来事
熱々のコーヒーのあと自分の息の香りがほっとなるとき安心が広がる。
久しぶりにスターバックスを飲む踏ん切りがついた。
前回飲んだのはたぶん2012年でその前は2009年3月12日に山形を覚えている。
結論から言うと、スターバックスのコーヒーはおいしい。
いつものコンビニのもおいしいけれど、ここのは口中いっぱいに、
苦いでだけでなく香ばしいとかさまざまな味が広がって水っぽさ湯っぽさが少ない。
しばらく来ない間に、本日のコーヒーはなくなってグランデより大きいのが出てる。
今日はクリスマス仕様らしい。
一番大きいのはロングドライブにちょうどいい。
欲望のまま買い物をどどっとしてしまった。また稼がなきゃ。とほほ。
c0008771_23431348.jpeg

[PR]
# by premiertack | 2017-11-03 23:52 | 日常の出来事
わたしはグーグルを愛します。
OK グーグル 四つん這いになって
OK グーグル ちゃんとにぎって
OK グーグル 奥までいれるよ
OK グーグル 我慢してたけどでちゃったごめんね
OK グーグル セーラー服に着替えて

という世界にだめだと思いながら流されてしまう。
空想している時間が一番楽しい。
きょうはだめだめ。

c0008771_01180870.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-11-03 01:24 | 日常の出来事
なぜ映し出すのか私たちはいつも忘れる。
縦の糸はあなた、横の糸はわたし
ともになにかを しようと動いては、
絡まりあうかもしれない

横の糸はあなた、縦の糸はわたし
動きを止めて、向きをみさだめ
ほぐしていかねばならない

手本を真似て書いてみたけど、
人はイマイチと呼びます

c0008771_22343572.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-11-01 22:50 | 日常の出来事
コロッケ食べたい。
コロッケくれないと黒いTシャツ着るぞ。(トリックオアトリート)
ということばかり。いいトリックが出てこない。

今の若い子は知らないだろうが、一説によると、
日本に根付かなかったハロウインが定着したのは、
家なき子の安達祐実さんの「同情するなら金をくれ!」
が、だいたいのトリックオアトリートの原点らしく、
だいたいがそのパターンから派生したものが現在に伝わっている。

「エリカが夜空に輝くお星様なら、あなたは味噌汁のだしに使われるただの煮干様」
などの表現も、このときに一緒にハロウインの風習として伝わったらしい。

と、いまいちだな。まあいいか。

c0008771_23341892.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-31 23:44 | 日常の出来事
薄紅葉鬼。
眠たいのにPCの前に座ってしまった。
寒くなってきて、ストーブを出したがまだ点けられない。
なにもないのにとりあえずPCの前に座っている。
もう眠らなきゃ。おやすみ。
c0008771_23131271.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-30 23:22 | 日常の出来事
せず。
週末本当に何もせず過ごした。
気分転換してだいぶんリセットされたような気がする。

ここ一週間、何か少し書いて発散しながら、
自分と起こりくることを処理しようとしたが、
なんだかしんどかった。

まあしんどさなんてなくなることはないだろうけれど、
進んで整え、進んで整えすれば、まだ少し体力があるよう。

あいつのために残して取っておいた力なのに、
というもののけ姫の犬の言葉が好き。
追い込まれて追い込まれて、最後の力が出す出さない。
まだまだ、こういう状態になんてならないけれど、
いつでも死ねる、っていうのは、
たぶん、この過程がわくわくからだな。

話しそれすぎた。早く眠らなきゃ。
c0008771_23321001.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-29 23:59 | 日常の出来事
未来が現在を通り過去になりまた明日へ。
胸がどきどきした久しぶりの白熱した天皇賞。
よくわからないまま、とりあえず的中してよかった。

これからいろいろと分析して次に生かさねば意味がない。
どういう風に私ががんばれるか、来週はいい天気であればいいな。


c0008771_16023822.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-29 16:18 | 日常の出来事
千年千歳の恨み。
ご飯を食べてゆっくりしてうだうだしていると一日がもうすんでいる。
頭が少し痛くて、体が重い。ときおり何にもしないがリズムになってくる。
誰とも話さなくて、考えることにせかされず、ひとりで自分の気持ちに向かう。
こういうフィードバックがないと自己肯定や、
見る自分見られる自分の立場の乖離が余計疲れる。
一日もったいない、と、これですっきり贅沢に使った、が混ざりながらまた進む。

と、夜の詰まった考えを残します。
c0008771_23211054.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-28 23:56 | 日常の出来事
別に本当の男爵でなくても、ジプシーの男爵であったら充分。それでいい。
今日は仕事終わりに、気晴らしに買い物に出かけてきた。
夕食は一風堂の赤ラーメン。替え玉もぽちゃぽちゃと投入し満足。
辛い味噌もおいしいし、焦げたにんにくもなんともいえない。

最近眠いことが多かったりするけれど、面白い。
楽しいとはちょっと違うけれど、わくわくする。

人生はかみそり。ちょっと失敗すると大きく切ってしまう。
かみそりを使って、きれいに清潔に整えると安心感がある。
何気なく、そして丁寧に、無意識に善処を目指し、
間違えれば手当てをして建て直しに努める。

大分体力は減っているけれど、生きている本番。
どこに落とし穴や見落としがあるかわからない。
だけど、落とし穴におびえる時間をもう何度過ごしたか考えると、
無意識の悪気ない失敗で世界を敵に回そうが、
動機が善処のものならば戻ってこれる。
あのしんどい思いの何分の一かですむならたいしたことでない。
苦労は身になっていたと考えて進む。

長くなった。やっぱ夜中に文章は偏る。一応おいておく投稿にする。
c0008771_23403236.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-28 00:15 | 日常の出来事
荒川さん。
今日は早く眠ろうと思っていたのだけれど、本を読んでたら止まらずにこんな時間。
「5度の臨死体験が教えてくれたこの世の法則」だけれど、これがすごい。
なんか怪しそうな雰囲気があるタイトルだけれど、書かれている内容は、
心のあり方、努力の仕方、身の修め方、起こってくることの考え方であって、
これがどう読んでも、自分の思っていることや、自分はこうありたいと言うことが書かれていた。

他人にお勧めしたいと言うのでここの記すのでなく、
読んで心がすっとしたことがとてもうれしかった。


c0008771_23102263.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-25 23:34 | 日常の出来事
ヘブンリーロマンスからもう12年か・・・。
もしもキセキが起こったら。
先週の競馬は大雨の中クリンチでしのいでキセキを起こして泥まみれ。

そのドロドロの流れからか今週の競馬が楽しみすぎる。

今年の天皇賞(秋)のテーマはたぶん恋愛みたいなものだろう。

ワンアンドオンリー・・・ もうあなた以外は考えられない
キタサンブラック ・・・ あなたの心は黒く染まっているずるい
ステファノス   ・・・ 君への思いは捨てて離す
リアルスティール ・・・ あなたの心をあの人から本当に盗んでやる
ネオリアリズム  ・・・ かなわぬ恋はあきらめて現実を見る
ヒットザターゲット・・・ とりあえずあの人に当たって砕けろ
レインボーライン ・・・ ラインIDゲットでレインボーな私
カデナ      ・・・ あなたの心に南京錠をかけよう
シャケトラ    ・・・ 広島鮭と阪神虎を破る勢いのDNAベイがんばれ

と、今年の恋愛の流行を馬が決めてくれると考えるととても楽しみ。
なにがかつのだろう。わくわく。

と、馬鹿丸出しの記事で今日はやり過ごそう。

(下の写真はメジロマックイン、左奥の小さいのがサクラバクシンオウ、
 ちょっと右がサンデーサイレンスだったように思うが定かではない。
 これ見に行ったときまだノーザンテースト存命だったなあ。バクシンオーの奥隣だった気が)

c0008771_20204549.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-24 20:38 | 日常の出来事
嵐の夜にはそばで眠りたいガラスの窓を強く叩く激しい雨風よあなたに。
私は台風が怖い。

台風が来ると思い出す。
宮崎県に住む高知さんという人が語っていた話。
「私は台風がやってきて、高波がやってくる、という言葉を聞くとそれだけでうれしくなる。」
私は絶句した。私は高波にすべて飲み込まれるのが怖いと思うから、、、。
そんな言葉を思い出しても気が気でなく、それどころではなく台風に恐怖を持っていた。
どんなタイプの台風が好きか、と言われても、台風自体が大不運。絶対不運だ。
台風はタイフーンであり、ハリケーンはいいことがあっても張り切れなく、
サイクロンにいたっては私は不細工論外と言われてすごしてきたのだ。
私にとってはすべて怖いものとしか言いようがない。

台風が来た。それだけで私はおびえた。
どうしよう高波がやってくる。私は高知さんのように強くない。
もうどうしようもなくなった私は高浪から逃げ出して、ここから見える岡のほうへ逃げ出した。
危ない、いい思い出も悪い思い出も全部包み込まれて飲み込まれてしまう。
私は必死で丘へ走り出す。森の村を抜けて門を通りやっと丘へとたどり着いた。
もう一安心。だが周りを見渡すとそこは自分のスキルでは足りない職人が住んでいるところで、
物忘れが激しく、気分屋の私はうまく役割を果たせない。

もういかなくちゃ。まだまにあうはず。
安住の地を探しに、私は病み世の中じゃなくて闇夜のなか抜け出すのであった。

つづく・・・
(注:この話はフィクションです)
c0008771_18335843.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-23 18:50 | 日常の出来事
ロバートオウエン環境決定論。
スポーツの楽しさをよく考える。

プロ野球やサッカーなど華やかな一流選手のすごい技というのは確かに楽しい。
だけれど、スポーツってすごい人のを見るのが一番楽しいのだろうか?
って考えたときに私が思うのは、同じくらい身近な人を応援するのが楽しい、と思う。

私は子供がいるわけでないが、子供がこの先できたりするのならそのこを応援するのが、
たぶんプロ野球より力が入ってのめりこむんじゃないかって考えたりもする。
家族でなくても仲のいい友達とか学校一緒とか先輩とかを応援するのがわくわくする。
なにも、一流のプロスポーツだけがスポーツの真骨頂というわけではない。

超一流じゃないからこそ(失礼だけど?)よくわかるスポーツというのもあると思う。
少し前サッカーJFL(J3くらい)の試合を見に行ったとき、
応援するチームはあるんだけれど、選手がまったくわからない。どんなプレーするのかも。
この試合を見たときに私はすごく楽しかった。理由は個性が予備知識がなくわからないので、
システムとしてどういう動きになっているかを注目できて、ある選手に期待する、
(~選手にボールを集めろとか、やっぱ~選手のシュートすげーとか)
とかでなく、全体の強みとか試合の流れの中で把握していくという過程がとても楽しかった。
それにJFLだからといって、へたくそでなく、私らがやるサッカーとは比べられないほど上手。

まあ確かにプロの華やかなのは情報もたくさんあって、洗練もされていてとても楽しい。
でも、スポーツを楽しむのはプロのものが前提というわけでない。
私がそれを見に行って、すごいとかかっこいいとかがんばれ、と思う要素があればそれで楽しめる。
実際スポーツでなくてもがんばれっていうのは楽しいのよ。
子供たち元気で大きくなれと応援したり、警察や消防の人がんばれでも、それ自体楽しいと私はファンなのよね。
文句や愚痴を言ったりするのが好きな人はそれがファンであって楽しいのだろう。

と長くなったけれど、政治とかも応援したくなるようによい世の中にしてほしいな。
読み返すと、あんまり思ってたことがかけてないけれど、今日はおしまい。

c0008771_20271527.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-22 20:42 | 日常の出来事
いいくにつくろうカムバックらバックホーム。
選挙に行ってきた。

生きていくのも主観的に大変。出遅れを引きずっていくのもしんどい。
私の性格上仕事の面接とかでアピールしたりするのが白々しくて結果適応できなかった。
今になって少しずつ主張できるようになってきたようだけれど、だいぶ遅い割りにそこそこ。

第一次安倍政権、福田、麻生政権時も私らの世代にはひとつも響くことがなく、
現在の安倍政権においても、非正規はやりがいが足りないから正規職員になれないとかいう始末。
自民党は外交や制度作りは成果が多数だったとしても、護送船団方式の、
強い力のグループのマジョリティに逆らわない、発想の転換をしないカチコチの大手志向だ。
民主党はひとりひとりの理念はよくて信念も見どころがあったと思うが(主観)
人を使ったり動かす術や経験をベテランの管、鳩山、小沢に頼りすぎて材を活かせなかった。
どうせ民主党を解体せねば第一党になれなかったをいう視点から、希望との合流は大胆でわくわくした。
立憲民主党はかっこいいけれど、比例の上位に海江田、管を挙げているところが嫌だ。

改憲勢力が多数を占めて、国会を通ったとしても、現状国民投票で通るための案、
を仕上げることができるのか私は興味がある。
安倍政権が雇用や育児教育で成果を挙げた後、改憲させてくださいというなら世論も後押しするだろうが、
私の生活が良くなりようがないのに、改憲させてくれというのも私は嫌だ。
ミサイルの危機があるなら、現状憲法下でも、
犯罪者になっても私の責任でつかまってもいいから、違反をしても防衛をしろという判断もある。
攻撃された日にゃ確実に憲法は改正される。

あとは教育についても、奨学金を返せない収入がとかで無償化しても、
無償化教育を受けて、就職できなかったら自己責任になる。
お金がなかったらフォーマルが身につかなくて結局就職時で差が出る。
それなら、多少お金がかかっても、就職する時点で適正を活かした、
食いはぐれのない、働き方の制度や補助をしたほうがいい。と、就職に失敗した私の主観では思う。

女性議員の問題に関しても1/4を女性議員にとかいう制度にしても、
現状男社会で男のやり方で女でありながら対応してすごい努力をしたような人しかなれていない。
男社会に適応する女の人は方法論が男性的なのに、感情が上乗せされるので気分が素直に出る。
男性議員なら政策立案能力のある官僚とか秘書とかは最適なんだろうけれど、
女性議員は経営者のような判断力のある人や、高学歴で専業主婦をしているような、
でしゃばらなくて賢い、立案能力よりも審議能力のある控えめな人が出てくればいいと思うが、
女性の経営者や女性の主婦的な取りまとめ能力のあるでしゃばらない人が政治家になると思えない。
男性社会でも私がやりますできますとでしゃばりながらアピールして立候補する女性よりも、
しっかりした人材を掘り起こしてくれば女性の才能のある人を引っ張ってくれば人材はたくさんあると思う。

長くなった。あんまり思ったように書けなかったが選挙に行って思ったことを今日は残しておきます。
c0008771_12585820.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-22 13:30 | 日常の出来事
なりたい。
もっと人前で固まらず、自然に心を開放して自信がもてる、
あんまり個性的でない無難な表現を少し身に着けておくべきだった。
自分で思うようなかっこつけるのは苦手なくせに強がって固まる。
人の意思が多い場所に行くと、心が振り回されるのも戻すのに時間がかかる。


[PR]
# by premiertack | 2017-10-22 10:17 | 日常の出来事
嘘が嫌いという嘘。
自分らしく正直にうそは嫌い。という表現が私は嫌いだ。

たとえば痴漢。
触りたいという気持ちに正直で嘘がない、と、
捕まって犯罪者になりたくないという気持ちに正直。
どっちも正直であり嘘がない。結果は正反対。
たとえ判断が一瞬でも選ぶのは自分。

要するに、どの視点からの正直かなんていくつでも生むことができ、
正直なんて無限に生まれて、うそも無限に生まれる。

だったら正しいも間違っているも意味がない。後付だ。

嫌われたくない、のに嫌われていたとすれば、
嫌われたくないという気持ちに向き合っていないだけ。
正直も嘘も関係ない。優先順位のつけまちがい。

正直かどうか自分に問いながら進むなんて重いことをいつも考えても、
無意識による行動の成果がいちばん自分の気持ちに正直で嘘だ。
ごちゃごちゃ考えるのはもったいない。無意識を善にすれば考える必要はないことばかり。
意識のある欲を、他者に迷惑がかからない形にすればひとつも問題がない。

うそが嫌いなんてただの自己顕示欲だ。意識の後付のカッコつけの極み。

(今日の文章は主観が多いです。)
c0008771_19493678.jpg

[PR]
# by premiertack | 2017-10-20 20:00 | 日常の出来事
少し。
泣きたい。疎外感、寂しさ。立ち止まると少し泣きたい。
うらやむ事がなければ、たぶんさびしくないのだろうけれど。


[PR]
# by premiertack | 2017-10-15 21:01 | 日常の出来事
いつもありがとう。
いつもありがとうで毎日がすすむ。たまに戻るけど。
c0008771_20075987.jpg
(最近のお気に入りの甲子園の写真です。。)

[PR]
# by premiertack | 2017-10-09 20:08 | 日常の出来事
未来。
ぼくは君に未来を贈ることができない。
なぜなら君が未来だから・・。

[PR]
# by premiertack | 2017-10-09 13:28 | 日常の出来事
人。
人は限りないものを知ることはできない。
[PR]
# by premiertack | 2017-10-09 07:06 | 日常の出来事
うまれかわる前に。
もし来世は不自由ない世界に生まれかわれるなら

その前に、おしくらまんじゅうでやわらかく強くつつまれて

徳を使い果たしてから生まれかわりたい



[PR]
# by premiertack | 2017-10-01 08:23 | 日常の出来事
旅に出たい。
どこか遠くへ行きたい。

南がいい。

バヌアツ共和国くらいがいい。

バヌアツのエロマンガ島に行きたい。

エロマンガ島に行きたい。

思う存分エロマンガ島に浸りたい。

帰ってこれるかな。

[PR]
# by premiertack | 2017-09-28 19:12 | 日常の出来事